お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

無双の鉄拳

G
  • 字幕

死にたい奴から、かかって来い。

一度キレたら誰にも止められない“雄牛”という異名で恐れられた男ドンチョル。今では市場で働きながら、愛する妻ジスと慎ましやかに暮らしている。一途なジスの存在が、荒んだ生活を送っていたドンチョルを闇の世界から戻してくれた。ある夜、些細な諍いでジスを怒らせてしまったドンチョルは急いで自宅に戻るが、そこにジスの姿は無く部屋が荒らされていた。そして、ドンチョルの携帯に何者かから電話が入る。電話の主はジスを誘拐したと言うが、ドンチョルに身代金を要求するのではなく、逆に金を渡すからジスの事は忘れろと提案してくる。誘拐犯の目的は一体何なのか。警察の捜査はままならず、怒りに震えるドンチョルはジスを救うために独自で動き出すが―。

詳細情報

原題
UNSTOPPABLE
関連情報
撮影 イ・ソンジェ:編集 キム・スンミン:音楽 モグ:武術監督 ホ・ミョンヘン
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
韓国
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-12-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

無双の鉄拳の評価・レビュー

3.7
観た人
1211
観たい人
2075
  • 2.5

    百鬼園先生さん2020/05/25 12:49

    激辛韓国映画を見過ぎで舌が麻痺したのかやや甘口。斧があるのにゲス野郎の手足切らないなんて優しー!舐めてた相手が…のパターンなら最高潮はクライマックスより魚市場の事務所に金もらいに行くところの、舐め→改心。あとパイロットコスで舐めてた探偵がちゃんと聞き込みするところで俺も改心。最後はかに道楽。@Amazon

  • 5.0

    tomorrowkeyさん2020/05/24 18:45

    シネマンションというYouTubeでの紹介動画で興味を持ったマ・ドンソクさん。

    そしてようやく見れた無双の鉄拳。

    マ・ドンソクさんという、俳優のデカさがまず凄い作品でした。

    そして、動きのキレ(笑)
    これは、実際見たら分かります(笑)
    本当に、笑ってしまうくらい早い(笑)

    そして、とある場面での、見た事ない敵の倒し方(笑)

    もうマ・ドンソクさんのファンですね💧

    あと、エンドロールも良い!
    ほわっとしました^_^

    勧善懲悪で、悪もただ悪い!
    それで良いよ(笑)

    そんな作品でした💧

  • 4.0

    G行為さん2020/05/24 00:21

    怒りのスイッチが入った瞬間が分かりやすくていいね。
    歯を食いしばる音で「ブチッ」って音がしてましたもんねw

    人妻を拐って売春させるという有無を言わさぬ極悪ぶりな今作の悪党。
    下衆さ、理不尽さ全開で観ているこちらにもストレスを与えておきながら、最終的にあの重そうなパンチでしこたま殴られる。
    これぞ無双の鉄拳!う~ん、いい邦題。

    ちょっと「おっ」となったのは、廃病院に乗り込んだ時に対峙した中ボスクラスの回し蹴りの使い手が軽快な動きしてましたね。
    韓国映画でこういうテクニカルな動きをする相手って珍しいなと。

    「犯罪都市」でもそうだったけど、シリアスとオフザケの配分が絶妙にいい。
    今回で言うと弟分と探偵のコント部分。
    ドンソクさんの作品を観てると分かると思うんだけど、彼の演技の特徴である訝しげな表情。
    目の焦点が合ってなくて、どこを見てるか分からないんですよ。
    みんな同じことを思ってたのか、そこを弄られてて笑ってしまったw

  • 4.0

    Runpoさん2020/05/21 22:28

    すげえよ。面白すぎる。そしてマ・ドンソクカッコ良すぎる。96時間の肉体派なんだけど、いい感じで力の抜けたところもあって、面白い。何より普段の主人公のダメさ加減と切れた時のギャップが好き。

  • 3.5

    reo1975さん2020/05/17 16:56

    前半は少し情けないマ・ドンソク氏。でも後半からは、いつものマ・ドンソク氏が復活して悪役をどんどん倒していきます!

    アクションシーンは見所いっぱいだしラストのオチも笑えました!

