お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アルファ 殺しの権利

G
  • 字幕

食うか食われるか、マニラのドラッグウォーは本物だ!

家庭では、良き夫、警察署内では情報班の班長であるエスピノは、情報屋イライジャの手引きで、麻薬組織の大物アベルを逮捕すべく、SWATと共に現場に乗り込む。激しい銃撃戦の末、組織は壊滅。しかし、エスピノは別の顔があった。証拠品の覚せい剤入りバッグを横取りすると、それをイライジャに闇ルートで転売させていたのだ。やがて、紛失に気付いた署内では、証拠品捜索が始まり、エスピノは追及から逃れるためにさらなる悪に手を染めてゆくが――

詳細情報

原題
ALPHA THE RIGHT TO KILL
関連情報
プロデューサー:カルロ・ヴァレンソナ 編集:ディエゴ・マルクス・ドブレス 音楽:ディワ・デ・レオン
音声言語
フィリピン語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
フィリピン
対応端末
公開開始日
2020-01-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪洋画ランキング

アルファ 殺しの権利の評価・レビュー

3.5
観た人
98
観たい人
200
  • 3.7

    こたつむりさん2021/04/08 13:35

    ♪ GO!! Fuck up! Go fuck yourself!
      Lift up your middle fingers.

    乾いた過激。
    題材はフィリピンの麻薬戦争。
    極力まで音楽や台詞を排除。
    積み重ねる独特な視点の映像。

    突き刺さる刺激。
    狭い階段。薄暗い部屋。
    ゴミの向こう側にある居住スペース。
    彼らが住む場所は実際に存在するのだろう。

    圧倒的なリアリズム。
    貧困層は紙おむつもバラ売り。
    裕福な立場に居れば富は増える一方。
    社会的な地位も向上し続け、未来予想図に笑顔が零れる。

    まるでこれはドキュメンタリー。
    特定のモデルはいない?嘘だ。
    使われるだけ使われて捨てられるゴミのように、いやゴミならば悲しみを抱かないゴミならば泣くものはいないゴミならば…。

    だから、憎むべきは犯罪でも麻薬でもなく。
    この社会を構成する要素。この枠組みが変わらなければ、命が命が命が。散っても切れても弾けても。何も変わることなくマンゴーの中に覚醒剤が埋め込まれて1㎏幾らで売り買い成立毎度ありと言われて終わる刹那の光。

    この荒廃した現実から目を背けるな。
    待ち受ける暗い未来に背を向けるな。
    一握りの勝ち組。大勢の負け組。
    それを分かつ線は正しいのか間違っているのか考え続けろ手を動かせ足を動かせ指を伸ばせ。監督さんは雄弁に語るよりも映像を突き付ける。

    まあ、そんなわけで。
    “自己責任”という言葉に浮かれる前に観るべき作品。

    食物連鎖のように命はグルグルと廻り続けるわけで、そこに勝者も敗者もなく、誰もが誰かに食べられるのが必定だから、一瞬の快楽を求めて他者を踏みにじれば、気付けば自らの命もひらりひらりと便所に散る花弁のように。

    なお、娯楽要素はかなり低いと思われ。
    B級映画大好き映画雑誌で目にしたため「血飛沫肉片バイオレンスうきききき」な作品だと思って臨んだのは大きな間違い。勿論、悔やむべきは己。血反吐とともに座して反省いたす。ごーん。






  • 3.5

    ソガさん2021/02/02 08:58

    この映画はフィクションだが事実と偶然一致する

    ドゥテルテ大統領の麻薬殲滅政令の元、警察官エスピノはスパイのイライジャを送り込み、麻薬組織の一網打尽作戦を決行した。しかし、エスピノもまた、組織を出し抜き奪い取った麻薬をイライジャで売り捌く汚職警官だったのだ。そんな彼ら2人の生活から末路までをドキュメンタリー風に追っていく。

