お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

居眠り磐音

G

この男、切ないほどに、強く、優しい。

坂崎磐音は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこんからも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。

詳細情報

関連情報
原作 佐伯泰英『居眠り磐音決定版』(文春文庫刊):企画 藤村直人:プロデュース 藤村直人:製作 今村:大角正,谷和男,中部嘉人,有馬一昭,安部順一,エグゼクティブプロデューサー 伊藤響:吉田繁暁,プロデューサー 西麻美:福島大輔,ラインプロデューサー 砥川元宏:撮影 安田雅彦:照明 はのひろし:録音 山本研二:整音 鈴木肇:音響効果 岡瀬晶彦:美術 原田哲男:倉田智子,装飾 郷原慶太:中込秀志,編集 川瀬功:音楽 高見優:主題歌 MISIA『LOVED』(アリオラジャパン):音楽プロデューサー 千陽崇之:音楽ディレクター 岩崎充徳:アクションコーディネーター 諸鍛冶裕太:VFXプロデューサー 斎藤大輔:VFXディレクター 土師翔太:助監督 井上昌典:演技事務 城野浩人:記録 西岡智子:制作担当 高塚映里香:村山大輔
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

居眠り磐音の評価・レビュー

3.6
観た人
2717
観たい人
3315
  • 3.6

    みゆきちさん2020/07/04 02:19

    磐音ってなんて読むのよ…って思うぐらい全く事前に作品情報無いまま見始めた。
    はじめは三人の幼馴染みが本当に仲良くわいのわいの言いながら江戸から戻るところが描かれてて、楽しいやつかなと思ったんだけど、、、なんだなんだそんな可哀想なことになるの…?
    さっきまで楽しそうだったのに…?
    磐音がめちゃくちゃ辛い立場に立たされてかわいそすぎん…?幼馴染みで親友やのに…

    そしてそこから主人公である磐音が脱藩し江戸へ戻り浪人として暮らし始めるが、お金に困り家賃も払えず用心棒として雇われることからある事件に巻き込まれていく…

    時代物だけど、殺陣がめちゃかっこ良かった。松坂桃李くんスゴいな~。
    そして私は心がひねくれてるからか実は谷原さんがやってる両替屋が胡散臭いとしばらく疑ってしまったw本当の悪者はめちゃくちゃ悪くて、解りやすすぎるぐらいのビジュアルだったわ。

    最後は簡単にめでたし~ではなくて、でもきっとそうなってほしいって感じで終わってて良かった。

  • 3.4

    一成さん2020/07/01 23:09

    序盤から驚きがいっぱいでした。
    そして、松坂桃李さんの殺陣のシーンがめちゃくちゃかっこいいです。
    「居眠り剣法」出た時は「おぉ!」ってなりました。
    磐音(松坂桃李)とおこん(木村文乃)の少しずつ深まっていく関係や、磐音と奈緒(芳根京子)の離れていく関係が話が進んでいくにつれて見えていき、何とも言えない気持ちになりました。
    最後のシーンは切ないような微笑ましいような。。。
    これも何とも言えないですね笑

  • 3.5

    にょろさん2020/06/30 11:31

    シンケンジャーだと思って舐めてはいけません。殺陣見応えあり。柄本親子がいい味出してる。犬は出てきません。

  • 3.5

    風来坊さん2020/06/27 10:36

    原作は長年続いている人気の時代小説という事ですが、全く知りませんでした…。時代物は北方謙三さんか鳥羽了さんくらいしか読まないもんなぁ…。

    あの時代は武士といえば面子が大事だし、あの侍も純情そうだったのでそういう事もあるかと思うが…踏み込んだ時の妻の態度を見れば分かりそうなものですけど…不貞をした妻はあんなに堂々とせんでしょう。
    非常に辛い序盤でしたが、掴みとしては惹き込まれましたし、主人公の背景が分かりやすかったですね。

    序盤はちょっと重いがそれを過ぎると、能ある鷹は爪を隠す的な王道の設定でサクサク進むし時代劇としては分かりやすいし敷居も低いと思います。
    殺陣は「るろうに剣心」のようなトリッキーな物かと思いましたが、至って真面目な殺陣で間合いや距離の保ち方などこだわっていて迫力と緊張感がありました。あと音楽が殺陣を盛り上げていました。

    ただ殺陣はカメラワークで誤魔化しているように見えてしまう場面は残念。あと居眠り殺法があまり効果的に見えないのも難点。

    黒幕などの謎の回収もされていないので続編ありきなのかなと思います。
    しかし、本作は総製作費約50億円、邦画では異例の全国上映326館という熱の入れようでしたが興行成績は約4億円…。後のソフト販売等で収入としては取り返したかも知れませんが、あの大不評な「ニセコイ」や「貞子」に負ける始末…。

    なので、続編は微妙なところかも知れませんね…。あっても大幅なテコ入れは必死。ちょっと地味だとは思うけど私も悪くないと思うし、フィルマークスの評価は高い、けれど時代劇がエンタメとして厳しい時代なのかも知れません。

    松坂桃李さん演じる磐音の辛い過去を背負いながらも表向きは屈託ないように生きる姿と、それを優しく見守る木村文乃さん演じるおこんが印象的で良かった。柄本明さんの怪演もインパクトが強い。息子さんも出ていますが、まだまだ息子さんより印象に残リました。

    シンプルな時代劇でサクッと観れて、個人的にはなかなか楽しめた作品でした。

  • 3.4

    tetsuさん2020/06/19 22:27

    ストーリー展開面白い。人物描写が浅いのが残念。登場人物多いのとセリフで説明してしまうからそう感じたのかな。出番少ないのに柄本父が全部持っていった感じ

  • 3.6

    ゆん汰さん2020/06/17 23:31

    原作未読。

    芳根京子や柄本系列が出てるのでどうしても先日観た『散り椿』と少し被る。ただ殺陣は松坂桃李より散り椿の岡田くんのが上手かったなあ、比べるものでもないんだけど、ストーリーはこちらのが分かりやすくて面白かった。

    鰻屋や両替商で働く浪人となった磐音のギャップの凄さよ。
    鰻獲って高値で吹っかけるガキンチョ達かわゆい。

    松坂桃李って時代劇のイメージなかったけど、結構ハマり役だったね。
    佐々木蔵之介の存在感が半端ない。

  • 3.2

    しーとんさん2020/06/16 16:06

    原作は佐伯泰英の時代小説ですが、シリーズ化されていてなんと言っても長い…
    時代小説好きの自分でも正直読み始める勇気が出ない。

    映画の方もシリーズ化するつもりの脚本内容だったけれど、果たして今後続くだろうか…

  • 3.0

    みゅーさん2020/06/14 16:47

    職場の映画好きおじさん(アラフィフ)が良かったよ〜、と公開当時言っていたので鑑賞。

    他の方も書かれているように、序章なんだな、と思わせるストーリー。原作はかなりの売り上げ部数の時代劇小説とのこと。何冊出てるんだろう、と軽い気持ちで調べたら最終巻は51…。
    今後、シリーズ化されるのか気になるところ。

    松坂桃李の凛とした佇まいは最高だった。
    けど、もともと時代劇得意じゃないので個人的にはハマらなかった。

  • 3.3

    なつこさん2020/06/14 13:12

    シリーズ化するつもりの脚本ですよね。
    事の発端となった事件の黒幕が、まだ分かってないもんね。
    だから、まだ薄いというか、小出しにしてる感じがする(原作未読なので憶測ですが)
    これから面白くなる感じだよね!って思いました。

    残念なのは居眠り剣法が全然生かされてないところ…この感じだと、別に普通に剣豪ということで良いのでは?と感じてしまった。

    とても辛い出来事が起きて、それを背負って生きるというところまでは、かなり引き込まれて観てたんですけど。
    雰囲気は好きなだけに、なんか勿体なかったなーという印象でした。

    連ドラで、少しずつ謎が見えていく…の方が良かったかもしれないですね。

  • 3.9

    まめらさん2020/06/10 15:27

     磐音 in hell. 
     映画としての様々な問題点を「磐音 in hell」というテーマで押し飛ばしているのがすごい。
     楽しいけど地獄。原作も読む。ディスコミュニケーション関前藩。
     ピンクのすごいカラコレしたみたいな早朝の関前藩「なんだあ!?!?」って感じ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す