お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

G

乃木坂46に訪れた季節の変わり目の物語

前作『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂 46 待望のドキュメンタリー第2弾。 エースの卒業をきっかけに少女たちは、自分探しの旅に出る――。結成から7年目を迎えた2018年9月。22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。口にするのは”本当の言葉、こぼれてしまった感情”。監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける、いま注目を集めるクリエーター、岩下力。乃木坂46関連ではこれまで、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。だからこそ、先入観や遠慮や忖度などは一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけ、監督の気がすむまで彼女たちの傍らに寄り添った。そうして彼女たちの本音はもちろん、表情や息づかいの変化にいたるまで、余すことなくカメラに収めることに成功した。これは、あなたがまだ知らない、大切な人が変わり行く物語。

詳細情報

関連情報
企画 秋元康:製作 今野義雄:北川謙二,大田圭二,秋元伸介,安齋尚志,エグゼクティブプロデューサー 石原真:磯野久美子,プロデューサー 上野裕平:金森孝宏,菊地友,中根美里,佐渡岳利,ラインプロデューサー 渡辺洋朗:撮影 小暮哲也:岩下力,編集 岩下力:音楽 袴田晃子:熊谷隆宏,塩野恭介,主題歌 乃木坂46:監督補 菅原達郎:河本永,制作担当 宮田陽平
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-12-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46の評価・レビュー

3.8
観た人
2759
観たい人
1053
  • −−

    ひょうごさん2021/06/11 04:17

    感情ごとぶつかっていけばズタズタ傷つく
    すべての自分をぶつけることが、グループの色になる
    でも自分の別のことに興味を持って巣立つことにも自分がある 思考は自由 誰かが制限するものじゃない
    でも残される人がいて、先に進む人がいる その当たり前ながら大事な人生の岐路をそれぞれがそれぞれの思いを抱えながら進むしかない 時間は止まらない

    乃木坂オタクだった頃、見てたものは彼女たちのアイドルとしての表面だけしか見てなかったんだなと後悔してる

    それぞれ推してたメンバーの、あの頃感じてた思いと過去の自分の視線の違いに泣きたくなった 十人十色の乃木坂へ入った経緯と入ってから感じるお互いにというよりグループに関しての様々な感情

    卒業していく人たちはその10人どころかファンを合わせて1000万(もはや数えられないほど大きくなった)人以上の複雑な感情を一身に背負って袂を分かつ

    どんな世界でも成長していくんだな

    アイドルだけじゃない 人間を見る時、自分に見えるのは相手の表面だけ
    その内面はつゆ知らず、そんな関係であっても全てを見ることはできないもどかしさを抱えながらお互い関係を築いて生きる
    もっと人を見て、かけがえないその瞬間を大事にすべきなんだろな

    ちなみに映画的にいえば3人が中心にありすぎて、他のメンバーの色がわかりにくかったところはある
    けど、単純に全員にフォーカスすることはできないわけで、残されるもの、離れるもの、近くで見ていたものの三者の視点があって、他のメンバーの思いを挟むだけでも、全体的なグループの"思い"そのものを映すことはできてたんじゃないかと思う
    あしゅとなーちゃんとよだちゃんにフォーカス当ててくれてありがたかった 単純に推しではあったけど、共通して何を思って感じているのか分からない人達だったから、その掴み所のなさを代弁してくれてた そこが魅力でもあると思うけど

    涙の意味 考えれば考えるほど、どんな人間も愛おしく思えてしまう

  • 3.0

    Aoyaさん2021/06/06 08:54

    乃木坂を知っていることを大前提に物語は進み、何を撮るかを決めていないところから出発したために、映画として成立させるために数名のメンバーに焦点が当てられ作り上げられている。が、そのせいで偏りを感じずにはいられないし、どこかとっ散らかった印象を受ける。

    推す視点と推される視点との間にある、妙な期待。そこに邪な気持ちが無意味に存在している。

  • 3.0

    わさびびびさん2021/06/04 15:50

    乃木坂が好きなので楽しめました。
    演出がちょっとキザったらしいなとは感じましたが、泣いたりしつつ頑張ろうと思える映画でした。
    乃木坂を知らずに映画として観るのには向いてないです。でも、逆に乃木坂が好きで彼女達の卒業をリアルタイムで追ってた人には、裏で何を感じているのか、何を思ってアイドルをしてるのか知れて、推しへの理解が深まりました。

  • 3.0

    夏さん2021/05/30 13:14

    そんなにおもしろくなかった。
    特に西野七瀬、与田祐希、齋藤飛鳥にフォーカスが当てられていた印象。
    乃木坂46というグループが世間にまあまあ認知されてからの密着撮影だった。

  • 2.0

    ゆめさん2021/05/29 21:11

    ドキュメンタリーというか、"卒業"がテーマのフィクション映画みたいだった。
    みんなセリフの様な綺麗な言葉を並べるなあという印象。

    集団行動をするうえでの、個々のキラキラした部分だけを中途半端に詰め込んで、エモい(それっぽい)テロップいれて繋げましたみたいな…

    乃木坂は好きです。
    星野みなみちゃん好きには退屈だった🥱

  • 4.0

    マーカスさん2021/05/23 19:42

    ドキュメンタリーof乃木坂46の第二弾。

    トップアイドルとしての地位を確立した乃木坂46。前作の作品に比べて起伏が少なく感じた。とはいえ良かったよ。これもファンじゃない人に見て欲しい。


    個人的には齋藤飛鳥が成人式の2次会にこっそり参加したときの男共がキツかった。見てらんねーって感じでこっちが恥ずかしかった。

  • −−

    塩さん2021/05/23 10:49

    涙がとまらなかった。ずっとずっと大好きです。
    アイドルになってくれて、乃木坂を守り続けてくれてありがとう。
    一生幸せでいて下さい。

  • −−

    premiumgalさん2021/05/19 00:22

    ガチ鬼バカ泣き 1/4は泣いてたね…

    こういうことを思う自分が恥ずかしすぎて、今まで自覚すらできてなかったんだけど、女性アイドルを観るのが本当に苦手だった。でも最近少しずつ克服してきてて嬉しい。この調子でいろんな女性アイドルを応援していけたら嬉しいし、きっと楽しいと思う。

    てか「同じ思いで女性アイドルが苦手な人とかいないかな…」と思って検索してみたらガルちゃんしか出てこない。もっと…下品でない意見が聞きたい…

  • 4.0

    リョウさん2021/05/16 17:39

    乃木坂ファンじゃないほど、感動出来る映画だったと思う。
    大園の「乃木坂もそんなに悪いところじゃない」っていうコメントが一番心に残った

  • 3.0

    じゃがしゃがさん2021/05/13 22:58

    齋藤飛鳥の人間性がこんなに魅力的だったんだってことを初めて知った。仲良しグループの中にいて、唯一と言っていいほど、グループのことを、自分のことを俯瞰で見ることができて、それを言葉にできる力。地頭が良いことがすごくよく分かる。

    アイドルには必ず卒業が付き物。アイドルを描いた作品やドキュメンタリーには必ずと言っていいほどその場面が登場する。果たして、本当に卒業は必要なのか。
    秋元真夏が、実家のように一旦外に出て行ってまた戻れる場所にすればいいと言っていたのが印象的だった。
    しかしながら、消費され続けるアイドルである以上、アイドル=刹那の輝きであり、流れ星と同じだ。終わりがどこにあるか分からない存在だからこそ、人並以上の輝きが得られる。

    輝く流れ星とは真逆の存在に憧れを持っている齋藤飛鳥にとても惹かれた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す