お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

少林問道第39話 観海(かんかい)大師の衣鉢

G 45分

足が不自由になった楊秀を背負って厳府へとやってきた無想(程聞道)。楊秀に代わって自分が杖刑を受けると告げるが、厳世蕃は棒が折れるほど打ち据えろと命じたため、明徳は無想が息子であることを明かし嘆願する。その告白がさらなる厳世蕃の怒りを招いたその時、敗火が厳府を訪れる。観海大師はすでに入寂されその衣鉢を敗火に託していたのだ。そして敗火に続き、朝廷の使者が訪れ無想を護国大師に封じる内容の聖旨を読み上げる…。

お得なパック(2)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入220

中国歴史劇中国・台湾・タイドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

ランキングで探す