お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

いなくなれ、群青

G

階段島。僕たちはある日突然、この島にやってきた

「階段島。僕たちはある日突然、この島にやってきた。どうして島にやってきたのかを知る人はいない。島の秘密なんてものを、解き明かしたいとは思わない。――この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」「僕たちは初めから,矛盾しているんだよ」悲観主義の七草と、理想主義の真辺由宇。根本から矛盾し合っている二人が、階段島で再会した。奇妙だけれど平和で安定した生活を送る住民たち。そんな彼らの日常は、真辺由宇の登場によって大きく動き始める。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。

詳細情報

関連情報
原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex) 音楽:神前暁
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-17 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入509

青春邦画ランキング

いなくなれ、群青の評価・レビュー

3.4
観た人
1703
観たい人
5496
  • 2.7

    映画好きなオッサンさん2020/06/05 13:08

    飯豊まりえが何故階段島にいるのか?いまいち、設定がわからない。探し物とはどういう事なのか、オッサンには難しかった。
    でも映画全体の雰囲気とか映像とか、綺麗に感じられた。
    飯豊まりえ、横浜流星も良かったです。
    予告編が良く、期待が大きすぎたかも。

  • 2.2

    羽さん2020/06/02 22:51

    原作の繊細な雰囲気的が好きだったので実写でどう表現するのだろう?と気になり観ました。原作に込められた思いはあまり感じませんでしたが映像は綺麗でした。

  • 3.5

    かささん2020/06/01 22:17

    横浜流星の「ぼく君」も悪くないんだけど、どうしてもちょっとかっこ良すぎるかな…北村匠海のぼく君の魅力を再認識。
    CMみたいな映像にも、章立て構造も、語りの多さも嫌いじゃないけど、結局学園モノの枠を超えてない。バイオリン少女の件が長すぎるからかな?

  • −−

    ふーさん2020/05/30 16:55

    あの原作の雰囲気やメッセージを一体どんな風に表現したのかが気になって、見ないでおこうと思っていたのに、つい観ちゃいました。原作がもともと大好きで、もちろん比べてしまうと原作には劣ってると思います。でもまりえさんの真っ直ぐな演技は、まなべと重なる部分があったし、儚い雰囲気も出せていたと思う。やはりメッセージは原作の方が伝わってくると感じました…そこは残念かも、。

  • 2.5

    はるメロンさん2020/05/29 00:14

    声を大にして言いたい。
    河野裕作品をもう二度と映像化しないでくれ!!!

    私の中で一二を争うくらい好きな作家さんで、サクラダリセットも到底納得できる出来じゃなかったから言うけど本当になぜこの人の作品を映像化しようと思うのだろう…。

    小説で読むからこそ分かることがある。
    言葉に出来ないけど読めばわかる!

    もしこの映画を原作を読まないで観た人がいるなら、ぜひ原作を読んで欲しい。映画みた時点じゃ意味がわからなすぎて読む気もしないかもしれないけど…

    映像が綺麗とか、そういうことは一切頭にはいってこなかった…
    ヴァイオリンの少女、わざわざ原作2巻から登場させたのにあの音と演技の合ってなさはさすがに酷いよ…(泣)列記とした映画なのに!せめて四月は君の嘘くらいはちゃんとやってくれ!?
    ヴァイオリンの演奏シーンはこの前観た深夜ドラマの酷い出来と同じ出来でしたよ…

    500円かけて買ったのになぁ…

    原作はマジでおもしろいです大好きです!

  • 4.5

    chanさん2020/05/28 16:31

    大人になるにつれ環境に
    適応し正当性を確保する
    不適応であれば疎外され
    生きづらさを感じる現実

    悲観主義の男
    理想主義の女
    相容れない二人が
    互いに見出した光

    正しい社会とは
    本当の自分とは
    それぞれの理想を
    抱きしめ生きてく

  • 2.0

    whi1oさん2020/05/27 10:33

    好みが分かれるであろう青春映画
    内容は兎も角、どちらかといえばアニメ向きな話を映画としてうまく作り上げてる。

    柳明菜監督、腕があるな、と思った。

  • 1.5

    kanameさん2020/05/26 22:24

    捨てられた人々が暮らすとされる不思議な島を舞台に、幼なじみの男女が辿る数奇な運命を描いた物語。

    世界観も話の目的地もサッパリ意味不明な内容に早い段階で興味を失う…

    何を解決しようとしてるのか…う〜ん、最後まで見ても話が見えてこなかったなぁ…w

  • 3.0

    チャルブールさん2020/05/25 20:32

    自然の中での生活。人間も自然体でいれたらいいのに…みんな、何かしら偽りながら生きている。私もなかなか素直にはなれないなぁ。と思いながら観賞してました。
    学生のときから、まっすぐに生きていたら今はこんなんじゃなかったのに。久しぶりに青春ドラマを見て感じました。

  • 2.6

    パンチさん2020/05/25 20:13

    誰にも言えない自分の持ってる嫌なところと向き合いながら
    生きていく青春ストーリー
    比喩の描写が多すぎて想像力がたいへんと感じた。
    自分のことを見ていてくれる人がきっと1人はいてるはず

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す