お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

駅までの道をおしえて

G

その駅は、ひとりぼっちの2人が信じた小さな奇跡。

8歳のサヤカ(新津ちせ)は、両親(坂井真紀、滝藤賢一)、愛犬のルーと一緒に赤い電車が走る海辺の街で暮らしていた。彼女は臨海学校で留守にした数日の間にルーがいなくなったことが信じられず、ルーとの思い出の場所を訪ねては捜し続けていた。ある日、サヤカは以前ルーが連れていってくれた野原で一匹の犬と出会う。

詳細情報

関連情報
原作:駅までの道をおしえて プロデューサー:オシアウコ 製作会社:GUM株式会社,株式会社ウィルコ 音楽:原摩利彦 撮影:蔦井孝洋 主題歌・挿入歌:コトリンゴ
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ファミリー邦画ランキング

駅までの道をおしえての評価・レビュー

3.4
観た人
206
観たい人
889
  • 3.5

    Tacosさん2020/06/03 13:28

    ゆっくりとした良質な映画。
    いじめられっ子でおしゃまな8歳の女の子のお話。
    音楽がかわいい。
    俳優さんたちは、しっかりとしていていい。セリフより、ことはがない間の時間の方が長いのに、伝わる。

    刺激が多い昨今なので、ゆったりし過ぎるように感じてしまうのは残念。

  • 1.5

    ぎょんたさん2020/05/25 07:52

    テーマは良いし、ゆったりとした流れは悪くないですが、それでも長く感じた。知らないおじさんと海に行ってそれを両親が知らないなど現実感がないんだよな。滝藤さんが普通のお父さん似合わないなぁ。

  • 2.7

    タナカ商店さん2020/05/23 20:38

    たまたま目についたのでレンタルしてみました。


    う~ん…………
    うん……

    そんな感じですね(´・ω・`)


    何も感想が出てこない。
    こりゃ困ったぞ。
    てっきり『僕のワンダフル・ライフ』みたいに、ホッコリできると思ったんですよ。
    期待したものとは違いましたね。

    そもそも、犬との触れ合いもあまりない…
    飼い犬を亡くした女の子の物語なんです。
    てなわけで、結構重い。

    景色は綺麗で良かったです。
    今すぐにでも出かけて草原に寝たいなって気持ちになります。
    てなわけで、結構眠たくなる(笑)


    主演の子役は新津ちせ。
    あの「パプリカ」を歌う音楽ユニット“Foorin”のメンバーです。
    父親は何と『君の名は。』で知られる新海誠監督!!


    邦画特有のお泣かせ要素がウザかったです。
    演出がいちいちクサいし、受け付けない。

    しかも125分は長すぎる…
    何度観るのやめようと思ったことか…(´Д`)

