お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

僕たちは希望という名の列車に乗った

G
  • 字幕

東西冷戦下の東ドイツで起きた、国家を敵に回した若者の衝撃の実話!

1956年、東ドイツ。スターリンシュタットの高校に通うテオとクルトは、祖父の墓参りを口実に、しばしば西ベルリンを訪問していた。この日も冒険気分で映画館に忍び込んだ二人は思いがけないニュース映像を目の当たりにする。それは自分たちの国と同じくソ連の影響下に置かれたハンガリーで、数十万人の民衆が自由を求め蜂起した様子だった。その光景が脳裏に焼きついたまま故郷に戻った二人は、数名の仲間と同級生パウルのおじの家を訪れる。そこでは法律で禁じられている西ドイツのラジオ局の放送を聴く事ができるのだ。だがその日、ラジオで伝えられたのはハンガリーの民衆蜂起の悲惨な結果だった。後日、高校の教室でクルトは生徒皆にハンガリーの為に黙祷をする事を提案する。だがその黙祷が、後に国家を敵に回す問題へと発展するのだった…。

詳細情報

原題
The Silent Revolution
関連情報
原作 ディートリッヒ・ガルスカ『沈黙する教室』(アルファベータブックス):撮影 イェンス・ハラント:美術 オラフ・シーフナー:衣装 エスター・ヴァルツ:編集 バーバラ・ギス:音楽 クルストフ・カイザー:ユリアン・マース
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
ドイツ
対応端末
公開開始日
2019-12-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

僕たちは希望という名の列車に乗ったの評価・レビュー

4
観た人
6735
観たい人
21924
  • 4.5

    Midsommarさん2021/10/16 12:45

    集団の意見を多数決に託すのは一番の民主主義
    歴史が苦手で調べながら観たしそれでも全然ちゃんと理解出来た気がしなくて不安だけどそれだけにかなり集中して観れた
    この時代についての映画って固唾を呑んで画面を見つめてしまう
    自分の思想も自由に語れない世の中は嫌だ
    勉強して何度も観るべき

    『僕たちは希望という名の列車に乗った』ってタイトルとても良い

  • 3.8

    みずけんさん2021/10/14 22:10

    戦後の東ドイツでの抑圧された生活を題材にしているけど、あくまでも青春映画になっているのが良い。

    周りの大人は間違っていると思いながらも、反抗すればどうなるか分からないという恐怖。でも、本気で社会主義を推し進める大人達が絶対悪のようには描かれておらず、色々考えさせられる。

  • 3.6

    いしいさん2021/10/14 10:24

    高校生たちがソ連に対抗するハンガリー市民の死を悼んで授業が始まる前に2分間の黙祷をした。
    これが反社会主義的行為だと大問題になり、黙祷をしようと提案する者を探し出すことに。
    (提案したやつは禁固刑 晒しあげられる)
    大人に屈しず、自由の権利を求めた若者たちの実話。

    少し歴史を勉強しないとわかりにくいかもしれないです。私はあまり詳しくないので、???って状態だったけど何となくわかったw
    静かで波もないけどむちゃくちゃ熱い作品だった。
    社会主義国家の恐ろしさよ💧
    学生時代にこういうの見たかったな。

  • 3.7

    YukikoSwanさん2021/10/11 22:34

    東ドイツ、ソ連の支配下だった時の話。

    僕たちは希望という名の列車に乗った

    鑑賞しました!

    タイトルだけ見た時は、
    エリアカザン監督と
    ビビアンリーとマーロンブロンドが
    頭を支配しましたが、
    全然違う内容でした。

    旧ソ連の社会主義って、
    めちゃくちゃめんどくさいじゃないか!
    っていう感想を持たざるを得ない。

    以下、ネタバレ含みますので
    ご注意を!

    えーまず、映画ファンとして
    この映画を一言でお伝えすると、
    トランボ劇場じゃーん!でした←


    それはさておき、、

    思春期の男女が、
    ほかの国のラジオ聞いて
    ちょっと先生に歯向かったら、
    即退学!って、そんなー!!
    高校生の年齢で、国から逃げること考えなきゃいけないって酷ですよね。
    でも、確かに捜索が異常だもんな、、
    人も死んでるし。
    逃げたほうがよい!!

