お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

007 カジノ・ロワイヤル

G
  • 吹替
  • 字幕

シリーズ21作目にして初の金髪のボンド!ダニエル・クレイグ初登場作品!

暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金運用をしているル・シッフルの存在を突き止める。高額掛け金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、モンテネグロに向かうボンドの前に、国家予算である掛け金1,500万ドルの監視役として財務省から送り込まれた美貌の女性ヴェスパー・リンドが現れる……。

詳細情報

原題
Casino Royale / You Asked for It
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

007 カジノ・ロワイヤルの評価・レビュー

3.9
観た人
31085
観たい人
6796
  • 4.5

    K2さん2020/05/28 12:57

    恥ずかしながら007シリーズ初観賞。最初にこれ見てよかったのかな。
    面白い!けどなげぇな。笑
    映画2,3本見たくらいのボリューム感。

  • 2.5

    Perryさん2020/05/28 01:22

    ボンドさん、走る走る。笑
    敵のよりも悪人顔だが、カッコいいから許す。
    スマートさに欠けるが、カッコいいから許す。
    これからもっと成長をしていくんだね!!

  • 3.0

    雄さん2020/05/26 19:40

    ポーカー

    序盤の鬼ごっこで面白い〜〜ってなったけどその後はあんま楽しめなかった

    OPのアニメーション良い

    吉良吉影みたいなことするダニエルクレイグが見れます

    単語がやけに難しい、、

  • 3.4

    カンパッチーさん2020/05/26 09:47

    まだまだミスが多いボンドだけど、この色気ムンムンさは他のボンドにはない魅力!
    しょっちゅう死にかけるし、荒削りなボンドですが、今回は恋愛要素が意外に重きに置かれてるのも印象的。
    ル・シッフルも不気味だったけど、拷問とかイマイチな弱さだったかな、タマ痛そうだけど。最後の畳み掛ける展開は良い!

  • 4.6

    ハルさん2020/05/24 23:46

    オススメ映画第28位
    面白かった!流石シリーズ最高傑作と呼ばれる出来。出だしのとんでもないアクションから引き込まれ、ボンドの度重なるピンチにハラハラし、その人間臭さが非常に良かった。ハッピーエンドと思ったがまだ時間が残っていたので何だろうと不思議に思っていたがやはり急展開。ダニエル・クレイグ超格好イイ。シリーズ続きが見たくなってしまった。ハマりそう。しかしよく走るね〜。11月公開のNo time to dieまでにダニエルボンドを全部見ておくかっ。

  • 3.8

    かりんとうさん2020/05/24 01:22

    007はダニエル・クレイグシリーズしか知らないので、特にこだわりもなく夢中になって観れました。地上波で観たスカイフォールが初007でしたが、今回のカジノロワイルでは、ほやほやの荒々しい007が成長してく過程も見どころ。適役ル・シッフルの不気味な異様な存在もドキドキしますね!続編「慰めの報酬」もこのまま続けて見たいくらいです!

  • 3.8

    yoshiさん2020/05/24 01:02

    本作よりダニエル・クレイグが新たにジェームズ・ボンドを演じる。新たな007シリーズの幕開けだ。その作品の一発目は原作小説最初の作品であった「カジノ・ロワイヤル」を現代風にリメイクしたもの。
    オープニングのクリス・コーネルの演奏は英国紳士らしさはあまりなく、ダニエル・クレイグ版ボンドがこれまでとは違う様相を際立たせている。武骨さだ。
    蒼い目に金の短髪、半袖、カーゴパンツスタイルで重機を操る。時にはボーイにも間違えられてしまう。これまでのボンドとはまるで違う。CIAかMIF出身の別のスパイのようだ。

    ダニエル・クレイグ自身、これまでの出演者に比べてブリティッシュ・ラインのスーツを着こなしきれていない。「ジェームズ・ボンド」という役も着こなせていない。
    本作は「殺しのライセンス」である00を得たばかりのボンドが主人公の為、シリーズお馴染みのキャラクターで登場するのはMぐらい。Qや最新機器も出てこない。それでも、アストンマーチンは外せない。
    激変した007に不安を覚えたファンは多いだろう。強大な敵もいないように見え、どこか地味な展開にも見える。

    ただ、女性の眼をじっと見つめ、アストンマーチンをすっ飛ばす姿。ロレックスよりオメガを愛する嗜好は変わらない。
    本作は強大な敵が見え隠れするものの、ジェームズ・ボンドの人間臭さ、ボンドを取り巻く人間関係にポイントを置き、これからのシリーズ展開の布石をちゃんと打っている。

    そんな本作では、彼の女性の趣味が垣間見えた。
    ボンドは人妻好きかもしれないが、女性が持つ知性と勝ち気な性格。心に秘めた弱さ。そんな女性に心を奪われるのだろう。愛し、守りたくなるのだろう。
    男は愛する女性の基で服装も洗練され、
    男としての魅力を増していく。
    有名なサッカー選手もそうだったが、イギリス出身の男はそうなのだろう。

    エヴァ・グリーンはシリーズを通して最も素晴らしいボンド・ガール=ヴェスパーを見頃に演じた。美しさはもちろん、ここまでボンドの心に入り込んだ女性はいない。それが難しい。ボンド・ガールは作品の象徴になる。その役目を果たしつつ、新たな象徴を見出だした。
    ヴェスパーの謎深さ。近づいてはいけない男を愛してしまった葛藤。彼女が求めているのは愛すること、愛されること。何気ない幸せ。
    それはボンドも同じなのだろう。
    似た境遇のもの同士。深める愛情。

    ただ、ボンドは学んでいたはずだ。
    身近にいる信じる者こそ疑わないといけない世界にいることを。そして彼は今一度学び、殺しのライセンスを持つ男としての立ち振舞いを身に付けていく。
    ダニエル・クレイグ自身も作品を重ねる毎に007としての風格を身に付けていくはずだ。

    ジェームズ・ボンドの強さは小指だけではない。
    引き金を引く人差し指もだ。

  • 4.4

    むぎさん2020/05/23 22:48

    ダニエルクレイグかっこよい
    映画も舞台も素敵すぎた🤦‍♀️
    いつかいってみたいバルビアネッロ邸🏰✨

  • 4.7

    Masayaさん2020/05/23 19:47

    ポーカーシーンが最高。やった事ないけどやりたくなる。ダニエル・クレイグ若いしカッコいいしマッツ・ミケルセンも最高。

  • 4.0

    ナナシさん2020/05/23 15:53

    途中まではしょっちゅう死にかけるのは、ミスは多いは、敵の目を誤魔化すために濃厚なキスシーンを演じるは(そしてバレる)で、いまいち精彩の欠いたボンズだなあと不満だったが、ラスト1ストロークでそのことに「物語的な必然」を加える見事な脚本。終わってみれば大満足。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す