    予告で見た守護教師(だったかな?)も面白そうだったので見たいです。

  • 2.8

    テロメアさん2020/05/12 03:34

    韓国映画には地雷原がいくつかある。

    特に僕のような「韓国映画つったらバイオレンスアクション、韓国バイオレンスは最高やろ!」的な奴には、主に『急にブッ込まれるメロドラマ、ノリきれない韓国ギャグ、とりあえず悪意満載の反日要素』の三大地雷原があり、今作はメロドラマ地雷と韓国ギャグ地雷が「マ・ドンソクの脳筋アクション炸裂! かっけー!」となる度に、ずーっとずーっとずーっとアクション映画に不要なギャグキャラが付きまとうから…もうガックリでしたよ。反日要素がないのはよかったけれど、三大地雷原のうち、二つがありまくりで辛かった…。

    簡単に説明すると、今作はメロドラマを下地に韓国ギャグをアクションより多く配置し、予告編で韓国の脳筋アクションスターとしてマ・ドンソクが暴れまくる脳筋アクション映画かと思いきや、肝心のアクションシーンは前後に挟まれたギャグキャラのギャグシーンにより緊張感を片っ端から消していきます。緊張感皆無!


    いやはや、マ・ドンソクの重たそうな鉄拳は素晴らしいし、悪役もなかなか面白い奴でした。なんせ、誘拐した被害者の夫たちに直接会って大金をぼーんと渡して「おれは偽善者が嫌いなんだよねー、お前の愛は本物か? それともこのカネで買える程度かな?」的に、ある意味では律儀にあるいは自らの信念を確かめるために直接交渉する、というなかなか良い性格したイカレ野郎でした。

    しかし、その信念を打ち砕いてくれる奴を探しているようにも見え、こいつには過去に何があったのか、と気になるのにそんなシーンはないし、マ・ドンソクに信念を打ち砕かれたときに、こいつは喜ぶのかな、と思ったがそんなこともなく、タイトル通り鉄拳で沈みましたとさ。

    さらに一番見たかったシーンとして、主人公のヤバイ『雄牛』時代のシーンがまったくなく、それをオープニングで五分くらい入れてくれていたら、今は妻に出逢い丸くなったから横暴な漁業組合連中にもへこへこしている冒頭にも、フラストレーションがイライラだけでなく、ちゃんとこの後、キレて雄牛化して吹き飛ぶであろう安心感を持って観ることができただろうに…ただ単にガタイのいいだけのアホな旦那がまたアホな投資話にカネ注ぎ込んで怒る奥さんという図…うん、そら怒るわってしか思わなんだし。

    そしてかなーり経ってから、ようやく奥さん誘拐され、ブチ切れるマ・ドンソクになった! 雄牛は止められないぜ! と思ったら、ギャグキャラが二人に増殖…。絶えず緊張感を削いでくる削いでくる…。アクションにギャグキャラは要らんよ…マジで…。


    とりあえず、ストーリーは脳筋映画だと思っていたから元々期待してなかったが、要らんギャグシーン多すぎた…。メロドラマが主軸のコメディ映画にリアリティのある犯罪集団と脳筋キャラをごた混ぜにしたら、こんなどんなテンションで観たらいいかわからん映画になりますという感じでしたわ…。ということなので、マ・ドンソクの無双アクションを期待したら肩透かし喰らいましたので、上記の点が平気な方は大丈夫かと。
    僕は駄目でしたわ…。



    …ああ、脳筋映画が観たかった。
    マ・ドンソクの脳筋映画が観たかった。
    韓国バイオレンスアクションオンリーの不純物なしの脳筋映画がぁ…脳筋映画が観たかったぁー!!



    追記。
    予告編を改めて見返すと、予告編は脳筋アクション映画にしか見えなんだよ…。予告編は最高!

  • 3.4

    すずきさん2020/05/10 23:41

    ドンチョルは商才の無い男で、様々な商売を手掛けてきたがどれも失敗、借金に塗れながらも魚市場で働いている。
    彼の美人の奥さん・ジスは、ある日夫が無断でカニ漁船に多額の投資をした事を知り、ディナーの席を切り上げて怒って帰ってしまう。
    妻を追いかけ、家に戻ったドンチョル。
    だがそこはもぬけの殻で部屋は荒らされていた。そこに謎の男から電話が。
    「奥さんの身体は俺が買い上げた。代金を払いたいから指定の場所に来い…」
    ドンチョルは舎弟のチュンシクと共に犯人の正体を調べるのだが…