    ソ連の社会主義は、
    全く経験のない人を新しい地位につかす
    チャンスを与えることが上手かった。
    この映画の校長も、国は僕にチャンスをくれた、といっていましたね。

    なぜそんなことできたか?それは教授や医者など頭の良い人間をどんどん排除していったから!政治を非難する人間は投獄や流刑されてました。そしてざっと色んな業種でプロフェッショナルな人材がいなくなったので、ただ単に上の役職者の枠が空き、そこに新人でもなんでも活躍できるようになった。つきましては、全ての仕事、ビジネスの水準が落ちたのです。

    社会主義?共産主義?
    いやいや、ただの独裁国家やないかい。
    資本主義の中で、搾取され続けた人にとってはもちろん夢の理論だったかもしれない。でもこれじゃ(この映画のようじゃ)ダメだよね、、
    ガキの喧嘩みたい。
    社会のあり方って
    もっと選択肢ないのかなぁ?

  • 3.9

    ショウキさん2021/10/11 18:22

    2021年298作目

    「希望」の意味合い。

    仲間を売るのか黙秘するのか…
    多感な若者を通して描いていますが、
    本質は大人も変わらないと思います。
    最後まで感情移入して見れました。

    登場人物のキャラクターが
    それぞれしっかりしているので
    本作の肝である「葛藤」が
    より浮き上がってきて見えて、
    感情移入が出来たのだと思います。

    私の高校時代は
    こんなに問題意識も無かったので、
    単純に感心もしました。
    この時代に生きていたら
    一体どうなっていたんだろう。

    今の時代の「希望」は
    果たして本当に「希望」なのか。

    何を大切にすべきか考えさせられました。

  • 3.6

    やすをさん2021/10/10 18:16

    若者たちの自由への熱と正義、そして友情と連帯が伝わる❗
    しかし、郡学務官のおばさんと教育大臣の恫喝と陰湿さ、それから個人の情報が丸裸にされている社会恐さがなんとも言えない‼️

  • 4.5

    さうしんしさん2021/10/10 12:14

    ベルリンの壁構築の5年前。主人公たちは学生であると同時に、ナチズムも敗戦も知る世代でもあり、多数決でもろもろ決めていたそんな彼らが"自分で決めた"事。自由と尊厳。私の持っている●十年前の世界史の教科書にはハンガリー"暴動"と呼ばれているよ。

    と同時に、ムスコに「英雄になるな」と言ったあのお父さんの気持ちも、よく解る。
    
    原題と比べるとスカした邦題で心ある人にバカにされそうだが、ちゃんと映画を観た方が付けていると思われるので、これはこれで良いのか。

  • 4.1

    Rさん2021/10/09 00:10

    歴史物としても青春物としても良かった。

    弱みに漬け込んで首謀者について吐かせようとするやり方にひたすらムカムカした。意見の表明すら許されない社会は嫌だなあと改めて感じた。

    テオと家族のシーンがすごく好きだっただけに最後切ないなあ、、クルトとお母さんの抱擁シーンや、クルトと父親の握手のシーンも印象的。

    エリックは色々と可哀想だった、、彼のその後の人生が気になる

    テオとクルトの友情がひたすら眩しく素敵。

  • 3.4

    FumiyaIwashinaさん2021/10/08 19:44

    ソ連占領下の東ドイツで、進学コースに通う高校生たち。彼らはハンガリーでの民衆蜂起に対して黙祷を行うため、授業開始直後、教師からの問いかけに一切答えなかった。これが次第に大事になり、大人たちは首謀者を明かさなければ、全員卒業させないと、生徒たちに揺さぶりをかける。
    当時の社会主義体制の圧力が垣間見える作品ではあるが、作品全体が黙祷事件に対して首謀者を探しだそうとする学校や政府側と何とか口を割らずに耐えようとする生徒たちとの間で、ゲーム理論の囚人のジレンマのようなストーリーだった。
    あれだけ、様々な手で揺さぶりながら、体罰はなかったのが印象的で、このあたりも忠実に作ったのかもしれない。サッカーファンとしては、プスカシュ賞で有名なプスカシュが登場したのには驚いたが、結局彼が死んでなかったのであれば、アメリカ側の放送に問題があって生徒たちは踊らされただけなのか、それとも西ベルリンへの脱出は必然のことだったのか、当時の知識がないと、よくわからなかった。
    生徒たちのことを考えて、寂しさや不安をこらえて送り出す親たちは素晴らしかった。

  • 3.9

    まるこさん2021/10/08 15:06

    この時代を舞台にしたドイツ映画って初めて見たかも。
    監督さんのインタビューも読んだけど、あんまり描かれてないって。

    戦後東ドイツ。
    ベルリンの壁ができる5年前の実話ベースの映画。
    当時の世情が本当によくわかる、若者の葛藤がわかるいい映画だった。

    とても生きにくそうに感じるのは、いまぬるい世の中に生きてるからだろう。
    ただ、社会主義はこの世の春くらいに願望を抱いていた人が多くいたであろう時代でもあるんよね。

    でもこの生徒たちは違ったんだろう。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す