    ジャケット詐欺をくらってしまったが、中々面白かった。
    普通の家に住んでて娘が2人居るエスピノ、対してゴミ溜めみたいな場所で赤ん坊や奥さんのために必死で暮らすイライジャとの対比がエグい。

    伝書鳩を使った密輸にはびっくりした

  • 4.0

    森田和敬さん2020/10/18 16:55

    ジャケットからして劣化版ザ・レイドみたいなB級アクションかと思ったら
    なかなかのクライム・サスペンスだった
    だからこそ
    アッサリすぎたラストが惜しかった

  • −−

    あやあやさん2020/04/08 23:24

    普通の人に見えても裏では悪に手を染めている、というよくある話ではあるけれど、何かが足りない気がする。

  • 3.8

    汚れた乳さん2020/04/05 16:29

    突入の場面までの再現性凄いわ。
    メンドーサってどうやって演出つけてんだろう。
    この作品で恣意的なのは刑事が何者かに襲われた事に関してボヤかしてるのと、サツのイヌが殺される前に彼の弱者ぶりをあえて強調してるとこぐらいかな。
    ハトのくだりはとりわけ面白かった。こういう爆心地のリアリティは重要。

  • 3.5

    ニハルさん2020/03/15 21:15

    おそらく初?フィリピン映画なので鑑賞。

    フィリピンの汚職警官の視点で話が淡々と進んでくのがいいですね。警官にもタレコミ屋にも生活や守るべき家族があって、アメコミヒーローみたいな正義感だけで仕事をしてる人なんてそうそういないんだな。

  • 3.0

    BoltsFreakさん2020/02/23 22:29

    どの国にもいる汚職警官の話。
    フィリピンの日常生活(と言っても底辺レベル)が見れたのはなかなか面白かった。

  • 3.8

    イワシさん2020/02/01 21:46

    麻薬組織のアジト強襲作戦が展開される夜のシークエンスは手持ちカメラのデジタル画質とフィリピンのスラムの風景も相まって『ブラックハット』を連想する。内通者が麻薬を小分けし、鳩の足に括り付け、検問のある街区を移動し、鳩を回収するまでの長めのシークエンスが良い。

  • 4.1

    eigajikouさん2019/12/12 18:51

    東京フィルメックス2020
    で上映されたドキュメンタリー映画アリックス・アイン・アルンパク監督『アスワン』が描いたドゥテルテ大統領による麻薬の売人や使用者をその場で射殺してよいという超法規的殺人指令が実行される状況。
    情報屋を使って捜査した売人の麻薬を奪う警官がアレン・ディゾン演じる主人公。アレン・ディゾンはメンドーサ監督の『ミンダナオ』では主人公の夫の真面目な軍人役。『ミンダナオ』は一般公開されればいいと思うのだけど。

  • 2.5

    てるるさん2019/12/09 08:12

    のむコレ2019第3弾。

    フィリピン警察の闇を描くクライム映画。

    オープニングで麻薬組織のアジトを急襲する警察やSWAT。
    その時点で同じフィリピン映画のバイバストとかザ・レイド的な映画かと勘違い。

    急襲シーンはあっさり終わり。
    その後は汚職デカが盗んだ麻薬とカネを巡る顛末を淡々と描く。

    カメラワークはドキュメンタリータッチで臨場感溢れてるのに、淡々としすぎていつ盛り上がるんだコレ…と思ったら終わってた。
    誰にも感情移入出来ないのでハラハラもドキドキも無し。
    ラストもあっさりしすぎ。

    麻薬の持ち運びに伝書鳩を使ったり、フルーツの中や赤ちゃんのオムツに忍ばせたりするとこだけ面白かった。

    エンドロールで「これは実在の事件と似てるけど偶然です」的なテロップ入ってたけど、実話ですってやるとフィリピン警察に狙われるんだろうか?
    そっちのほうが闇を感じるわ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す