お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

G

乃木坂46に訪れた季節の変わり目の物語

前作『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂 46 待望のドキュメンタリー第2弾。 エースの卒業をきっかけに少女たちは、自分探しの旅に出る――。結成から7年目を迎えた2018年9月。22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。口にするのは”本当の言葉、こぼれてしまった感情”。監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける、いま注目を集めるクリエーター、岩下力。乃木坂46関連ではこれまで、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。だからこそ、先入観や遠慮や忖度などは一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけ、監督の気がすむまで彼女たちの傍らに寄り添った。そうして彼女たちの本音はもちろん、表情や息づかいの変化にいたるまで、余すことなくカメラに収めることに成功した。これは、あなたがまだ知らない、大切な人が変わり行く物語。

詳細情報

関連情報
企画 秋元康:製作 今野義雄:北川謙二,大田圭二,秋元伸介,安齋尚志,エグゼクティブプロデューサー 石原真:磯野久美子,プロデューサー 上野裕平:金森孝宏,菊地友,中根美里,佐渡岳利,ラインプロデューサー 渡辺洋朗:撮影 小暮哲也:岩下力,編集 岩下力:音楽 袴田晃子:熊谷隆宏,塩野恭介,主題歌 乃木坂46:監督補 菅原達郎:河本永,制作担当 宮田陽平
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-12-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46の評価・レビュー

3.8
観た人
3234
観たい人
1107
  • 3.0

    とぽとぽさん2022/01/19 01:48

    メンバーへのインタビュー映像がシュミテクトのCMみたい

    飛鳥ちゃんで始まり、飛鳥ちゃんで終わる --- これはずるい、なんだか最後は"ロス"みたいに無性に切なさ込み上げました…。別に芸能界引退したりして、飛鳥ちゃんにもう会えなくなるわけでもなんでもないのに、なんでかつらくなる。
    西野さん"なぁちゃん"の卒業前後が中心の出来事としてあったけど、飛鳥ちゃん(と与田ちゃん)にスポット当たっていてよかった。飛鳥ちゃん、ひっつくのが好き。最初の方で一人でいる飛鳥ちゃんの様子を捉えて「もう少し話しやすそうな人を探した」というテロップが出たときは"オイこら!"と思いましたけど、それも意味あり。与田ちゃんは野生児。大園さんの素直さに、飛鳥ちゃんの距離感も最高。「なんか…なんか……乃木坂も悪くないと思った」ジーン、笑いながら目頭熱くなりました。地元苦手なのに地元の成人式出るなんて、なんか飛鳥ちゃんっぽくて好き。親孝行だって聞いたから。しっかりと向き合うところ。自分はそれができずいたから、飛鳥ちゃんのことがもっと好きになった。たくさんの一人ぼっちの共感を呼び起こすだろう共通性。成人式や旅行があって、まるで一緒に過ごしてるみたいで…終わっちまった。満点です。けどやっぱりそんな人類史上、いや生命体(?)最神推し飛鳥ちゃんが卒業したらきっと今ほどは乃木坂46興味持てないだろうなとも感じた。

    「永遠に誰も卒業してほしくないなって思うくらい」《卒業》って。その二文字は、"ありがとう"、"おつかれさま"、そしてきっと声にならなかった"また会おうね"の連続 --- 次の世代へ。
    自身初乃木坂(というかアイドル全般?)ドキュメンタリーの感想は、歯磨き粉シュミテクトのCMみたいなインタビュー映像だった!今見るとここにはもういない人たちがきて、卒業や青春について自ずと考えをめぐらす。思いを馳せる契機となった。当たり前だけどスポットライトの裏でも回るカメラ、乃木坂って中間や出来事がもうズルいくらい青春だな〜ぎゅっ、ぎゅっ。グループの力ってすごい。なぜ彼女たちは泣くのか?時は流れる、かくも残酷で平等に。歴史の重み、紡がれてきたものを感じる。例えば"裸足でSummer"のMVを見て最強布陣だな〜って思ったり、例えば"帰り道は遠回りしたくなる"で西野さんを姉のように慕っていた与田ちゃんがセンターを務めたりすること。"帰り道は遠回りしたくなる"は素直に曲として好き。"卒業したら役者/演技やりたい"お芝居の道にみんな進みたがる・美男美女(とりあえず)役者なりがち理論それ自体は、映画好きとしては複雑な気持ちにもなるけど、西野さんは撮影現場でも乃木坂のライブスタッフ等においてもしっかりと配慮していてよかった。そして、今現在直近の卒業と言えばやっぱり、人として大好きで全力で友達になりたいタイプの生田さん。振付の先生Seishiroさんがいい!衛藤さんからかっきーや4期生へもよかった!!

