お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

007は二度死ぬ

G
  • 吹替
  • 字幕

007シリーズ第5弾。WELCOME TO JAPAN Mr.BOND!

米ソの宇宙カプセルが謎のロケットに捕獲され、軌道上から姿を消す事件が続発。イギリス謀報部はその妨害ロケットの基地が日本にあることを突き止める。ボンドは日本に飛び、日本の諜報機関に所属するタイガー田中の協力で調査を進めるが……。

詳細情報

原題
You Only Live Twice
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
1967
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

007は二度死ぬの評価・レビュー

3.3
観た人
3391
観たい人
813
  • 3.8

    アンジーさん2020/05/21 23:04

    姫路城が時代劇のセットのような風情、今の城は改修工事されてるだけあって綺麗。丹羽哲郎が格好よい描き方、かなり注文したんだろうな。幼少の頃観た印象より、かなり面白い、不思議。

  • 4.0

    EDDIEさん2020/05/12 23:30

    もじもじくん姿のボンドに失笑。相変わらず出会ってすぐ合体のお家芸を披露しながらも、アクションのスケールや見応えはシリーズ屈指!タイガー田中役の丹波哲郎にも要注目。日本を舞台にした007はきっと日本人に思い出深い作品となるはず。

    これめちゃくちゃ面白かったです。
    日本を舞台にしていて、ホテルニューオータニが登場。ほかにも東京タワーや姫路城まで出てきて、東京だけでなく日本各地がロケ地になっているので当時の日本の風景を見るってのもなかなかいいです。

    そして、今回は遂にスペクターのNo.1ブロフェルドが登場!かと思いきやなんかガッカリなぐらい威圧感も何もない変なやつ。むしろあの用心棒のデカいやつの方が印象強かったよなぁ。まさかあのピラニアの池が後にあんな悲劇を生むなんて…きちんと伏線として使われたのが良かったですね。

    それにしても丹波哲郎の演じたタイガー田中は面白い役柄でしたね。日本の公安のトップという設定ですが、とても金持ちでプライベート地下鉄を所有しているという驚き。いや、そもそもそんな奴おらんやろ!というツッコミを入れながらも、あの撮影地は中野新橋駅だった模様。

    今回のボンドは格闘シーンもなかなかに魅せてくれます。レスラーみたいな体格の日本人との攻防は前作同様、部屋の中にあるモノを武器にして殴り合い。ってこの日本人っぽい人も調べてみたら日本人ではなくサモア人。さらなる驚きはピーター・メイビアだったということ!WWE殿堂レスラーでありながら、映画好きにも伝わる言い方をするとロック様ことドウェイン・ジョンソンのお爺様ですな。いやはや、映画に出てらっしゃったとは。
    ボンドガールには若林映子が起用されました。アキというタイガー田中の側近のような存在ですが、ボンドともしっかりとロマンス&合体をこなします。

    あとは本作で凄かったのは空撮ですね!鹿児島県坊津や霧島山新燃岳で撮影されたようですが、多数のヘリコプターが激戦を繰り広げるシーンは迫力満点。CGには頼っていないと思うので、そう考えるとかなり撮影自体苦労したんじゃないかなと想像させられます。

    ほかにもカーチェイスや銃撃戦などアクション満載で見応え十分。ブロフェルドの残念感を除けばかなり満足度の高い作品でした!

    ※2020年自宅鑑賞206本目

  • 3.8

    深緑さん2020/05/10 06:40

    「エキセントリック日本」を前面に打ち出しにきた007シリーズ5作目。

    ストーリーの荒唐無稽具合が半端ない。

    ただ、ブルース・リー映画に通じるような猥雑さとレトロSF的発想の豊かさの共存は、その辺を補って余りあると個人的には評価したい。

    「宇宙船で宇宙船をパックンチョ」の馬鹿馬鹿しさと、宇宙基地内の諸々の造形にベンチャー精神のようなものを感じます。

    本作観賞後に「浜美枝 若い頃」で画像検索した人は私だけじゃないはず。

  • 3.5

    はるのやまさん2020/05/10 01:01

    ジェームズ・ボンドが日本に来ていたことを知ったら見るしかない。
    007シリーズにしては砕けた部分?が所々にあった。ショーン・コネリーよりも丹波哲郎の方が渋いと感じるくらいには。また、今作はガジェットが少なめ。「武器です!」と言わんばかりのものが多く登場する。
    日本を舞台にした映画といっても、日本の監督と海外の監督では撮る視点に違いがあって面白い。相撲や剣道のような日本の文化を前に出してくる。「海外から見た日本」をこれほど分かりやすく観られる作品は無いと思う。

  • 1.5

    Perryさん2020/05/09 16:21

    おぉ今回は日本ですか。
    おやおやボンドさん、漁師姿がシュールでおもしろいですこと笑
    姫路城はいいけど、日本=忍者の思考よ。

  • 3.6

    MomokoNawaさん2020/05/07 16:42

    ・忍者の訓練のくだりがださい笑
    ・お風呂でのシーンは女性軽視だなーって思った。時代ですな。
    ・ジェームズボンドが日本人になるのなかなか無理がある笑
    ・日本人美女の目がみんな綺麗
    ・だんだん仕掛けがパワーアップしていってるから面白くなってきた

  • 5.0

    松岡茉優さん2020/05/05 17:50

    12.3年ぶりの再見。まさかの宇宙から始まる007。日本が舞台だが、相撲、忍者、トヨタ(2000GT)、城、阿蘇山といいとこ取りでやっぱり凄い。障子は破られるためにある!丹波哲郎がめちゃめちゃカッコよく見えます。

  • 3.3

    こたつとミカンさん2020/05/05 17:33

    がっつり姫路城!!
    なんか、いつも敵と味方がよくわからんくなるなー。利害もよくわからん・・・
    脚本もなんか粗いところが多いし。
    でもまあ、それも込みで007なんかなー。
    そしてスペクターが初めて顔出ししたな。
    まあ、作品的にはたぶん特筆するところの少ないやつかや?

  • 3.2

    なつこさん2020/05/04 16:05

    水中の次は宇宙!で、舞台は日本。
    何でもアリの007w

    冒頭で007が射殺される。
    オープニングタイトルを見ながら、もちろん死んでるわけがないボンドの事を「さて、これはどんな仕掛けなのかな?」と考えるのが楽しい。

    武器を全部披露してくれるのが嬉しい♡
    しかし忍者って。
    途中から忍術じゃなくて武道だしwww
    日本語はケンブリッジで習ったと言ってたのに、全然日本語を喋らないしw

    ウルヴァリンの時も思ったけど、自国が舞台だとツッコミどころ多すぎて、隙だらけのコメディに見えてくるのでダメですね(笑)

  • 3.1

    サイトーさん2020/05/02 13:31

    ステレオタイプな日本に失笑する部分もあるが、007が日本に来てくれただけでありがたい。
    登場はあまり多くはないが、2000GTがカッコいい。
    2020|102

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す