お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

蜜蜂と遠雷

G

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?

芳ヶ江国際ピアノコンクールに集まったピアニストたち。復活をかける元神童・亜夜。不屈の努力家・明石。信念の貴公子・マサル。そして、今は亡き“ピアノの神”が遺した異端児・風間塵。一人の異質な天才の登場により、三人の天才たちの運命が回り始める。それぞれの想いをかけ、天才たちの戦いの幕が切って落とされる。はたして、音楽の神様に愛されるのは、誰か?

詳細情報

関連情報
原作:恩田陸
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

蜜蜂と遠雷の評価・レビュー

3.7
観た人
14864
観たい人
21803
  • 3.8

    とくまさん2020/08/03 21:09

    原作未読。
    多分描かれてないところ沢山あるんだろうと思った。多くを語らずともコンクールに挑む四人のそれぞれの音楽の特徴みたいなものがはっきり分かれていて、自分はクラシックに疎いし演奏シーンは単純に凄い、と惹き込まれた。
    四人がそれぞれの演奏を見守る感じがよかったけど、ギスギス感が全く無くコンクールの緊張感のような空気はあんまり感じ取れなかった。劇場で観ていたら印象変わったかもしれない。
    原作読んで色々補完したくなった。読みます。

  • 3.9

    しみずさん2020/08/03 11:56

    演奏シーンでテンションあがらないんだよなクラシックだと。好きじゃないからかな。でも天才の話は大好物。天才の外にいるじゃない奴の話も大好物。

  • 3.5

    komさん2020/08/02 22:35

    レンタルで観ました。DolbyAtmosとか付いた映画館で観ておけばよかった!と思いました。オレにはわからない世界だけど、凄さが伝わってきました。演奏シーンもよく、スッキリします

  • 4.0

    village123さん2020/08/02 20:51

    ピアノコンクールの予選から本選までの物語で横道に逸れない硬派な内容。
    選曲にもよるだろうけど、主要人物それぞれの音色があり、音楽からストーリー性を感じることができた。
    ほぼ主要人物しか取り上げられていないので、コンクールの他の参加者などの動向が分からないけど、選択と集中で限られて時間に上手くまとめられていたと思う。
    昔、大きい公民館の舞台でトランペットを吹いたことがあるくらいだから、ホールの緊張感は分からないけど、音楽は体感するものだと思う。

  • −−

    いまむらゆとりさん2020/08/02 11:06

    かなりよかった…ずっと上品。
    クライマックスシーンにはほとんどセリフがないのに、引き込まれていろんな感情が流れてくる感じ。
    コンサートにまつわる細かいシーンもリアルでこっちまで緊張してくる。

  • 3.3

    johnさん2020/08/02 04:22

    才能とは続けられること。

    世界最高峰のピアノコンクールに、各々の本気で臨む若き4人の物語。
    直木賞と本屋大賞を史上初ダブル受賞した青春群像小説の映画化。
    音楽に造詣の深い小説家奥田睦ならではの一作。
    夜のピクニックなどで知られる奥田睦だが、
    60年代生まれというベテランさを全く感じさせず、
    強い心情描写とスピード感、フレッシュなプロットが印象的だった。

    一回のコンクールに焦点をあてて圧巻のスピードと情熱で
    物語を描き上げるスタイルは、
    一回の作品発表会を描いたダニー・ボイル監督版の
    Steve Jobsを彷彿とさせる。

    クラシックピアノが好きな方はおそらく共感できることも多い映画。
    しかし、専門外の自分には理解できない語句や空気感も多く、
    主人公のスピードに追い付けないまま終劇してしまった。

    ただ、
    松坂桃李演じる高島明石の「生活者の音楽」という言葉は
    胸に響いた。

  • 3.8

    ZUSHIOさん2020/08/01 23:38

    原作は積ん読した状態で、映画から観たが、充分楽しめたし、原作が読みたくなってようやく積ん読タワーから脱出できそう。
    それにつけても先日観た『劇場』しかり松岡茉優さんの演技力は本当に素晴らしい。表情筋の1ミリ単位すらコントロール出来るのではないだろうか。
    松坂桃李さんのキャラクターと芝居に一番シンパシーを感じた。

  • 3.0

    鵜さん2020/08/01 07:39

    原作を絶賛する私にとっては、あまりにも薄っぺらい作品に思えた。強いイメージを持ちすぎているのかもしれないけれど、キャスティングにも問題あり?
    おそらく、原作を知らずに観ても伝わるものは少ないような気もする
    けれど、あれだけの大作を映像化するには限界があるのだろうなとも思う。それぞれを深く切り込んでいくには、あと30分は必要かも

  • 2.5

    そみさんさん2020/08/01 02:04

    小説を読んでからの鑑賞。
    映像化不可能と言われた傑作小説の映像化と言われてただけあってなかなかやっぱり小説の面白さが出しきれてない感じが否めなかったかな…

  • 3.4

    tmさん2020/08/01 00:22

    いい感じの作品だす。(^.^)
    松岡の描写にめんどくさ~い部分はあるんやけど、全体感は○❗
    ま~、でも原作の方が更に良かったな。(笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る