お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

空母いぶき

G

運命の、24時間。

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

詳細情報

関連情報
原作 かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミックス」刊・協力:惠谷治):企画 福井晴敏:監修 かわぐちかいじ:撮影監督 柴主高秀:照明 長田達也:録音 尾崎聡:美術 原田満生:江口亮太,音楽 岩代太郎:製作 『空母いぶき』フィルムパートナーズ
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,037
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,546
ご注文手続きへ

キャンセル

戦争邦画ランキング

空母いぶきの評価・レビュー

3.4
観た人
5027
観たい人
4372
  • 3.8

    るちるさん2020/08/05 23:05

    感情に流されずブレることのない秋津艦長の冷淡ではなく冷静な指揮っぷりに理想の上司像を見ました。

    事なかれ主義の日本をキープし続けるのもなかなか楽ではないなと感じました。

  • 3.9

    よもよもよもこさん2020/08/05 18:39

    【日本が抱えるジレンマ】

    国会などでも常に議論となる話。
    日本が抱えるジレンマ、
    現場が抱えるジレンマを
    ストーリーとしてみられ、いろいろ理解できたことも。
    中井貴一の役、要らないという声も多いけど、一般人が居眠りしてる間に最前線の自衛隊が戦争をギリギリで回避していたというコントラストはアリだと思います。今時女子の記者はどうなんかな、という印象はありましたが。

  • 3.5

    akiさん2020/08/03 06:13

    原作コミックは、未鑑賞。
    全く期待してなかったからか、シンゴジラの時の様な緊迫感があって結構楽しめた。
    原作読んでみたいな。

  • 2.5

    th1982さん2020/08/02 23:07

    艦長なんか性格悪いな、そして終始ニヤニヤ
    副長はいつも落とされる役回りでかわいそう、佐々木蔵之介さんなんでこの役受けたのかな
    いっとき話題になった佐藤浩市さんの総理役はこの映画だったのね、これもなぜあの大役者がこの設定でやる必要があったのか…
    いろいろ疑問がつきまとう映画でストーリーも単調、CGも頑張ってるような不自然なような、全般的にいまいち

  • −−

    chiakiさん2020/08/02 23:06

    西島さんの終始少し笑っているような表情が印象的だった。
    よくあるベテラン幹部ポジションが藤竜也さんだけでそこの層が薄かったかな(?)

  • 3.3

    wedgeさん2020/08/02 12:41

    2020年 映画48/100作品
    Filmarksレビュースコア3.3
    『空母いぶき』

    シーンによって凄く評価の分かれる映画でした。アクションシーンはかなり良かった。迫力も緊迫感も良かったし、邦画としては映像も良い方だと思う。何より、下手な解説も過剰な演出も無いのが良い。
    コンビニパートは結局何が言いたいのかわからないので要らなかった。
    甲板でのあのシーンはネタバレになるので伏せますが、突っ込みどころがありすぎて冷めてしまった。
    この2つこそ大きく?でしたが、それ以外は期待以上に楽しめました。

  • 3.5

    きーさん2020/08/02 09:04

    20XX年某国による領海侵犯と海保隊員を人質に取られたことに端を発した"戦後初の死者が出た"軍事衝突において、戦争をせずにあくまでも自衛のための瀬戸際の戦いを強いられた、空母いぶき率いる艦隊とその乗組員たちのドラマ。
    平和ボケした日本に冷水を浴びせるような現実に近い"if"が描かれていて驚きました。戦争と自衛の違いは何か。その問いの中で確固たる信念を持った西島秀俊演じる艦長の言葉が力強くて答えを心待ちにする自分がいました。描いてるテーマの性質上派手な攻撃シーンはありませんが、日本を衛るための戦いという渋い駆け引きは痺れました。

  • 3.2

    かいぴーさん2020/08/02 05:46

    CGのクオリティがなぁーって感じ。去年観たアルキメデスの大戦の方が全然良かった。流石にこれは原作ファンも納得の行かない作品だろう...

  • 3.7

    mikumiku1188さん2020/07/31 22:26

    邦画の世界のミリタリー系作品には失望してしまう作品に多く遭遇しています。しかし、全く無視するわけにもいかない為に鑑賞しました。

    出演陣も意外に豪華で心配していた程の作品では有りませんでした。

    近い将来に東南アジアの架空の国家による侵略に巻き込まれる自衛隊の騒動を背景にした“シン・ゴジラ”でも皮肉られた内閣の動揺を中心にマスコミや一般市民のエピソードを交えて展開されます。

    空母いぶきの艦長と副官の作戦遂行上の鬩ぎ遇いが意外にも緊迫感に満ちていて良かったです。それは洋画の世界の潜水艦を舞台にした作品で見受けられる展開のパターンですが、西島秀俊さんと佐々木蔵之介さんが良く盛り上げてくれました。

    佐藤浩市さんの総理役は合格点、中井貴一さんのコンビニ店長は不思議な存在で魅力的でした。しかし、マスコミ編集長を演じたお騒がせ女優は全く浮き上がってしまった存在・・・で不要。

    この種の作品は『亡国のイージス』など幾つか鑑賞しましたが数少ない合格点に思います。

  • 3.9

    山崎友教さん2020/07/30 16:14

    この手のお話は軍事、政治、人情を必ずパッケージしてくるけど演者と切り口が変わったぐらいで大体、似たような話になっちゃうんだよね。
    だからどれか一つでも関心があればそこそこ楽しめるという。関心がなければシベ○ア超特急ぐらい退屈な罰ゲームにも変換する事が可能です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す