お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

少林問道第33話 禅とは

G 44分

徐次輔の洛陽への視察に同行する明徳だったが、高剣雄が救済用の食糧を民に配る様子はなかった。焦った明徳は梁五を遣わせようとするが、楊秀が現れ皇帝への奏状を渡す。それは高剣雄と倭寇の結託を報告する内容だった。一方、下山を願い出た無想(程聞道)だったが、下山するためには十八銅人の陣を破る必要があった。その無想の前にまず正因が立ちはだかる。正因は銅人を救ってくれた恩に報いるため無想の一撃を受け…。

お得なパック(2)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入220

中国歴史劇中国・台湾・タイドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

ランキングで探す