    新作レンタルで観るほどのもんでもなかった。

  • 3.3

    nanananaaaanさん2020/05/23 01:29

    綺麗な映画。by副店長
    まちがいない!!わら
    でも、いい意味だなんだよね

    しんでしまったたいせつなものたちと
    どうやってさよならをするか。

    あったかくて、そして切ない。
    音楽と映像美に魅せらるなあ

    滝藤さんのお父さんいいなあ
    あとおじいちゃんもいい。

    最後ほろっとしかけた、しないけど!🐶

  • 3.5

    前髪メガネさん2020/05/22 02:56

    お犬と子供の映画なんて号泣しかねないから映画館での鑑賞は避けていたのでレンタルにて鑑賞。

    想像いた話とは違いかなり序盤でお犬が亡くなる。その喪失感を抱えた少女と幼い息子を亡くした老人とのお話。

    愛犬ルーとサヤカの仲の良さがとても微笑ましい。撮影前から実際に飼育をしていたらしくルーとサヤカの絆の深さがよく伝わってくるし、2人が共にいる時の映像の綺麗さは拘りを感じる。ルーと過ごした日々とルーを失った今の時間を同時に移す際もその点で差を出していてとても良かった。
    サヤカのしっかりとした役柄に感心したけど、それを演じきる新津ちせちゃんの演技力もすごい。子供の機微を表現しながら長めのカットを演じきるのだから恐ろしい。
    ストーリーとして長く丁寧に喪失感を描いていて、展開が多いわけではなくかつ少しファンタジー要素があるので苦手な人には苦手かも。ファンタジーといっても演出がファンタジーなわけで8歳くらいの子供だったら取り立てて不思議とまではならいような程度。
    あえて詳細を語らないので感情移入は出来ないけどそれによって客観的に作品として見られたのも良かった。

    緑や青などの景色色がとても綺麗。

  • 2.0

    怒髪猫なんじゃったさん2020/05/20 20:09

    原作が伊集院静なのか・・

    伊集院静の小説は1度も読んだことは無いがこの映画は面白くなかった・・ファンの皆さん御免なさい。


    とても長く感じた映画でした・・こんなに長くする必要があったのだろうか?
    途中で何度も睡魔が襲ってくる退屈な🎬でした。


    少女と飼犬ルーの物語・・そこに関わる昔に息子を亡くした老人。

    ストーリーもありきたりだし、最後の亡くなった人との駅での別れのシーンもやたらと長過ぎるし観てるこちらの気持ちも入らない。


    とても緩慢なだらだらした映画でした・・もっと簡潔にストーリーを纏めたら違ったものになったかもしれない。

  • 2.4

    KATSUさん2020/05/20 18:46

    犬と子供=涙腺崩壊。をちょい期待してたんだけど、

    いまいちハマらず…

    maybe、天才子役の大人なび過ぎた演技と、想像以上にファンタジー色が強かったのと、生死感の違いかな?…

    個人的には駅なんかあっても無くてもよくて、生まれたからにはみんな死ぬって、割り切ってる面もあるし、

    愛犬が居なくなっても、写真全てを閉まったりしなくても…って思うし(^◇^;)

    原作は知らないけど、もっとやれた様な気がする、脇役とストーリーだった。

  • −−

    Hanaさん2020/05/16 13:59

    小説読んでるみたいに観れた映画だった。
    観終わった日が雨で、映画の音+後ろでしとしと雨の音がするのが心地良かった。
    たしかに、立ち会ってない死って実感できないから、どうお別れしたらいいか未だに迷う。
    サヤカの描写は「大人すぎる」ように映るけど、実際子どもの考えてることってこのくらい大人だったりするよなあ。
    ほんとはどれくらい理解してるかとか大人には分かんないけど、「案外大人だ」ってことは忘れちゃいけないなって、自戒。

  • −−

    なずなさん2020/05/06 22:02


    とっても、やさしい

    いのちのお話
    生まれて、生きて
    命のおわりがくる。
    必ずくるお別れ


    けれど
    今のわたしには
    まだまだ、
    蘇りくるしい

    シアワセなひととき
    共に過ごした時間は消えない
    ずっと変わらないけれど…
    さびしい気持ち
    会いたい気持ちは
    どうしたらいいのかな

    とってもいい作品だから
    劇場へ行きたかった作品だった
    行かれなくてよかったかな…
    泣いてないてつらすぎた

    もしも…
    もしもまた会える日が来たなら
    その日が来るまで
    恥ずかしくないように
    ちゃんと生きなくちゃだね

  • 3.2

    taiさん2020/05/04 20:16

    映像はとてもきれいで犬も可愛くて愛おしくなるのだけど、内容があまり無くつまらない。疑問符がいっぱいつく。
    ルーがどのようにいなくなったのかや、子供らしくない台詞や、映像が不要に長いと感じる所がある、例えば夫婦でご飯を食べている場面かあるけど、何か意図があるとは受け取れない。
    最後のシーンも別に感動はなかったし、10年後のサヤカの声を演じていた有村架純が映像の中で有ってもよいのではないかと思う。チョッと期待して観てたのに残念。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る