お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

007 トゥモロー・ネバー・ダイ

G
  • 吹替
  • 字幕

007シリーズ第18弾。アクションシーン満載のピアース・ブロスナン=ボンドの代表作!

世界の情報を操作し、第三次世界大戦を誘発させようと画策するメディア王カーバー。ボンドは中国とイギリスの衝突を阻止すべく、カーバーの元へ潜入。そこで出会った女スパイウェイ・リンと共に、ボンドは巨悪に立ち向かう!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

007 トゥモロー・ネバー・ダイの評価・レビュー

3.4
観た人
6342
観たい人
1021
  • 3.4

    で815さん2021/04/04 10:16

    前作同様、明快な構図と展開、テンポもそこそこ良い。アクションありカーチェイスありの王道娯楽作品。007シリーズ知らなくても楽しめる。

    Qのガジェットもしっかり活用されているのが嬉しいし見ていてワクワクする。

    敵陣営のリモート会議、タッチパネルでのボンドカーの遠隔操作など、公開から20年経た今となっては当たり前の技術が出て来るのは興味深かった。

  • 3.8

    シャロンさん2021/04/03 23:50

    より現代的になったメディア王の悪役

    ボンドカーやボンドガールとのバイク演出しかり派手さは薄いが細かいガジェットが好き

  • 3.5

    映画っていいなさん2021/03/27 06:28

    敵のカーヴァがみっともない。
    しかし、ボンドガールが、
    初めてボンドと対等にアクションするという画期的な作品。

  • 3.6

    hayashigeさん2021/03/20 19:29

    ピアース・ブロスナン第二弾‼️
    主題歌はシェリル・クロウ🎤
    悪役カーヴァーは、実在のメディア王ロバート・マクスウェルとルパート・マードックをモデルにしてるとか⁉️

  • 3.3

    Maoryu002さん2021/03/20 07:31

    メディア王のエリオット・カーヴァー(ジョナサン・プライス)はステルス船とGPSをコントロールする兵器で戦争を引き起こす。M(ジュディ・デンチ)の指令を受けたジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は中国の国外安保隊員ウェイ・リン(ミシェール・ヨー)とともにステルス船に乗り込み、戦争へのカウントダウンを止めようとする。

    メディア王にステルス船、GPS、フル装備のBMXとかなり近代的な印象だが、それでもやはり007らしいアクションとストーリーは良くも悪くも揺るぎない。
    それなりに面白いけど、のめり込むような魅力はなかった。

    銃撃戦がけっこう派手だが、「ダイ・ハード」へのオマージュ(真似?)を思わせるようなシーンが多いのは気になった。
    アクションではヘリとバイクのチェイスがなかなか見どころがあった。

    改めて主演のピアース・ブロスナンは男らしさ、アクション、笑いとバランスの取れたキャラクターだ。
    一方、ボンドガールは今ひとつ魅力がなく、どんなに活躍しても結局、女性は人質というお決まりの展開に埋もれてしまっていた気がする。

  • 3.3

    zoso30さん2021/03/19 23:19

    ピアース・ブロスナンの007第2作目、007シリーズでは通算18作目。
    ブロスナン1作目と趣き変わって、これはまずまずの面白さ。
    ボンドガールはミシェル・ヨー、東洋らしい雰囲気が中盤のバイク・チェイス場面にもマッチ。「M」は前作から登場のジュディ・デンチ。

    物語は、ロシア国境での武器マーケットの風景から始まるが、やはりこのマーケットにジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)がいる。そして武器マーケットを破壊しながらジェット機で脱出するあたりはなかなかのアクション。
    一方で、船がドリル攻撃で沈没させられてミサイルが盗まれる。これはメディア操作している大物カーヴァー(ジョナサン・プライス)の仕業だった。そのため、Mはボンドをカーヴァーのパーティに銀行員として仕向ける。…ピアース・ブロスナンの銀行員?(笑)
    そのパーティでボンドは以前関係した女性(テリー・ハッチャー)に再会するが、彼女はカーヴァー夫人となっていた。…このテリー・ハッチャーなる女優はとっても綺麗なのでボンドガールでも良かったと思うのだが。。。
    そして、ボンドは、中国国外安保隊員ウェイ・リン(ミシェル・ヨー)と共同でメディア王カーヴァーに挑んでいく。

    本作のキモとなるのは「いろんな仕掛けのあるBMW」であろう。この仕掛けが、駐車場でBMW攻撃された時とか、その後のリモート運転&カーチェイスに活きてくる。

    また、バイクで逃走するボンドとリンをヘリコプターが追跡するシーンもなかなかの面白さ。街並みは『ボーン・アルティメイタム』を思い出させる雰囲気だった。

    海中の船中でのバトルシーンなどは若干照明が暗くて迫力欠けて、惜しい気がした。
    全体的にオリエンタル雰囲気漂うブロスナン007第2作目であった。

  • 3.5

    ふかわりゅうさん2021/03/17 23:10

    めっちゃ久々の007。
    相変わらず冒頭の掴みにはいつもかまされる!
    ただ、007シリーズはいつも終盤手前で少し中弛みしてしまうんだよね、なんでだろう。

    町でのアレコレはちょっとやりすぎかな、、町に迷惑かけすぎだよね。
    流石にはしゃぎすぎだよって呆れました笑

    バイクアクションは迫力あって良かったし、遠隔からBMWを操作するのもイケてた!ピアース・ブロスナンの片手で銃を撃つサマがとにかくカッコいい🥷

  • 3.2

    もーーーさん2021/03/17 13:11

    vsメディアおじさん。

    なぜかは分からないが、他の007に比べるとあっさりしてた印象。

    バイクアクションは迫力満点だったが、どうしても現地の人々迷惑だろうなぁ〜と考えてしまった。

  • 3.9

    ひかるんさん2021/03/11 23:12

    ピアース・ブロスナン版007の中で一番好きです!!

    特にボンドカーが大活躍する駐車場のシーンは必見です!
    前作よりパワーアップした、ド派手でかっこいいアクション&頭の中空っぽの状態で楽しめる、わかりにくさのない王道ストーリー。まさに娯楽映画です。

    ピアース・ブロスナン版007の2作目ですが、3、4作目のストーリーはわりと真面目路線な気がします。ダニエル・クレイグ版007も同じように真面目な物語ですし、純粋に娯楽映画と呼べる007映画の中では(ピアース・ブロスナン版とダニエル・クレイグ版しか見たことないですけど)今作は最高傑作だと思います。

  • 3.5

    Axrsさん2021/03/10 04:59

    フェイクニュースで世界を翻弄した男はフェイクニュースに幕を閉じる

    ボンドガールのアジア系の人が強くてカッコいい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す