お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ダブルフェイス 潜入者

G
  • 字幕

騙される覚悟はあるか。

麻薬を精製し売買する闇組織に入り込み、一員として捜査を続ける潜入捜査官ウー。ある夜、大物取引の現場に突如侵入してきた謎の二人組に邪魔をされ、買い手との抗争が勃発。組織のボスであるボブが撃たれてしまう。有能かつ娘の恋人でもあるウーを信頼していたボブはウーを跡継ぎに指名し絶命。ウーは組織のトップの座につくことになる。直後、ウーは買い手だった組織が所有する巨大輸送船に拉致され、組織を率いるハと対面。仲間にも冷徹非道なハはウーの組織が精製する麻薬の純度を称賛、ウーにコックを引き渡すよう脅迫するのだった。その後解放されたウーと仲間のタイガーの前に抗争のきっかけとなった二人組が現れる。実は元特殊部隊所属だったハと同僚だったという彼らは、ハが潜入捜査時に寝返り仲間を惨殺し今の麻薬王にのしあがったこと、復讐すべくハの組織に精通しているためウーの捜査の戦力になれることを伝える。ウーは自分の正体も把握しているその二人、マグナムとエバと手を組み組織の一網打尽を目論むのだが…。

詳細情報

原題
UNDERCOVER PUNCH and GUN
関連情報
製作:ゴードン・チャン,チャーリー・カイチュン・ウォン
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
香港
対応端末
公開開始日
2020-03-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

中国映画洋画ランキング

ダブルフェイス 潜入者の評価・レビュー

2.7
観た人
27
観たい人
49
  • 2.5

    hottyさん2022/01/06 13:36

    主役3人が親友で、まさにお友達で作りましたー!なノリの映画。
    内容なんて求めてません。
    とりあえず、みんな楽しそうで良かったよ。笑

    ニコラスツェーとラムシュ先生が出てくる事知らなくて無駄に豪華〜!!笑

  • 2.8

    つかさん2021/12/17 23:19

    ストーリーもアクションもギャグ?
    カンフーだけどラッシュアワーのようなギャグアクション味を感じました
    敵のハーがイケメン
    味方のフーのキャラが最高。むしろこっち主人公のギャグがみたい。このキャラ見れただけで大満足

    ス4美6テ8も4音オ6

  • 1.0

    Bambooさん2021/10/23 23:17

    冒頭、銃撃戦から始まるが、主人公や置かれている状況、登場人物との関連性などの説明がないまま突入するため、唐突に感じられる。以降も地に足がついていない形で横滑りするように話が進んでいくので観るのがしんどかった。

  • 3.0

    sobayuさん2021/10/16 18:41

    本当に2019年の映画なの?!すべてが古臭いけど特にヴァネス・ウーのバンダナ外ハネにシドの南京錠!気絶しそうなダサさ。

    脚本も悪いけど、なんか全部が素人がiPhoneで撮ったみたいなクオリティの低さ…。皆が唯一褒めているアクションも当ててないのが丸わかりの撮影でいまいち乗れず。ただ役者の実力だけは確かです。

    こうなってくるとドラマから完全に浮き、ひとりではしゃいでるだけのヴァネス・ウーが寧ろ一番よかったという感想に着地する。あと女スナイパーの「直感で距離を取れ」ってところは声出して笑った。

  • 3.2

    にゃん平2号機さん2021/09/23 08:16

    カンフーエリート、フィリップ・ン主演×アクション監督作。
    潜入捜査ものだけど潜入要素がマジで無。アクションは見たいものが見れるので、スナイパーライフル対決は目を瞑った方が勝ちといった謎の価値観で我に返らなければ及第点の作品なのでは(私は我に返りました)

  • 2.9

    ソガさん2021/03/21 00:06

    ストーリーでアクションが台無しになってる。

    麻薬を精製する組織に潜入していたウー。ある夜、取引現場に乱入してきた二人組のせいで買い手と抗争が勃発して、組織のリーダが亡くなってしまいウーが跡を継ぐことになってしまう。

    話がとっ散らかっててストーリーが「?」だし、シリアスなのかギャグなのか笑えばいいのか困る場面が多い。

    ただアクションは本当にすごかったので脚本書き直してもらってまた作ってほしい映画です。

  • 3.8

    成川ジローさん2021/03/20 19:45

    悩まない潜入捜査ものと言う珍しい作品。物語ふぁいい加減でいまいち何をやりたいのか分からないけど、結構好きなメンツが出てるので割と好き。中盤の工場でのアクションはフィリップ・ンの方の格闘もヴァネス・ウーの方車追跡も中々面白く、ラストもジャン・ルーシャーが出てるの知らなかったのでサプライズ的な嬉しさとヴァネス・ウーのナイフバトルが結構面白かったので楽しめた。と言うか今まであんまり好きじゃなかったヴァネス・ウーがこの映画でノリノリのおバカキャラみたいのも良かったしアクションも割と良かったしで、見直しました。思ったよりもやれるやん!って感じで。まあそのキャラのせいで潜入捜査官もので人も死にまくるのにコメディ色が強いと言う珍品なっているんですけどね!笑

    この作品の一番問題はメインイベントであるはずのフィリップ・ンvsアンディ・オンが全然面白くなかったこと。凄い雑。それ目当てなのに。時間とお金が無かったんじゃないかって普通に思ってしまう程に技巧も結末も巻いた感じ。勿体無い。
    あと敵味方のスナイパー対決が失笑もので、まあギリギリ敵は良いとして味方の女スナイパーがポンコツな上に、最後の勝ち方も「そのアドバイスはお前の婚約者を殺した奴の言葉やぞ!?」&「そのアドバイスからそうはならんやろwwww」って言う頭のおかしい顛末で、久しぶりに「これだから香港映画は!( ´﹀` )」とニヤしてしまいました。

    ニコツェーが友情出演だったのは仕方ないとしても、惜しい作品だなと思います。香港映画好きにはオススメです笑

  • 3.7

    LEEさん2020/10/21 11:36

    私生活でも仲がいい安志杰とフィリップンが共演しているという事で鑑賞
    蔣璐霞、ヴァネスウー、林雪、謝霆鋒など見知ったメンツが出ているのも嬉しい



    ストーリーはぶっちゃけとても褒められたものではない
    タイトルにあるように主人公は潜入捜査官なのに全くそれに関する葛藤はなく、ひたすらまっすぐ突き進んでいくので、それなら別にその設定じゃなくても…と思わざるを得なかった
    これも上に書いた事に関連するけど人物の心理描写も浅く、あまりキャラクターに入り込めないのもよくない
    結構人が死ぬんだけど、人物描写の浅さと演出の上手くなさがなんだか間抜けに見えてしまった(終盤の姉妹が死ぬシーンとか


    じゃあなんでこのスコア?かというとアクション!
    ジャンル映画はストーリーよりも欲求が満たされれば自然と満足できたりするもので、本作もアクションが思った以上に良かったのでこの点数になった
    撮り方とかにはまだ課題があるかも知れないが、アクション監督も務めるフィリップンの作ったアクションは技にも富んでいてテンポも良く楽しかった
    武術出身者にありがちなリアルにこだわりすぎる感じもそこまで感じられなかったのもよかった
    蔣璐霞もアクションを見せてくれて良かったんだけど、もうちょっと見せてくれよ!とも思ったり笑


    映画としては褒められたものではないけど、アクションは面白いです
    僕は好き

  • 2.4

    NFさん2020/09/15 23:48

    潜入捜査もの特有の騙し合いや知的な駆け引きは一切無い。何故このジャンルを選んだのか疑問に思う程。
    無駄に多い登場人物、全く纏まっていない物語、格闘アクションが結構良い出来なだけに全体的な完成度の低さが本当に勿体ない。

  • 3.0

    ワンさん2020/05/15 22:21

    麻薬組織に入り込み潜入捜査を行うウー(フィリップ・ン)は、取引の現場に突如現れた謎のふたり組に邪魔をされ、抗争に発展。撃たれたボスはウーを跡継ぎに指名し絶命する。組織のトップになったウーは買い手だった組織が所有する巨大輸送船に拉致され、組織を率いるハ(アンディ・オン)と対面。その後、解放されたウーの前にかつてハと同僚だったという謎のふたり組が現れる。


    ウーにやたらとまとわりつくフー(ヴァネス・ウー)がウザすぎてウーが霞んでしまっている。フーはおちゃらけキャラのわりには筋肉はあるのでアンバランス。わりとクセになる面白さ。

    謎の女やウーの婚約者など重要キャラっぽいのがいるが、たいして話に絡むことともなく消えていくのが残念だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました