お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

マイアミ・バイス

G
  • 吹替
  • 字幕

80年代TVドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』をマイケル・マンがリメイクした作品

マイアミ警察の情報屋が衝撃的な死を遂げた。さらにFBIの潜入捜査官2人も囮捜査の現場で殺される。囮捜査の情報が、密輸コネクションに流出している―! FBIは状況を打破すべく、マイアミ警察に協力を要請する。それは密輸コネクションの拠点である南米コロンビアに乗り込み、麻薬ディーラーとして組織に接触し、情報漏えいのルートを見つけ出すという、孤立無援の特別任務だった。無事に生還できる可能性は、限りなくゼロに近い。上司の反対を押し切り、要請を引き受ける特捜課(バイス)の刑事コンビ:クロケットとタブス。密輸一味のアジトを急襲し、大量のドラッグを強奪した2人は、そのまま南米の拠点に乗り込み、組織のキーマン:イエロとの接触に成功する。だが、相手はなかなか警戒心を解かない。そこで知り合った謎の美女:イザベラに惹かれるクロケット。危険な関係を超え、2人の愛は急速に燃え上がる。一方、組織も潜入捜査官の情報を入手し、報復攻撃を仕掛けてくる。誰もが後戻りできない運命の中、決戦の時が近づいてくる―!!

※こちらの本編は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

詳細情報

原題
Miami Vice (’06)
関連情報
製作:マイケル・マン,ピーター・ジャン・ブルージ 原作:アンソニー・ヤーコビック 音楽:ジョン・マーフィ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

マイアミ・バイスの評価・レビュー

3.1
観た人
6494
観たい人
1615
  • 3.4

    フジタマさん2020/07/12 19:12

    コン・リー美しいけど、平たいね💦

    FBIが麻薬組織に潜入するバディ物、と聞いてわちゃわちゃするコメディものかと思いきや、思いっきり真面目でかっこよくて、ラブもあったりするから、元はテレビシリーズと聞いて納得。

  • 3.6

    ヤムチャンさん2020/07/12 05:04

    巨大闇組織に立ち向かうとき、その覚悟はあるか⁉︎
    潜入調査の踏み込みシロがエグい。引き返すか突っ込むか、麻取は何かを犠牲しないと得られない情報を掴みにいく駆け引きとシリアスロマンス。
    FBIからの特殊捜査依頼で情報漏洩の原因追及がいつのまにやら惚れた恋人を守るって話に変わっとるがな。
    ドンパチした後、すん。と終わる感じも爽やか。

  • 3.0

    もももさん2020/07/07 10:36

    名前はすごい聞いたことあったけど見たことなかったからようやく鑑賞⚪︎

    ラッシュアワーとかバッドボーイズ系のアクションコメディかと思って気楽にみてたら
    なんとも重々しくシリアスすぎる展開で
    コメディ要素ゼロでした!

  • 3.0

    coco2ir3さん2020/06/20 11:32

    1980年代に放送された「特捜刑事マイアミ・バイス」は、おしゃれで洗練されていたが、マイアミっぽい陽気でコミカルな面もあった。この作品は終始シリアスで、マイケル・マン監督の色濃い演出はTVドラマのイメージを覆してしまった。それならそれで構わないが、どちらかと言えばTVドラマのほうが好きだ。迫真の銃撃戦はさすがだが…

  • 3.0

    トムブラウニーさん2020/06/17 23:21

    大好きな2人が主演だけどちょっと真剣すぎる。ちょっとしたジョークでいいから言ってほしかった。まだ間に合うよ。

  • 3.2

    映画ファンさん2020/06/17 16:38

    マイケル・マン監督作にしては始終潜入捜査のためかなり地味
    ジェイミー・フォックスとコリン・ファレルもそんなに役に合ってる気がしない
    下手なリアル志向より映画的見せ場がもう少し欲しかった

  • 3.0

    愛樹さん2020/06/15 15:53

    名前は知ってるけど、個人的観たことないシリーズと称して鑑賞した1本。
    コリンファレルとジェイミーフォックスのバディもの、という事でなかなかレアな組み合わせが気になったのも注目点。
    内容は麻薬操作の潜入ものだけど、消化不良気味で終わったなぁ...というのが観賞後の感想。
    銃撃戦は、監督がマイケルマンだけに重厚感があって、『HEAT』ほど大規模でないにせよ好印象だった。この監督の銃撃戦の音はほんと拘ってて凄い。
    潜入、協力、ラブロマンスとエンタメを構成する要素は散りばめられているが、それがトントン拍子に進んでしまい、この手のものでありそうなバディとの衝突や、捜査官の身バレから来るハラハラ感も皆無と言っていいほどない。
    原作ありきの、その中の1エピソードの映画化ということだが、なんでそのエピソードを選んだのか理由が気になる。
    人気だったからとか?
    何にせよ、平にならしたグランドのような映画だったな〜という印象だった。
    可もなく不可もなく、夜中にテレビで放送してたら結構観ちゃうかも。
    そんな脳死映画だった。

  • 2.0

    まおさん2020/06/07 09:02

    「見てなさい。あんたの脳みその下にある脊髄に秒速832mで鉛の弾をブチ込んでやる。撃たれたかどうかも気づかない。指も動かずにあんただけが死ぬ。
    嘘じゃないよ、どう?信じる?」

  • 3.2

    TAKEさん2020/06/01 16:55

    途中で気付いた。
    マイアミ・マーリンズのTシャツ着ながら観てた。

    心のどっかでマイアミを求めてたんだなぁ

  • 2.7

    彦次郎さん2020/06/01 08:29

    人気テレビシリーズを現代版としてリメイクした刑事バディもの。
    運び屋として麻薬組織と取り引きをする刑事が組織の女と深い仲になりつつ事件を解決するスパイ映画的要素あり。
    元のドラマ未見なので比較は出来ませんがバディ感がかなり薄く、現実の人間関係的なリアル志向と見受けられます。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す