    「飛鳥と七瀬のセンターポジが多いので」
    「仲がいいわけではないんですけどね、別に。難しいんですよね、大薗先輩とは」「それやめて」最高!
    「自分のことあんまり知られたくないって思っちゃう」
    好きだから、嫌われたくないから「期待しない」
    誰もが同じ未来を見ているとは限らない
    「また背伸びたんじゃない?」。ただただ好奇心
    「待ってるよって言ってくれることが私にはすべて」

  • −−

    じわたねほさん2022/01/18 23:53

    初のドキュメンタリー

    これがどこまで本当なのかよくわからないけど😅
    いくまなの仲良さそうな様子がよかった

  • 4.0

    でヤスさん2022/01/17 22:35

    確か当時映画館で見たけど見直し。
    バイトの休憩中に喫煙所で涙流しながら見ていたのは私です。
    アイドルと言う職業あるいは、芸能の仕事におけるアイドルと言うカテゴリーは一体なんなのか?モデル?歌手?タレント?全て含んでる様に思える。表現の世界なら自由に自分の思い通りにできるかもしれないが、グループという組織の中での個人は難しいだろうなと、勝手に会社員だった頃の自分と紐付けてみてしまった。大きな違いはその組織への愛情があること、その組織の他個人を尊重しているところ。それが大事だって初めて知ったわけじゃないのに、気付いたらそんなこともわからなくなってしまってた。
    期待していた以上の結果に対する、運命や必然の様な、誰の頑張りでもない力のおかげという考え方がなんだかとても羨ましく思えた。これが「日頃の行い」とかなのかな?
    まとまらなくなってしまったけど、つまりは西野七瀬がずっと可愛いし、西野七瀬好きになって乃木坂好きになった自分ナイス。

  • −−

    えくりさん2022/01/16 22:06

    成人式と同窓会の飛鳥ちゃん、なぁちゃんのひとりよがり、かずみんの涙をバックにかかるシンクロニシティ、家で涙を流す与田ちゃん、色んな場面が印象に残った、、、、
    見ながら色んなことを考えさせられたし綺麗なものだけ見て生きてはいけないんだな〜ってぼんやりと理解しつつもやっぱり綺麗なものだけ見ていたいと思っちゃう部分もあった

  • 4.0

    カシムさん2022/01/16 06:00

    良かった。飛鳥ちゃんの貴重なシーンが多く、見入ってしまった。当然、他のメンバーもだけど。
    監督は飛鳥ちゃん好きね。

  • 3.0

    ともぞーさん2022/01/15 14:21

    アイドルに興味がなかった監督が撮影を依頼され、何を撮ればいいのか分からず断ろうと思った。というコメントが冒頭で表示される。その後撮影を決意して第1章で出てくるコメントが「彼女達は仲が良い」。
    素直に撮影諦めて断っとけよお前。

  • 3.5

    三太さん2022/01/14 14:46

    前作は未見ですが、たまたまアマプラで鑑賞
    監督さんが、乃木坂のことを知らずにカメラを回してみたとのドキュメンタリーでした。
    西野の卒業と齋藤飛鳥の里帰りを軸に進んでいきますが、特に西野の場面ではただただ裏場面を撮った映像を繋げただけに感じられ、とっちらかった感ありました。
    いろいろなメンバー映っているので、乃木坂ファンは見て間違いはないと思います。

  • −−

    ミミックさん2022/01/14 00:22

    乃木坂の、というより密着を始めた監督が乃木坂を知っていくドキュメントみたいな感じ。
    大勢の少女たちがいるグループで彼女たちの上下関係から関係性、今のグループの立ち位置やら次の目標などを把握するだけで一杯一杯なんだろうな。
    表も裏も常に人目にさらされるアイドルという職業は本当に夢の世界に生きる事なんだな。そうでないと正気を保てないのかも。
    だからこそ常に素の状態の大園桃子とか同窓会に顔を出す齋藤飛鳥の場面が印象に残る。

  • 4.4

    猿の剥製さん2022/01/08 13:42

    13枚目まで精力的に現場に行っていました。
    オタ卒してからも乃木坂はずっと大きな存在。
    最初から今まで七瀬単推し。

    おニャン子、娘。、本店とは違う山を登り、頂に立った乃木坂ちゃん達。

    まいまい、ななみん、ひめたん、まりっか、生駒、若。
    乃木坂らしい儚くて切ない、長年ファン人気No.1の西野七瀬。
    みさみさ、キャプテン、まいやん、かずみん、いくちゃん。

    1期生がほぼ消えてしまった2021年1月。
    2時間ほぼ泣きっぱなし。

    レコ大連覇と紅白連続出場という、世間における乃木坂黄金期。
    七瀬の卒業で終われば本当に綺麗で5.0つけてた。

    飛鳥次期エース路線の頃に企画・製作したんだろうけど、3期4期体制の今となっては終わり方が物足りない。

    成人式と同窓会の飛鳥とか、バスラと外仕事両立のいくちゃんとか、帰省で泣く与田ちゃんは興味深いけど、今回に関しては蛇足かなー。

    そのあたりは別の映画なり番組で取り上げてもらって、乃木坂全盛期の象徴だった西野七瀬をとことん深掘りして欲しかった。
    ティッシュ配りで泣くとこと、真夏さんとの確執は絶対に入れた方が良かった。

    史上ワースト不人気メンの和田が全く映ってないのは素晴らしい。
    不遇の2期生が今作でも全くフィーチャーされいのは気の毒。

    ゴンゾウのお散歩は草🐐

  • 4.0

    こっこさん2022/01/06 23:00

    映画館で一度観た作品だけど、アマプラで観れるようになったと聞いてさっそく。大園桃子ちゃんの乃木坂も悪くないなって言葉に感動して、涙。生きてると大変なことがたくさんある。それでも、人生悪くないなって思える瞬間はたしかにあって、それって素敵なことなんだと思い返された。メンバーの皆さんも写し方、切り取り方も美しい映画だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました