お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

リチャード・ジュエル

G
  • 吹替
  • 字幕

クリント・イーストウッドがアトランタ爆破事件の真実に迫る、実話サスペンス

爆破事件の容疑者にされた男<リチャード・ジュエル>。その時、彼の味方になったのは、無謀な弁護士だった。今、全国民を相手に反撃が始まる。 1996年、アメリカ・アトランタで起きた爆破事件。数千人の命を救ったのは、勇気ある警備員のリチャード・ジュエルだった。しかし、国家とメディアの陰謀で、彼は容疑者として、顔と実名を世界中に晒されてしまう…。 過熱する報道、FBIの執拗な追求、世論からの誹謗中傷。しかし、たった一人、彼の無実を信じる無謀な弁護士ワトソンがいた。リチャードとワトソンは、巨大な権力に立ち向かうのだがーー 

詳細情報

原題
Richard Jewell
関連情報
製作:クリント・イーストウッド
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

リチャード・ジュエルの評価・レビュー

3.9
観た人
10827
観たい人
20620
  • 3.6

    おとうちゃんさん2020/06/02 23:36

    冤罪!

    一刻も早く犯人を捕まえたいFBIと何処よりも早くスクープが欲しいマスコミが作り上げた爆弾テロの容疑者は、爆弾テロから民衆を救ったヒーローだったから…さあ、大変!

    「犯人がほしい!」
    世の中の焦りが生んだ冤罪…人はこれを悲劇と呼ぶ。
    イーストウッド監督、マイブームのノンフィクション最新作。

    「この子はいつかは大きなことを成し遂げる」
    世の中の注目を浴びるヒーローになった自慢の息子が、朝起きたら爆弾テロの容疑者に・・・
    いきなり天国を見せられてから地獄に落とされる…そんな母親の葛藤を名優キャシー・ベイツが見事に演じきる。
    彼女がスクリーンに登場すると、画面が引き締まるのは『ミザリー』のイメージのせいじゃない😅ト、シンジタイw

    最近観る映画 観る映画、ことごとく登場しているサム・ロックウェル。
    この人が演じると“癖のある弁護士”が“癖の強い弁護士”になっちゃうから…あら、不思議!

    事件こそ違えど、日本もこの映画と同じ悲劇を生んでいる。
    96年オウム真理教による松本サリン事件で被害者でありながら警察とメディアから犯人扱いされた河野さん。
    彼の講演を聞いたことがあるが、警察の理不尽な自白強要、信頼できないリーク情報を元に見切り発信するメディア・・・
    真犯人が捕まるまで、終わることなき疑心暗鬼。

    冤罪はこうやって作られる!

  • 3.8

    カリンさん2020/06/02 23:28

    クリントイーストウッド監督となれば、無条件に見たくなる。
    そして期待通り見応えありました。
    静かに進んでいくんだけど、メリハリがあるかんじ。
    俳優陣も素晴らしかった。
    スリービルボードで、サムロックウェルいいなと思ったけど、この作品でもやっぱり渋い。

  • 3.6

    しめじろーさん2020/06/02 22:37

    アトランタオリンピック開催中に起こった爆弾テロ事件。偶然にも爆弾を発見し、市民の避難に貢献した警備員リチャード・ジュエルは、人命を救ったヒーローとして一躍時の人となった。しかしその数日後、なんと彼はその爆弾を仕掛けた犯人として容疑を向けられてしまう…。
    っていうあらすじです。正義の人が悪に仕立て上げられる恐怖、悔しさ、でも最後は正義が勝つ…みたいな、エモーショナルな話かなと予想してたんですが、実際の映画はかなりトーンを抑えた堅実な作りでした。さすがイーストウッド。堅実におもしろい。

    必要以上に煽らない、このトーンの低さが、映画のメッセージを浮き彫りにするようでした。リチャード・ジュエル氏、全然「正義の人」じゃないんですよね。いや無実の人ではあるんですが、正義感の裏に人並みの承認欲求とヒーロー願望を持った、エゴもクセもあるそのへんのおっさん。そういう一般人がヒーローともてはやされ一瞬後には犯人とこき下ろされる、この手のひらクルクルの怖さが真に迫っています。どうとでも編集できてしまうのだな…。
    そんな人間臭いジュエル氏と友人弁護士がタッグを組んで巨大なうねりに立ち向かっていくわけですけども、この友人弁護士もおもしろいキャラクターで、熱血漢とドライが絶妙に同居していて血が通っています。事件そのものの描き方があっさり風味な分、この奇妙な縁と不思議な絆で結ばれた2人のヒューマンドラマがこの映画の主軸といってもいいでしょう。

    オリンピック開催中に起こる事件は、全世界から注目される中での事件ですから、早期解決させようと、実際にもかなり強引な捜査が行われるようです。この映画を「SNSでのフェイクニュースが横行する現代に警鐘!」みたいに評する記事も見かけますけど、いやSNSなんて程度の低い話でなく、解決を急ぐFBIの強引な捜査と、まだ逮捕も起訴もされていないただの調査対象をマスコミが大々的に報じる、それらが世論も巻き込んだ大きなうねりになっていくという、もっと根が深い別次元の問題な気がしますね。
    (そういう意味で、あの記者の涙の演出、めちゃめちゃ嫌いですね。急に帳尻合わせてきた感じがして。彼女は彼女なりに誇りがあるんじゃないですかね。)

    事件は淡々と進んでいき、最後、あんなに騒がれていたのが嘘のように、静かに決着します。それが実話の凄みを伴って我々にのしかかるのでした。母の演説もジュエル氏の演説もグッときましたが、一番心にきたのはこの静かな決着なのでした。

  • 4.2

    のりせんべいさん2020/06/02 21:49

    冤罪の作り方。捜査局とマスコミによって、どんどん事実が歪められる様子がよく分かる。リチャードが最後に捜査局で言ったように、誤認捜査で真犯人がまた事件を起こすかもしれないし、第一発見者が犯人と疑われるのを恐れて通報しなくなる。ホント、それが一番怖い。
    あとでジーンとする映画。

  • 3.5

    19870403さん2020/06/02 21:17

    言葉の強さ、怖さをとても感じる
    メディアの報道によって人生が変わる人もいるし、また誰かの為に発した言葉はその人を守ることも出来る。
    だから言葉にはしっかり責任をもつこと、その向こう側には同じ人間がいるということそれは忘れてはいけないと思う。

  • 4.5

    サンボさん2020/06/02 19:28

    英雄から容疑者へ。

    不確かな情報や証拠で1人の人間の人生がめちゃくちゃになる映画。

    一歩間違えれば人の人生をめちゃくちゃにする仕事という意識がなかったのかね~。

    冒頭から「怖い!怖い!」を連呼してしまいました。

  • 3.5

    チュンさん2020/06/02 18:25

    謝れ!

    って言いたくなった。
    こういうの観てると言いたくなる
    犯人じゃないヤツ捕まえてなんの意味がある
    FBIに言った、リチャードの言葉がいい
    「でも 次に警備員が不審な荷物を
    見つけたらその人は通報するだろうか」
    本当だよな
    人を助けたのに人殺しだと言われて
    最後までFBIは認めなかったけど
    FBIもそうだけどマスコミも
    謝罪したのだろうか

    謝れ!


  • 3.2

    Ridenoriさん2020/06/02 18:04

    1996年のアトランタ五輪の時に実際起きた爆破テロ事件を基にした話。
    典型的なヒーロー願望を持つ子供部屋おじさん。爆弾の第一発見者にもかかわらず、見切り発車なプロファイルとメディアによるステレオタイプの拡散で犯人扱いされてしまう。FBIの決めつけとメディアの身勝手さをクリント・イーストウッドが鋭く糾弾している映画。
    実話ベースの話にサム・ロックウェルとキャシー・ベイツのリアルな演技がより一層現実味のある緊迫感を与えてくれている。

  • 3.6

    みずしーまさん2020/06/02 16:40

    ♡2020年85本目♡

    クリント・イーストウッド作品9本目!

    1996年アトランタオリンピック開催中に実際に起きた爆破テロを基にした作品。

    爆破テロの容疑者として取り上げられたのは、当初は爆弾を最初に見つけた英雄として報道されたリチャード・ジュエルのストーリー。

    ラストはスッキリすると言うより、肩の荷が降りるような気分になった。。

    リチャードが44歳の若さで亡くなったというのがエンドロールで流れて悲しかったな。

  • 4.9

    しゅんたさん2020/06/02 13:24

    リチャードは何でもべらべらと喋っちゃうし、法の下の正義を本気で信じてるし、うぜーってずっと思ってたけど最後のFBIへのセリフで全て持ってかれた!クリント・イーストウッド半端ない!!
    ジュエル家の玄関のアメリカ国旗だったり、FBIのマークを写すのは皮肉がきいてますね笑
    そして今日本でも問題のマスメディア改めマスゴミ問題!マスメディアの報道1つで世論は右から左に一気に流れが変わる、それを改めて教えてくれた映画でした。
    そしてなによりサムロックウェル!!ほんとにかっこいい!ぱっと抜かれた瞬間の表情だったり、ため息1つとっても自然だし、その場の感じがリアルに伝わってきました!自分の一番好きな俳優です!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す