お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

アナベル 死霊博物館

G
  • 吹替
  • 字幕

背筋も凍る、おるすばん。

2013年10月に公開された『死霊館』で世界中を恐怖のどん底に陥れたアナベル人形。その人形は実在し、現在もコネティカット州にある博物館に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われている。「地下にあるものは、全て呪われ封印されている」「触れば 命の保証はない」超常現象研究家のウォーレン夫妻家の地下にある保管室の展示物は全て死霊の呪いが憑りついたいわく付きの品々を封印するための特別な部屋。かつて、とある夫婦を想像を絶する恐怖に陥れた呪いのアナベル人形も、神父立会いのもと厳重に封印が施されたはずだったのだが…。ある日、ひと晩外出するウォーレン夫妻に代わり留守番をしていた娘のジュディと、ジュディの面倒を見るためやって来たメアリーとそのクラスメイトのデニース。ジュディの忠告を無視し、保管室に足を踏み入れてしまうデニースは“警告 決して開けるな“と張り紙のされたアナベル人形のガラスケースにたどり着く。ふと目を離した隙に、「かわいい人形ね」と謎の声が…。もう一度ガラスケースに目をやると、そこにいたはずのアナベル人形がいない?!怯えきった様子でアナベル人形を「外に出した」と打ち明けるデニース。「他に何か触った?」と涙目で問うジュディに対しデニースからは最悪の答えが。「全部に」あのいわく付きの品々全部に触ってしまったという!「アナベルが彼らを導いているわ」解き放たれたアナベルの力によって、呪われた全ての悪霊たちが少女たちに襲いかかる!!果たして、ジュディは生きのびて、再び両親に会うことは出来るのか・・・!

詳細情報

原題
ANNABELLE COMES HOME
関連情報
製作:ジェームズ・ワン,ピーター・サフラン 製作総指揮:リチャード・ブレナー,デイブ・ノイスタッター,マイケル・クリア,ミシェル・モリッシー,ジャドソン・スコット 原案:ゲイリー・ドーベルマン,ジェームズ・ワン 撮影:マイケル・バージェス 美術:ジェニファー・スペンス 編集:カーク・モッリ 音楽:ジョセフ・ビシャラ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-12-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

アナベル 死霊博物館の評価・レビュー

3.4
観た人
8224
観たい人
6217
  • 3.4

    Moさん2020/07/11 18:05

    いろんな呪いのモノがうごきだして楽しかった。

    ちゃんとビビらせてくる。

    ジュディかわいい

    いい終わり方。

  • 2.4

    或Aといちさん2020/07/11 15:21

    ジュディ役の子がひたすら可愛い。

    内容はスタンダード・古典的ホラーという感じ。
    子供だまし感があるかなあ…
    怖さは全く無いです。

    最後、実在の
    "ロレイン・ウォーレンに捧ぐ"とあった。
    よくやさしいひと、情があるひとは憑かれやすいとか連れてきやすいとか聞くけど
    それは対幽霊に対しての話では無く
    恐らく、生きてるひとに対して
    いかに繊細に丁寧に向き合って居るかなんだろうなとそうしてひとがつくったモノも大切にする。
    ロレインはきっとそんな女性だったんだと思う。

  • 4.0

    ひろやんさん2020/07/11 04:37

    ホラー好きにとって避けては通れない死霊館シリーズ
    やっぱり怖いっっ!
    洋画ホラーって悪魔とかポルターガイストとか宗教的に日本とはあまり馴染みがないものが多いからぶっちゃけあんまり怖くなかったりするけど、このシリーズだけは別
    邦画ホラーとはまた違う怖さ
    期待を裏切らない

    やっちゃダメと言われてる事を何としてでもやっちゃう子いるよね…理由があるとはいえ
    最後は涙ポロリ😢

  • 3.0

    桃可Carinaさん2020/07/10 22:53

    ホラー度★★★
    びっくりする度★★
    ストーリー★★
    リピート視聴率★★

    アナベルシリーズのスピンオフ回らしい!
    死霊館とかここらへんのシリーズは、いつになっても毎回楽しみですぐに観ちゃう!
    今回は、家の中だけだったけど、色んな事件とかのツールがあって色んなストーリーが出てきそうで今後の映画展開に逆に期待できるかなって感じの内容だった。
    意外と、めちゃくちゃ怖いわけでもないから気軽に観れる。しっかりびびったけど笑笑

  • 2.7

    TOK715さん2020/07/10 14:02

    「死霊館」本編シリーズは今のところ間違いなく面白いけれど、スピンオフはまちまち。本作は正直1番面白くなかった。
    ストーリーも入り込めなかったし、アイテムの乱発で凝った仕掛けも特にない。
    魔犬や悪魔の直接的なCG描写は全く怖くないが、これは俺が無宗教だからだろうか。

  • 3.5

    hinaさん2020/07/10 12:58

    ウォーレン夫妻の出張中に娘ジョディ達が恐ろしい霊現象に見舞われる話。夫妻の登場は最初と最後だけなのでスピンオフ感強し。
    もともとがああいう家なので、お化け屋敷状態になってもあまり怖くない。むしろ楽しい。女の子達も彼氏もみんな顔が可愛い。ダニエラも憎めない。ほっこりホラー。

  • 3.4

    いそっちさん2020/07/10 03:01

    ほぼ家の中での話ながら内容は盛りだくさんで、ちょっとした小道具やTV番組にも興味をそそられるものもあったりして。
    忍び寄る怖さって見てて一番ハラハラするし、狭い空間の中で、いつどこで現れるのかの演出側と視聴者側の駆け引きが想像出来て面白い。
    もちろん映画自体怖いんだけど、後半は畳み掛けて来るしどっかのアトラクション的な感じがして、こんな体験型お化け屋敷あったら人気でそう。

  • 3.7

    げしさん2020/07/10 00:20

    人間ドラマ的なのは今までのなかでいっちゃんすきかも。アナベル二の次でいいレベルで()
    2019てまじか

  • 3.5

    まいこさん2020/07/10 00:17

    悪霊版ナイトミュージアム
    死霊館(アナベル)シリーズ3作目。今までと違ってティーン向けサマーホラー。🐔が1番の被害者。ダニエラのしてることはダメなことで、でも仕方ない気もする。ある意味心が強くて良い子だったな。
    やっぱり死霊館・アナベルシリーズは総じて悪者がほぼいない、家族愛、人がバッタバッタ死なないということもあって安心して観れるホラーだと改めて思った。特に今回はパーティレベルに悪霊が騒ぎすぎていてむしろ明るいどんちゃん騒ぎ映画。でもアナベル自体は激しい動きしてないんですよね🤔

    ウォーレン夫妻がいるだけで物凄く安心感がある。本作もラストのシーンだけで「あれ?これホラーだっけ……」と胸がいっぱいになった。2019年にロレインさんがお亡くなりになったのはとても残念。

    ジュディ役『ギフテッド』のマッケンナ・グレイス、最初黒髪で全然わからなかったけどまつ毛で思い出した。もんのすごく長い。メアリー役のマディソン・アイズマンはマーゴット・ロビーみたいに金髪が超絶似合う。

  • 2.2

    josolenaさん2020/07/10 00:00

    鑑賞中脳内でずっと、となりのトトロのかんたが

    「や〜いおまえんち、おっばけや〜しき〜」

    って言ってました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す