お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

記者たち 衝撃と畏怖の真実

G
  • 吹替
  • 字幕

大量破壊兵器は存在するのか? 仕組まれたイラク戦争、その疑惑の真相を追い続けた記者たちの驚くべき実話!

2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由に、イラク侵攻に踏み切ろうとしていた。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ジョン・ウォルコットは部下のジョナサン・ランデー、ウォーレン・ストロベル、そして元従軍記者でジャーナリストのジョー・ギャロウェイに取材を指示、しかし破壊兵器の証拠は見つからず、やがて政府の捏造、情報操作であることを突き止めた。真実を伝えるために批判記事を世に送り出していく4人だが、NYタイムズ、ワシントン・ポストなど大手新聞社は政府の方針を追認、ナイト・リッダーはかつてないほど愛国心が高まった世間の潮流の中で孤立していく。それでも記者たちは大儀なき戦争を止めようと、米兵、イラク市民、家族や恋人の命を危険にさらす政府の嘘を暴こうと奮闘する・・・。

詳細情報

原題
Shock and Awe
関連情報
製作 マシュー・ジョージ:ロブ・ライナー,ミシェル・ライナー,エリザベス・A・ベル,製作総指揮 マーティン・シェイファー:ウェイン・マーク・ゴッドフリー,ロバート・ジョーンズ,アラステア・バーリンガム,トニー・パーカー,クリストファー・H・ワーナー,撮影 バリー・マーコウィッツ:美術 クリストファー・R・デムーリ:衣装 ダン・ムーア:編集 ボブ・ジョイス:音楽 ジェフ・ビール:字幕監修 池上彰
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-10-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

記者たち 衝撃と畏怖の真実の評価・レビュー

3.7
観た人
4097
観たい人
4902
  • −−

    YTさん2021/06/24 18:15

    911テロとイラクは関係ないし対テロムードだったから根拠のない戦争を起こしてたって話しであってる?

    イラン・イラクとかアフガニスタン・パキスタンとかそこら周辺の中東情勢を全く知らないので調べてみようと思った。

  • 4.2

    ojiさん2021/06/24 11:36

    『スポットライト〜』以降の衝撃と、記者たちの正しい報道との向き合い方、メディアの恐ろしさ、民主主義とは?、考えさせられるなぁ。

    数字の問いから始まって、数字の問いで終わる構成。見つかった大量兵器の数はグサッとくるね
    ウディ・ハレルソンが好きになるね

    ミラもいい役所だった。ベトナム戦争並みに反戦運動を意識したなぁ。

  • 3.5

    AoyamaShunsukeさん2021/06/21 10:29

    これからやろうとしていることが間違ってるか正しいことなのかは「過去」になってみないと分からない、けど…
    ジャーナリズムには事実だけを伝えてもらって本来の体制の監視としての役割を思い出してもらいたい

    にしても事実無根のイチャモンつけて戦争起こしたなんてとんでもない犯罪行為だな

  • 3.4

    無知Aさん2021/06/20 15:34

    上層部の指示が兵士など、様々な人々の命運を左右させていくという点は勿論、メディアによる情報の取捨選択も大きな影響力を持つものだと、本作は語っている。

    日本でもそうだが、情報を政治家が話すそのままの形で、手にいれるという事は大変難しい。殆どの場合、誰かの私情が絡み、情報が変化した状態で発信される。このレビューというものも然り。さて、これが結果として、なにか大きな事件や厄災に繋がった時、責任の所在はどこにあるのだろうか。指示した者、煽った者、行使した者、それぞれの姿がよく映された作品だったと思う。

    ところで、なぜ戦争を?

