お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヘッドハンター

G
  • 字幕

『ミレニアム』シリーズのスタッフが放つ、北欧製サスペンス・スリラー。

身長が低い所を除けば、ロジャー・ブラウンは全てを手に入れた男だ。なぜならノルウェー国内で最も成功したヘッドハンターで最高級の美女と最高級の住まいを手に入れているのだから。ただ、彼には秘密があった。実は、その暮らしを維持するために芸術品を盗んでいるのだ。そんなある日、高価な絵画を所有している軍隊の元エリートで電子機器で成功したクラス・グレブに出会う。いつも経済的な不安を抱えているロジャーにとって、彼は新たなヘッドハンティングの契約相手として最適な男だった。これが、最後の裏稼業と心に決めたロジャーだったが、クラスが最悪の相手になるとは知るよしもなかった。クラスの家に忍び込んだロジャーを待ちかまえていたのは人生最大の危機だった…!!

詳細情報

原題
Hodejegerne
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
ノルウェー/ドイツ
対応端末
公開開始日
2020-03-18 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ヘッドハンターの評価・レビュー

3.6
観た人
3242
観たい人
1803
  • 4.1

    Rさん2022/01/22 22:12

    アクション映画だと思って軽い気持ちで見始めたらそこらのホラーよりもずっと怖い作品だった。
    ずっと憂鬱な気分だけどハラハラして話が面白いから見続けちゃう。そして最後には大どんでん返し。そして96分間で全てのことを綺麗に伏線回収した。

    低身長主人公の気持ちがよく分かる。
    コンプレックスのために取り返しのつかないことをして、どんどん落ちていく。
    ただ奥さんへの愛情だけは本当だったみたいで。奥さんに心から愛されてて本当良かったね。
    この話で一番クレイジーなのは奥さんだ。

    面白かったしよくできた作品だけど怖かった、もう見たくない。

  • 4.0

    shu0514さん2022/01/22 16:42

    いやー期待超えてきたー!
    これぞ大逆転って感じ!
    大胆な発想で面白かった!
    テンポよく見やすかった!
    身長以外完璧って言ってたけど本当にそう!

    2022 20作目

  • 3.3

    ayuさん2022/01/16 15:39

    序盤は冴えない男の嘘で固めた成金の話しだったが、中盤からはイケメンサイコパスから半殺しにされながら追い回されるというめちゃくちゃハードな逃亡劇に変わり、糞まみれ血まみれグロ有りの画面を直視出来ないところもあったがテンポよく最後まで面白かった。

  • 4.5

    ShiroKuroさん2022/01/16 10:11

    髪の毛に塗った塗料がGPSとなりロジャーは追跡を逃れるために髪の毛まで剃り落とす。 近未来にそんな最新塗料が出来るのだろうか、ストーリーの着想にとても意外性があり面白いサスペンス映画だ。最新技術は今ある技術の意外性を突くことで起業家内でのユニコーン的存在となる。

  • 3.5

    Nobさん2022/01/15 18:40

    タイトルにある“ヘッドハンター”感は前振りのみで、中盤あたりからはハプニング目白押しの逃亡アクションに切り替わった印象。ストーリーは少々強引で辻褄合わせがすぎるが、逃げても逃げても追い詰められる緊張感と、ジェットコースターのような息もつかせぬ展開は単純に面白い。

    主人公のロジャー(アクセル・ヘニー)は、全身を汚物まみれにしたり、川辺で何度も素っ裸になったりと体当たりの演技が光る。台詞や風景もそうだが、ハリウッド映画とはまた違った北欧の雰囲気を感じられたのも良かった。

  • 3.3

    Scr88さん2022/01/14 18:04

    ストーリーの序盤中盤終盤でテイストが変わり過ぎて、どのジャンルに重きを置いているのか分かりにくかったです。コメディタッチなのか、強盗業をしっかり描きたいのか、と思えばそうか表向きはヘッドハンターなのか、、、と。中盤結構グロテスクな感じだったり、無茶苦茶な逃走劇でサスペンス要素もあったり。痛々しい場面も多々あり、肥溜めのシーンは結構衝撃でした。
    ラストダイアナは寝返るのか?結局どっちの味方?と思わせられましたが、最後だけ少しスッキリした終わり方だったかな。でもトータルで考えるとやはり全体がちぐはぐな印象でした。

  • 3.5

    ケンさん2022/01/13 16:48

    絵画のこそ泥がゴタゴタに巻き込まれる話。ノルウェー映画。ところどころ安っぽかったり、「うーん、これは駄作だったか?」と思わせるところもあったが、ラストまで見るとなかなか良く出来た話だった。

    タイトルは、これじゃなくてもよいと思った

  • 3.6

    marthaさん2022/01/13 16:30

    いろんな要素がふんだんに盛り込まれててちょー楽しかった!泥棒の話?とか思ってたら全然違う展開に持ち込まれるし、でも冒頭のルール説明がきちんと組み込まれている。出てくる人間も無駄がなく、みんながそれぞれ大事な役割。
    裕福でハイソな生活が一点、汚かったり痛そうだったりでコメディっぽさもあった!
    体張った役者さんを褒めてあげたい。

  • 3.5

    まおさん2022/01/11 16:04

    「ルール1
    侵入する家の下調べは入念に行う
    ルール2
    10分以内に仕事を完了させる
    家主が帰宅してくるかもしれないからね
    ルール3
    DNAは絶対残さない
    ルール4
    高級な偽物は必要ない
    下手なパチものでも調査するのに時間はかかる
    ルール5
    起こることは2つにひとつ
    最高価値の芸術を見つけ足を洗うか
    捕まってハコに入れられるか…

    僕はロジャー・ブラウン。身長168cm。
    あ、今僕の身長を聞いてチ◯だと思ったでしょう
    短所なんか、その他で補えば問題ないさ
    例えば、この家は時価3000万クローネもする
    僕は嫌いだけど、奥さんのダイアナはぞっこんな模様
    僕のような男の最大の武器は、お金だよ。
    大金ね、有り余るくらいの
    でもダイアナがいちばん欲しいのは、
    僕が唯一あげたくないものなんだ…
    あんなに綺麗な奥さん、結婚しても尚誰かが常に狙ってる
    あのベンチに座ってる細身の長身ナイスガイも
    でも、じきに僕の時代はくるよ
    それまでは、リスクの高いギャンブルをし続けてなきゃね」


    めちゃ川とか湖に捨てるやんw

    トイレにI'll be back しちゃいます

  • 4.0

    やすぅさん2022/01/10 20:01

    贅沢な暮らしを維持するために裏稼業として美術品の盗みを繰り返していた転職コンサルタント(ヘッドハンター)が身から出た錆とはいえとんでもない災難に巻き込まれてしまう。緊迫感と時折コメディー。面白い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました