お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スノー・ロワイヤル

G
  • 吹替
  • 字幕

壮絶な、全くかみ合わない戦いが始まる。

雪の町キーホーで模範市民賞を受賞するほどの真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン。ある日、一人息子が麻薬の過剰摂取に偽装されて地元の麻薬王バイキングの組織に殺されてしまう。裏で組織が糸を引いていることに気付いたネルズは、ある時は素手で、ある時は銃で、ある時は除雪車で、一人また一人と敵を殺していく。しかし、敵対するネイティブアメリカン麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングはネイティブ組織を襲撃。相手もその報復に出る。静かな田舎町で起きた久々の事件に、地元警察はテンション上がりっぱなし。ネルズの戦いは、全く思いもよらない方向へと進んでいくのだった・・・。

詳細情報

原題
Cold Pursuit
関連情報
製作 マイケル・シャンバーグ:音楽 マイケル・ドライヤー:撮影 ディディエ・ルプファー
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-10-11 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪洋画ランキング

スノー・ロワイヤルの評価・レビュー

3.5
観た人
7433
観たい人
7440
  • 3.0

    いとさん2021/06/14 23:56

    マフィアに息子を殺害された除雪作業員のネルズはたった1人でマフィアへの報復を始めるが…。
    勘違い系映画としてロックストック的なキレ味を期待していたが全体的に淡々としていてイマイチ自分はノれず。淡々としながらも次々と人が死ぬので好きな人は好きなはず。

  • 3.7

    bluemercenaryさん2021/06/14 10:22

    田舎町キーホーに暮らすネルズ・コックスマンは模範市民賞を受傷するくらい実直な除雪作業員。
    そんなネルズの息子カイルが職場で拉致された挙句、薬物を注射され亡くなった。
    死因が薬物過剰摂取摂取と言われても納得できないネルズの元にやって来たのはカイルの同僚。―― 彼が盗んだ麻薬のせいでカイルは殺されたのだと云う。
    復讐を始めたネルズだが、その行動は二つのマフィア組織の対立抗争へと発展していく事に。



    あらすじからサスペンス、ノワール、アクションを想像していたら、それらを内包したブラックでシュールなコメディだった。
    ネルズは小説で読んだ手法で殺害したギャングを処理するし、組織のボスは健康オタクで息子への溺愛半端ないが、法律守って離婚した妻にも息子会わせる律儀っぷり。
    部下のギャングはモーテルの清掃婦ナンパに命を賭けたり、おっさんずラブだったりするし、暗殺請け負った殺し屋に至っては平気でそれをターゲットに密告する始末。

    程度の差有れど、ほとんど全員悪人もしくは俗人で、変な理屈もないし軽快で単純に物語が展開するので楽しかった。
    これはシリーズ化してもいいし、韓国か香港あたりでノワール全開でリメイクして欲しい。

  • 3.8

    臨さん2021/06/12 17:26

    ンーフフwwwwww皆真剣に本気なんだけど総じてギャグwwwwww
    「壮絶な全くかみ合わない戦いが始まる。」というキャッチが凄くイイ!まんまと見てしまった。
    ポスターの木に車がブッ刺さってるシーンを楽しみにワクワク見てたんだけどちょっと違った😂💥
    オチで声出して笑ってしまいました✝
    リメイク元の怒りの除雪車も見たいです。

  • 5.0

    MrMovie8さん2021/06/08 08:39

    やっぱり、リーアム・ニーソンさんやキアヌ・リーブスさんたちは、怒らせちゃいけないんだって、本当に、
    ってことがすごくわかる作品です

    とある町の除雪作業員ネルズさんは模範市民賞を受賞するほど真面目な方です
    しかしとある日、ネルズさんの息子が麻薬組織に殺されてしまいます
    それに怒ったネルズさんは組織の関係者をどんどん倒していきますが、麻薬組織は敵対する組織の犯行と勘違いします…

