お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

リチャード・ジュエル

G
  • 吹替
  • 字幕

クリント・イーストウッドがアトランタ爆破事件の真実に迫る、実話サスペンス

爆破事件の容疑者にされた男<リチャード・ジュエル>。その時、彼の味方になったのは、無謀な弁護士だった。今、全国民を相手に反撃が始まる。 1996年、アメリカ・アトランタで起きた爆破事件。数千人の命を救ったのは、勇気ある警備員のリチャード・ジュエルだった。しかし、国家とメディアの陰謀で、彼は容疑者として、顔と実名を世界中に晒されてしまう…。 過熱する報道、FBIの執拗な追求、世論からの誹謗中傷。しかし、たった一人、彼の無実を信じる無謀な弁護士ワトソンがいた。リチャードとワトソンは、巨大な権力に立ち向かうのだがーー 

詳細情報

原題
Richard Jewell
関連情報
製作:クリント・イーストウッド
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-04-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

リチャード・ジュエルの評価・レビュー

3.9
観た人
20769
観たい人
22698
  • 3.7

    MountainDewさん2021/06/12 22:53

    事実、イーストウッドが今日までの
    「史実を元にした」の流行を映画界に作り出したのでは?
    またいい題材を持ってきましたねぇ。
    自身の愛国心というかそれに盲信し過ぎるなという戒めにも見えますし。
    冤罪の恐ろしさも同時に描いてました。
    正義感が強く心優しい青年の揺れ動く葛藤をポール・ウォルター・ハウザーが見事に演じてましたが「スリービルボード」でも
    そうでしたがやはりサム・ロックウェルの
    今作における演技は素晴らしいです。
    こういう役は本当似合いますね。
    久しぶりに見たオリヴィア・ワイルドも
    なんかこいついらなくね?感がありますが
    捻くれ記者を好演してました。
    終わり方も綺麗で見やすかったです。
    そんな映画。

  • 3.8

    とりももさん2021/06/12 12:59

    不審な荷物から爆発物を見つけ人々を避難させたヒーローが一転第一容疑者とされてしまう。権力側が法の知識を持たない一般人を騙し証拠を簡単にねつ造しようとする酷さ。何かあったら絶対直ぐに弁護士呼ぼう(当てはないけど)サインはしない!何の検証も無しの報道も酷すぎるが、もう報道は信用を失っているので同様の事は起きまくっている印象。サム・ロックウェルは良い人なんだなw

  • 4.6

    けんさんさん2021/06/11 06:19

    ポールウォルターハウザーをキャスティングした時点でこの映画は9割成功してると思う。この事件をあんまり知らん俺でも何故か納得させられてしまう圧倒的な演技力。体現ってこういうことなんやな。
    あとサムロックウェルも最高すぎた。
    今でもこんな形の冤罪って全然あるんやろうな。こいつなんか怪しいし、くらいのことで人生壊されたらかなわん。

  • 3.8

    tamita3さん2021/06/11 00:10

    アトランタオリンピックで爆発物を発見し、多くの人を救った英雄が、一転容疑者と疑われた実話。
    情報を漏らしたFBIの捜査官は最低だと思います。メディアも酷い。
    クリント・イーストウッドは実話の描き方が本当に上手い。もう91歳なのも驚き。

  • 4.0

    かおりちゃんさん2021/06/10 17:39

    クリントイーストウッドっぽい終わり方
    記者の女性ムリすぎる。笑い方も苦手だし、散々やりたい放題しといて『彼は犯人じゃない...』ってアホすぎない?なんか泣いてるし!こっちだよ!泣きたいのは!
    途中病気っぽい感じがあったけど、あんなに若く亡くなってたとは...ドーナツ止めたかった...でも食べて...辛かったもんね...これがフィクションというしんどさ

  • 3.7

    KoyaHokamaさん2021/06/10 13:09

    「ハドソン川の奇跡」でもそうだけど、クライマックスのこれ以上ないくらい真っ当で論理的で筋の通った論破のシーン、イーストウッド映画の好きなところ。

  • 4.0

    cokeyさん2021/06/10 10:28

    当時のマスコミ、FBIにとにかく腹立つ!
    人々を救った英雄をいい加減なイメージで犯人扱いして、その家族含めて人生壊していることを分からなかったのか。。

    彼の善行を知ってるが故に終始もどかしい気持ちでいっぱい!

    サムロックウェルは相変わらず頼りになるし、これを撮るイーストウッドも流石としか言いようがありません!!

    [2021ー150]

  • 4.5

    HidekiIshimotoさん2021/06/08 01:12

    『アイ・トーニャ』のレビューでハウザー氏を鼻くそ呼ばわりしたことをここに深く、深くお詫びしたい。咽び泣く君をサムに変わってハグして謝りたい。君は今日からフィリップシーモアホフマン、ジャックブラックに次ぐ許せるおデブ様。君も君を鼻くそ野郎から母想いの正しき者へと引き上げた巨匠イーストウッドに感謝してることだろうけど、巨匠の方も完璧に応えた君に感謝してるはず。てことで今はペンチで生爪剥がしてやりたいジョン・ハムにもいつかゴメンと言うことになりそうなのでこらえます。てことで今まではクセ強すぎて好きになりきれなかったのに今は愛しか感じないサム・ロックウェル最高。キャシー・ベイツもお見事。ひっくるめて映画の神のみわざな映画。

  • 3.9

    カリさん2021/06/06 21:00

    英雄か、爆破犯か、、

    質問されるシーンでリチャードがショウ捜査官を論破したところスカッとした。
    本当だよな。こんな賞賛されるべき人がこんなどん底見るんだったら、爆弾見かけたって誰も通報しなくなるよな。
    家宅捜査中に音声取られるシーンでリチャードの素直さ加減に途中イライラしすぎてワトソン弁護士にめちゃめちゃ同情したが…笑

    ラストのファーストフード店でショウ捜査官が紙を持ってきた時びっくりしたわ!でももう捜査対象でないってわかった瞬間泣けた。リチャードもお母さんもワトソンもよく頑張ったよ、、涙

    メディアはまだしもFBIが信じられないのなら誰を信じれば良いんですかね。

  • 4.2

    MisoLeeさん2021/06/06 20:52

    メディアが人を殺せる時代、SNSで人を殺せる時代、証拠がなくとも簡単に世の批判を集められる。英雄も犯罪者も紙一重。これぞ世界中が敵でも1人の味方の大事さ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す