お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

007 ゴールドフィンガー

G
  • 吹替
  • 字幕

007シリーズ第3弾。欧米では最も支持されている、これぞボンド映画の神髄!

イギリスの金が大量に海外に流出。ボンドはその黒幕とされる“ゴールドフィンガー”に接触を試みる。彼は世界有数の金保持者で、自分の持つ金の価値を高めるためにアメリカの金を核汚染させようと企んでいたのだ……。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

007 ゴールドフィンガーの評価・レビュー

3.5
観た人
7168
観たい人
1621
  • 3.6

    よんさん2022/01/16 20:47

    007てこんなに長くシリーズ続いてるのに、毎回なんだか、良くわかんないんだよね。そこが良いのかな。だって、ボンドカー、あんなにスイッチがあって説明されても、同じスイッチなら、どれがどれかわかんないじゃん。印付けてよ。一回じゃわかんない。
    でも、毎回使いこなすボンド。全て使い切るね。
    でもでも、なーんか捕まっちゃったり。
    そこは人間的って言うのかな。
    これは奥が深いってこなの?微妙です。

  • 3.8

    ネモタスさん2022/01/16 18:46

    展開もボンドが女性を魅了するのもはやくて飽きない。
    帽子投げのオッドジョブはキャラが立ってて最高なだけに、肝心のゴールドフィンガーの影が薄くなった気がするけど楽しめた。
    曲もオシャレで好き。

  • 3.5

    ディープなつまみぐいさん2022/01/16 09:55

    1964年作品。ジェームズ・ボンドのオープニングが確立された作品。アストンマーチンもこのここから。ショーン・コネリーが変わらずいい。

  • 3.8

    TakejirouNakamaさん2022/01/13 18:20

    2022 1.13 鑑賞
    吹替版
    若山弦蔵の声を聴いてると、ショーン・コネリーの声を忘れてしまいそうになる。
    シャーリー・バッシーのタイトルソングを良く聴いたなあ~❗️

  • 3.8

    ひゅーぽんちさん2022/01/11 20:25

    シリーズ3作目。ここからオープニングソングの演出が始まります。
    トレードマークのアストンマーチンも本作からデビュー!
    ストーリーはより派手になり、敵もより強く、魅力的になっています。
    美女の金箔死体が印象的な作品ですが、あれってなんか意味があったのか?...

  • 3.0

    Jeanneさん2022/01/10 18:37

    貫禄ありまくりスマートなコネリーボンド。登場コントみたいでめちゃくちゃ笑った。
    60年前の考える最新技術が微笑ましくなっちゃうのも魅力。アクションの絶妙に躍動感ない感じも好き

  • 3.0

    yutaさん2022/01/09 22:52

    「007」シリーズの第3作目。監督はガイ・ハミルトン監督。

    メキシコでの任務を終えたジェームス・ボンド(ショーン・コネリーさん)は、マイアミへ移動しCIAのフェリックス・ライター(セク・リンダーさん)と再会する。滞在するホテルでオーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベさん)のカード賭博のイカサマを妨害したうえ、ゴールドフィンガーの愛人ジル・マスターソン(シャーリー・イートンさん)と親密になる。ところが、ゴールドフィンガーの手下のオッドジョブ(ハロルド坂田さん)に不意打ちされた隙にジルは殺害されてしまう。

    イギリスに戻ったボンドは、Mより金が密輸ルートで大量に国外に流出している件について調査を依頼される。早速、ボンドはゴールドフィンガーの経営するゴルフ場へ向かう。そこで、ゴールドフィンガーに接近したボンドは、彼のロールス・ロイスに発信器を装着し追跡し、そのままスイスへ向かう。

    ゴールドフィンガーが向かったオーリック社の工場へ潜入したボンドは、ロールス・ロイスのボディを18金に替えて密輸したからくりと、更にゴールドフィンガーと手下の会話から「グランド・スラム計画」なる計画を企てていることを知るが、逃走の際にカーチェイスとなり、オッドジョブに捕まってしまう・・・。


    ショーン・コネリーさんが演ずるシリーズで敵がスペクターでない珍しい作品となっています。

    ボンドに関わったせいで犠牲になったマスターソン姉妹は悲惨でした。全身に金粉を塗られて窒息死したジルがベッドに横たわっている姿は印象的でした。

    また、日系アメリカ人俳優のハロルド坂田さん演ずるゴールドフィンガーの手下のオッドジョブは、鋼鉄のシルクハットを武器として、ボンドを苦しめますが、最後は意外にあっけなかったです。あっけないと言えば、ゴールドフィンガー自身も何ともマヌケな最期を遂げました。

  • 5.0

    ちちうえさん2022/01/08 19:22

    映画芸術としては2作目の「ロシアより愛をこめて」が007シリーズの最高傑作との呼び声が高い。作品の品格を考えると質的に最高傑作と推す人が多いのもわかる。

    でも娯楽映画としてみた場合はこの3作目が最高傑作であり、のちの007シリーズの原型を作った記念碑的作品である。

    シャーリー・バッシーのパンチの効いた主題歌。主題歌の前のオープニングの気の利いたエピソード、ちょっとコミカルで大物感のあるボス(ゲルト・フレーベ)と個性的なキャラクターの手下(ハロルド坂田のオド・ジョッブ)、金塊を核で汚染させ金の相場を暴騰させるスケールの大きな犯罪計画、楽しい仕掛けがいっぱいのアストン・マーチンのボンドカー、敵のアジトの会議室の広大なセット、インパクトのある金粉を全身に塗られた美女の死体、などなど。

    帽子で石膏像が切れるのか?とか睡眠薬の空中散布は薄まってしまいあんなにあっという間にバタバタ倒れるほど効果がないのではないか?といった野暮なことは気にせず楽しみましょう。

    残念だったのは、この作品の路線のスケールアップを狙ったはずの次作「サンダーボール作戦」が今ひとつの出来で、次の「007は二度死ぬ」(これはこれで好きですが)で変な方向に大作になってリアリティがなくなりショーン・コネリーも老け始めて、その後はボンド役がジョージ・レーゼンビィ→ショーン・コネリー復活→ロジャー・ムーアと目まぐるしく変わり、ロジャー・ムーアに安定してからは漫画っぽいコメディ・アクション大作路線になってしまった。

  • 3.5

    映画好きだものさん2022/01/08 18:24

    何でも寝技に持ってく007

    昔見たきりだった
    金に塗られて殺された女性
    金箔に全身塗られると皮膚呼吸できない
    それを知ったのはこの映画を見たからだった

    寝技のおかげで
    大量殺人を回避できたから
    さすがっ
    っておい

  • 3.5

    MaiSaitoさん2022/01/08 08:48

    女ったらしだけど仕事はこなすボンドさん

    金で纏われた金髪の美女のインパクト
    金で全身纏われると皮膚呼吸出来なくなるらしい…

    執事が腕っぷしの強い無口で笑顔の東洋人
    怖い……西洋人から見るとあんな感じなのかしら

    毒ガス噴射であんないっぺんに倒れるか?屋内まですぐ広がるの?と思ってたんだけどそういうことねー

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました