お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

007 スカイフォール

G
  • 吹替
  • 字幕

史上最高の007映画が遂に登場!!

トルコ イスタンブール。MI6(英国情報局秘密情報部)のエージェント007ジェームズ・ボンドは、各地で潜入捜査をしているNATOの諜報部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵を追跡し、その組織をあと少しのところまで追い詰める。しかし、あと一歩まで迫ったところで、先に潜入していた同僚エージェント ロンソンが傷を負ってしまう。そんな中、上司のMは非常にも敵の追跡を最優先にするよう指令を下す。後から駆け付けたアシスタントエージェント イヴと共に、敵を追跡するボンドだったが……。

詳細情報

原題
Skyfall
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

007 スカイフォールの評価・レビュー

3.8
観た人
42338
観たい人
9055
  • 3.9

    カンパッチーさん2020/05/27 01:37

    最初のアクションからまさかの瀕死で始まるボンド、地下鉄でのアクション!前ニ作の微妙さを一気に覆す面白さだった!
    そして、ついに満を持してのシリーズお馴染みQの登場、可愛すぎる!今作はボンドガールが二人とも目立たず微妙でしたが、彼こそが私にとっての今作のボンドボーイでした。

  • 5.0

    vesperさん2020/05/27 00:59

    再観賞初レビュー

    ロードトゥパーディション観てから初めて観賞だったので当時無名に近かったダメ息子演じてたダニエルがボンドとしてまたサム・メンデスと組むとは感慨深い。中年になってからのほうがダニエルは良いですね。

    何回も観てるので初めてオーディオコメンタリーのサム・メンデスの解説で観賞してみました。

    冒頭のバーのサソリで酒飲んでるシーンはディアハンターのオマージュだよとか、この絵にはこういう意味があるんだよ、とかすごく面白かったです。

    コメンタリー最近スルーしてたのですが気に入った映画だけでもまた聞いていこうかと思いました。

    ダニエル版の007でこれがいちばん綺麗でかっこいいので好きです。

  • 4.1

    ゆっさんさん2020/05/27 00:58

    007っぽくはない、いわゆる反則技としての007。スカイフォール。
    往年のファンとしては好みの分かれる一作だと思いますが、自分は擁護派です。

    それでもシリーズお馴染みの演出や、さらにはアバンタイトルも完璧で、ジビれる。
    カフス辺りを整える、落ち着いたボンドはやはりイギリス紳士という感じ。

    ダニエルクレイグに変わってからの全部4作の中では1番好きである。その分スペクターは、スカイフォールとも歴代シリーズとも違う路線になった分、ちょっと消化不良である。

  • 4.2

    yoshiさん2020/05/26 21:40

    個人的には007シリーズの中で最も気持ちが高まった作品。
    007の過去と未来をしっかり示した作品だと思う。
    往年のファンは懐かしい名前や車から過去の名優を想い、新たなシリーズに期待を抱いただろう。そして、初めて007を観た人はシリーズの面白さに惹かれ、過去を見返すだろう。新たなファンの獲得だ。007やSTAR WARSなど長年続くシリーズものは新たなファンを獲得することが大切だ。この点、興行的にも成功していると思う。

    本作はダニエル・クレイグがボンドを演じて3作目になる。
    今となってはブリティッシュ・ラインのスーツを見事に着こなし、ワルサーを構え、疾走する姿は素晴らしい。
    007という役をダニエル・クレイグが着こなしたからこそ、今の時代に合ったボンドになっている。

    監督はサム・メンデス。
    イギリス人監督からしたら、007シリーズの監督をするのは嬉しいだろう。
    そんなサム・メンデスの演出が素晴らしい。

    オープニングのAdeleのSKYFALLから掴まれた。
    沈んでいくボンド。
    ‘This is the end’とAdeleが唄う。
    しかし、‘Skyfall is where we start’と続く。何かが始まる。
    オープニングからそんな期待を持たせてくれる。

    過去と未来、終わりと始まり。
    本作ではあらゆる点でこの対比がなされている。

    ボンドにおいては彼の過去が描かれた。
    ボンドはあまりに有名なスパイだが、その過去はあまり描かれていない。
    その秘密が魅力でもあったが、過去を描くことで彼は実在するスパイになった。
    あの国にはMI6が当たり前のように存在し、スパイがいる。007もいるはずだ。
    なんて楽しい妄想をさせてくれるんだ。
    劇場を出た後、男性の歩き方はどこか颯爽としているだろう。ボンドのように。

    ボンドを取り巻くキャラクターにも注目したい。
    ジュディ・デンチが長年演じたM。
    委員長に就任した嫌みなマロリー。
    ダニエル・クレイグ版になってから初めて登場したQ。個人的にはこれが嬉しい。Q自身も「今時」になって、これはこれで未来を感じる。
    そしてマネーペニー。カミソリのシーンから彼女がボンドガールかと思わせ、最後の最後にマネーペニーと分かる。過去の作品から繋がる007とマネーペニーのちょっと甘い関係も復活した。
    最後の車は珍しくジャガーかと思ったら、やっぱりアストンマーチン。やはり古い物はいい。助手席を吹っ飛ばすことも出来る。「サウンド」も相まって抜群だ。
    どれもサム・メンデスの演出がにくい。

    そんなサム・メンデスは見事にストーリーを構築した。
    現在と未来があれば、もちろん過去がある。過去のものは全て時代遅れなのか。
    カミソリもペン型爆弾も過去の産物なら、Mや007も過去の産物なのか。
    ダニエル・クレイグ自身、自分の引き際を意識し始めただろう本作。
    歳を重ねる毎に渋みを増しているが、衰えも否めない。世の常である世代交代。
    007も時代の遅れの過去の産物になったのか。
    いや。「古風なものは捨てがたい。」
    そして、過去から続く「影の世界」も終わっていない。
    影の世界がある限り、明確な形が見えない不透明な世界がある限り、影は覆い続けるだろう。
    自分が安全だという確証はない。
    現代の人間はこの確証も無いことが当たり前に感じてしまっている。未来はどうあるべきか。
    Mのスピーチは、未来を生きる人に指針を与えている。過去から未来へ。

    Mが導きだした答え。
    その答えが正しいものであり続ける為、union jackを胸に、007は現場に立ち続けるだろう。喜んで。

  • 4.3

    Shoさん2020/05/25 12:32

    時代遅れだと世間に言われるMI6が
    『ダークナイト』のジョーカーを彷彿とさせる敵シルヴァ追うストーリー。
    以前の007よりワンランク上のロジャー・ディーキンスの美しい死の世界が見るものを圧倒する。そしてサム・メンデスのギリギリリアリティーのあるアクションで現実味がある。

  • 3.5

    natsuyasaiiiさん2020/05/25 05:32

    ボンドが撃たれるというショッキングなOPから始まり、終始押されっぱなしの展開が続く。
    これまでの華やかさを失っても、愛国心を失わないボンドが、ただただカッコ良い。

  • 4.5

    まえじまさん2020/05/25 02:10

    2020年93本目。

    かっこいい。
    今までのダニエルクレイグ版ジェームズボンドに何が足りなかったのか。イギリスの描写だと思ってた。それを今回地下鉄追走劇、スコットランドでの自然の中での最終決戦と存分に見せてくれたから大満足です。

    勿論上海のシーンもマカオのシーンも良かった。特にネオンの光に照らされた真っ暗の中でタイマン。流石ロジャーディーキンズとしか言いようがない見事なカメラワーク。火の撮り方、その壮大な様、だけど繊細も抱えているの彼にしか撮れないと思う。

    ストーリーも一度死んだ男の復活物語としてジェームズボンドのカッコよさを全面的にアピールしながら、敵役のハビエルバルデムも見事なぐらいにMに執念的な様を演じ、個人的にはルシッフル超えました。

    オープニングロール、1番好き。というかトランジションが見事、水に落ちていくボンドから重めに響くアデルの声、素晴らしい。

    線路に穴開けて地下鉄落とすとか斬新な。

  • 3.9

    Hiromuさん2020/05/24 17:18

    007は毎回オープニングのチェイスに驚かされます。バイクのアクションは圧巻でした。ボンドが最初撃たれてしまうという波乱の幕開けでした。

    相手もかなり強敵で、頭の良さに振り回されることが多かった印象がありました。最後のアクションは銃撃戦の迫力が凄かったです。

    最も印象的だったのは、ボンドカーにマシンガンが組み込まれていてかっこ良かったです。

  • 4.2

    りさん2020/05/24 13:40

    前2作とは大分と違う雰囲気になった007
    監督が変わったからかな、

    映像も台詞もアクションもスタイリッシュになってた、、、これぞ、イギリスのスパイ。水に落ちるオープニングも、とてもすき。(ライベンバッハの滝ばりに落ちてる)


    ちなみに、ベン・ウィショー演じるQ初登場です、出てくるだけで嬉しい、やったね
    美術館での初登場シーン、最高ですね。服装もベン・ウィショーにぴったり

  • 4.5

    不二子み女さん2020/05/24 11:51

    いやQ魅力的すぎんか?????
    陰キャナードボーイかと思えば優秀で自信たっぷりな発言をしたり、やべって顔もとびきりキュート。たまらん。

    ボンドについては全力中年最高。積み上げたものぶっ壊して、身に着けたもの取っ払って、止め処ない血と汗で乾いた脳を潤せ!!
    離島での複数人に囲まれてから反撃するシーンのアクションがたまらんかった。追い詰められた→抜け出すの構図まじで好き。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す