お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

少林問道第34話 次輔、洛陽(らくよう)へ

G 44分

住職から下山の許しを得た無想(程聞道)は、負傷した体を押して李蓁蓁が待つ宿へと到着し、徐次輔の命を助けたいと告げる。その頃、次輔の到着を待つ岡田は高剣雄を疑いながらも準備を進め、高剣雄も襲撃がどう転んでもいいように策を立てていた。そして明徳が先導する次輔一行が倭寇の潜伏する地点を通りかかる。襲い掛かる倭寇たちの前に現れたのは、無想と無想を追って下山した敗火と正因だった。両者入り乱れての戦いとなるが…。

お得なパック(2)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入220

中国歴史劇中国・台湾・タイドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

ランキングで探す