    ただのドロドロ復讐劇、ではなくて勘違いからたまに少しギャグ要素のある(?)作品です

  • 3.5

    Johnsteedさん2021/06/07 21:50

    どんどん闘いのスケールがでかくなっていって面白い
    このおっさんを怒らせる時みんなロクな目に合わないぞw

  • 3.9

    みつこさん2021/06/06 10:27

    洗練されまくったB級って感じでめっちゃ面白かった。
    リーアムニーソンおじいの絶対除雪車の一般人では無い動き笑

    最初の方人が死ぬたびに入る追悼カットみたいなの意味わかんなくてちゃんと観てなかったから見直したいな

  • 3.5

    ハレルヤさん2021/06/05 21:08

    息子を麻薬組織に殺害された父親が、復讐で実行犯を次々と殺していく。その復讐劇はやがて思いも寄らぬ2つの犯罪組織の抗争へと発展していくクライムサスペンス。

    主演はリーアム・ニーソン。息子を殺されて復讐に燃える親父と聞くとどうしても「96時間」が頭に浮かびます。ブライアン・ミルズの時のような無双親父を期待しましたが、それほどでもなく。

    一応無双の活躍はするんですが、趣旨はそこではなくブラックコメディのような作風が主になっています。なのであまりリーアムのアクション目当てだとイマイチに感じるかもしれません。

    全体的にはちょっとしたタランティーノ映画のような雰囲気があり、激しいアクションの応酬はラストくらい。正直そこまで面白かったわけではなく、テンポが悪くて2時間よりもかなり長く感じましたね。

    でも物語の流れはどう転ぶか読みづらいものでしたし、リーアムの圧倒的主役感はやはり健在だったのでそこは良かったです。

  • 3.5

    syuheiさん2021/05/28 22:50

    リーアム・ニーソンのアクション映画を半年に1回くらい消化しておくのは人間ドックみたいなもの。2019年、ハンス・ペテル・モランド監督作品。原題は"Cold Pursuit"。

    コロラドのキーホーで除雪車をころがす名誉市民のリーアム・ニーソン。一人息子が麻薬組織の勘違いで殺され復讐の鬼と化す。ニーソンは元特殊部隊隊員かと思ったら普通の除雪業者。なのにメチャ強い。その説明は特になし。もはやニーソン=メチャ強いという前提で映画が作られる時代。

    コカインをめぐって地元の白人ギャングとアメリカ先住民系組織が対立を深め、吹雪の田舎町で女性警官が捜査に乗り出す… と、ここまで書けば『ファーゴ』とか『ウインドリバー』っぽいが、この映画、完全にふざけて作ってる。どんな脇役キャラでも死ぬと十字架マークと役名と二つ名が画面に出るとか。

    高級ホテルに現れた先住民族系チンピラ集団。予約(reservation)がないと泊められないと言われると「俺たち先住民に居留地(reservation)とか言ったってYelpに書いたら炎上するぞ」と脅すとか、誘拐した子供にベッドでリーソンが読み聞かせるのが除雪車のカタログとか、もうコメディ映画やん。

    最後のドンパチシーンでリーソンが復讐を果たす武器がもう徹底的にふざけていて、大笑いした。そして「へ?」というタイミングで終わるエンディング。続くエンドクレジットではキャストの名前がIn Order of Disappearanceの順に出てくるとか、どこまでもふざけてて変な余韻が残る。

    もはやニーソンを脱構築した"メタニーソンもの"と言ってもいい新ジャンルを開拓している。なんじゃそら。

    https://twitter.com/syuhei/status/1398243537506893826?s=20

  • 3.3

    はたやんさん2021/05/27 08:20

    鑑賞中

    あれ?リーアムさん今度の設定なんやったっけ?元軍人??
    見逃した??俺???

    と思い確認したけどそうでわなかったね。
    静かに淡々とたくさん死んでいく…しかもインディアンが暴れる暴れるw
    あ、コレは放送禁止用語?
    大丈夫?
    そんなのもたまにはありかな?
    決してハズレではない。

    あ!!

    除雪作業って
    ずーっと観てられるよねー

  • 3.3

    みぁであるますさん2021/05/26 19:03

    たしかに噛み合ってなかったw
    復讐劇やのに勝手にどんどこ人死んでいってて面白かった。
    しかし登場人物多くて疲れた

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す