  • 4.1

    oliveさん2021/06/17 16:03

    歴史から多くを学習しているはずなのに戦争、紛争、止める手立てはないのだろうか?
    理想論だとか平和ボケとか言われてしまうんだろうなぁ。
    愛国心を持てという人がいる。自分の祖国を愛することを否定しない、けれどひとたびその言葉を利用する人の手にかかれば否と言いたい。国が国民を愛してくれているか?があってこそ。第二次世界大戦で多くの愛国少年達を帰る燃料の無い飛行機に乗せて敵に突っ込め、名誉の死を遂げろと、国は前途ある若者達を死なせた、愛国の言葉で彼らの命を奪ったのは敵国では無かった。どの国の戦争も「政府の失敗は兵士があがなう」
    先に決定を下しそれに沿った情報を集める、
    愚かな戦争を正当化する事に加担するマスコミ。実態のない「大量破壊兵器」で国民を不安にさせ愛国心を煽る。大手新聞社は中央と太いパイプを持っていることをかさに来てどこか特権意識を持つ。日本における記者クラブも同様、自分達こそがと権力を持つ、権力を監視し批判することが本来の仕事のはずなのに。
    しかし、一方でニューヨーク・タイムズが謝罪するとか、実際の映像を使い何が真実かを知れば過ちを避けられる、報道が正しいかを疑うことをしよう、とこんな映画を作れることが凄いと感じる。
    読者に誠意を貫いたジョンウォルコット氏の信念と勇気を讃えたい。
    天変地異や9.11の様な想像もしていないような事が実際におこったら、そんな時こそ冷静に冷静にと自分を律しなければと思う。

  • 3.8

    Yuyaさん2021/06/15 18:48

    【REVIEW】
    ▷『数の社会』
    ・報道やメディアのあり方を考えさせられる。強引に始められたイラク戦争について、政府や世論に左右されず、唯一真実を追い求めたリッダー社の記者たち。
    結果的に、大量破壊兵器はなく多大な犠牲と戦費がかさみ数年後に真実が認められて…民主主義の悪い側面を実話を通して描いてあり、事実を国民に伝えるジャーナリズムの在るべき姿を考えさせられる。

    ---
    【DATE】
    1回目: 2021/06/10(PrimeVideo)

  • 3.7

    ベイビーさん2021/06/13 23:20

    残念ながら民主主義とは真実がまかり通る社会とは違うようです。数がまかり通る社会です。

    "数の話から始めよう"

    と、この物語は始まります。まずは140万という数字。それはアメリカで軍務についている人の数。次に555。これは9.11に攻撃を受けてから他国を攻撃するまでの日数…

    数字は非人為的でそれ故に真実でもあります。

    にも関わらず人為的に数字は操作され、都合のいいように真実は脚色されてしまいます。

    今でこそイラクに大量破壊兵器はなかったことは周知の事実ですが、当時のアメリカ政府がいかに強引ともとれる方法で戦争に踏み切ったか、いかにテロを受けたアメリカが冷静さを失っていたのか、本作の中で克明に描かれていました。

    多くのメディアとは違い、政府や世論や売り上げを気にせず唯一真実を追求し続けたナイト・リッダー社の記者たち。残念ながら民主主義とは真実がまかり通る社会とは違い、数がまかり通る社会。それ故に総発狂時代とも言える当時のアメリカでは彼らの声は小さく、真実は消えようとしています…

    ーーーーーーーーーー

    良くも悪くもテンポの良い作品。内容が内容だけにもう少し詳しく噛み砕いて欲しかった部分もありましたが、これだけ情報量の多い内容を91分でまとめられたのは素晴らしいと思います。

    今作の演出をされたロブ・ライナー監督。監督としての手腕もお見事でしたが、俳優としてもとても切れ者で信頼の厚いボス役も見事に演じられていました。あんな上司ならバリバリ仕事もできちゃいますよね。

  • 3.8

    issy0510さん2021/06/13 18:48

    是非観て頂きたい作品です
    中東、イスラム圏の文化や歴史に個人的に興味があったのでイラク戦争に関して触れている本作は響きました

    報道やメディアの在り方を改めて考えさせられます

    当時のアメリカ政府の判断は中東を混乱させ、また一部のアメリカ兵士の人生を大きく変えてしまったことを反省するべきだと思いました

  • 3.5

    粉雪さん2021/06/13 18:18

    当時、アメリカで何が起こっていたのか、
    よく分かる映画だった。

    政府のプロパガンダに成り下がる大手新聞社達。
    真実を載せているのに非難される苛立ち。

    「大統領の陰謀」のせいだ、には笑った。

    映画の中に映画の名前やエピソードが出てくるのは好きだな。
    ハリウッド映画に多い気がする。

  • 3.0

    ちょいこさん2021/06/12 16:04

    戦争や情報操作以外で恐ろしいと感じたこと
    ・この映画のアメリカでの低評価
    ・「戦争の費用はイラクに支払わせよう」
    ・民主主義になればイラク国民は喜びアメリカに感謝する

    今でも大量破壊兵器はあると信じてて、上記の事マジで正しいと思ってる人多いんだろな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す