    主演マ・ドンソクによる、「96時間」のような人身売買組織からの誘拐救出モノ。
    同時期の「守護教師」よりこっちの方が好き。
    しかし流石に「96時間」と比べると、アクションシーンの数や、話のテンポで見劣りするか。

    そんな思ったより少ないアクションシーンだけど、やっぱりアクション自体はマ・ドンソクのキャラクターが活かされてて良かった。
    ボクシング主体の格闘スタイルで超タフなパワー系。
    身軽な奴に手数で押されても、パンチ一発で逆転!
    ドンソクを超えるパワー系中ボスに押されても、終わってみればドンソクの完勝。
    いつかドウェイン・ジョンソンとパワー対決して欲しい。

    敵ボスがめっちゃ悪い奴で外道のドグサレ。
    金で買えないモノは無いと信じ、誘拐した女性たちの家族に多額の金を払って口を封じる。
    そしてそんな金に釣られて家族を売った人間を見て楽しむ悪魔のような男。
    誘拐された女性に整形を施す事もあるらしい。だから誘拐された女性たちは同じタイプの顔つきと髪型の人ばっかりだったのか。
    しかし、そんなにコストかけて「商品」を仕入れて、果たして利益出るのか?割と現実味の無いキャラではある。

    そんな悪辣なラスボスが、追い詰められて小物化してドンソクにボコボコにされるのはスッキリ!
    「守護教師」でラスボスをボコボコに出来なかった分、多めに殴ってます。
    っていうか、あんだけ殴られて、よく生きてたな。
    克巳に殴られたドイル、或いは「カンフーハッスル」の主人公みたいに顔面陥没してもおかしくない殴られ方されてたぞ。

    そして全て解決してオールハッピーなエピローグなのがイイね!
    劇中、パトカー爆破とか証拠品盗んだりとか、逮捕されててもおかしくない事やってるんだけど、気にするな!
    こーゆー映画は後味の良さが大事なのよ!

  • 3.0

    ころぴさん2020/05/10 20:57

    またまた、韓国映画
    やっぱりいいなぁ
    そして
    今回はスカッと✴
    はぴっと💐
    楽しくて幸せな気分になれたよ!
    ✩°。⋆⸜(ू。•ω•。)♪.•*¨*•.¸¸♬

    ドンソク兄やんは
    真面目に一生懸命仕事してるの
    でも不器用で
    人を疑わなくて
    騙されちゃったり(笑)
    おかげて
    愛妻に怒られたり…
    でも
    奥さん大好きで💕
    仲良く慎ましく生活している

    奥さんは美しいだけでなく
    正義感強く、
    間違ったことは許さない熱血漢

    見ていてハラハラすることも
    平気で行ってしまうの
    それも
    災いしたか😕
    誘拐されてしまいます
    ε≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノタイヘーン!

    ドンソクは探します
    警察にも相談します
    展開は
    ( ˘•ω•˘ ).。oஇ

    あの、一重のたれ目はそのまま
    顔の表情もほぼ変えず
    Tシャツから
    はち切れそうな腕が
    無双の鉄拳で
    なぎ倒していくよーっ!
    \\\ ٩(๑´0`๑)۶////

    🔪やこん棒は出てくるけど
    あくまでも素手勝負
    🔫は一切出ないので
    これもありかなと(笑)

    ドンソク兄やんより
    はるかにデカい相手が出たとき
    どうするかといったら
    天井ガキボキボキでしたーっ!(笑)
    なるほどねー!💡

    拳の使い手との勝負も
    見応えありー!

    結果ははぴっと💐するだけでなく
    もっと素晴らしい
    出来事が起こります!

    にこにこ笑顔になれるのは
    いいよね!
    ヽ(。•ω•。)ノ♩ʓԽʓԽ.•*¨*•.♬

  • 3.8

    マシマロさん2020/05/09 16:59

    妻を誘拐された男の戦いの映画!敵役を殴って進む姿がカッコいいし爽快感がスゴい。

    無骨なアクションは好きな映画です。

  • 4.3

    SARUさん2020/05/09 00:22

    普段は温厚な男が犯罪組織に愛する妻を誘拐され、男は妻を助けるために組織に立ち向かう。
    アクションシーンは敵をぶん投げたり、天井に突き刺したりと見応えありのドンソク無双!ラストもスカッとする。
    相棒や情報屋のおかげで話が暗くなりすぎず良いアクセントになっていて飽きずに観れました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す