お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Fukushima 50

G

日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11 その最前線で戦い続けた50人の物語

あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。彼らは言った。 「これが自分たちの仕事だ」-米CBS NEWS 「原発内で、顔も名前もわからない50人の作業員Fukushima50が戦っている。彼らが最後の砦だ」-米The New York Times福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた―

詳細情報

関連情報
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊) 音楽:岩代太郎
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-10-16 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

Fukushima 50の評価・レビュー

3.9
観た人
16475
観たい人
12654
  • 3.5

    MAAAAAさん2021/06/17 20:44

    福島でこうして命をかけて
    戦ってくれた人たちがいる
    それを忘れない為にも
    映像として残せておけるのは
    いい事だと思う。

    ただ映画としての評価は
    イマイチです。
    専門用語が多すぎて理解するのに
    時間がかかる。
    そのため感情移入できず
    これってどう言う事?が多かった

    他の方の口コミでもありましたが
    韓国のパンドラの方が
    遥かにイイです^_^

  • 2.0

    わたるさん2021/06/16 19:56

    現場視点から福島原発事故を描いた作品
    なので東電本社や政府首脳は徹底して無能で邪魔な存在二なっている
    現場視点だからそこはいいんだけど
    (本当はそれぞれの立場の違いから行動のすれ違いを表現出来たらいいけど)

    何が起きてるのか映画だけ観てもよくわからない
    当時のニュースを見て時系列を把握していても難しい
    所長がいる場所といちえふ、そして協力会社の人達の役割とか、退避する判断基準や撤退の定義など

    1号機が爆発して3号機も爆発、4号機は安全で2号機は...?セーフでした
    ふいに通り過ぎるクライマックス
    ドキュメンタリーとしてももう少し演出のやり方があったのではないかと

  • 2.5

    ポカリさん2021/06/16 18:20

    実際に起きた出来事を記録に残して後世の人に語り継ぐ、というのは映画が持つ1つの役割ではあるものの、台詞回しや演技の間が事実を作り物のように見せてしまっている気がした。政治家のポンコツっぷりが露呈してた点は高評価。災禍に基づくドキュメンタリーを1つの映画作品としてどう捉えるかってなかなか難しいっすね。

  • 5.0

    焼肉うまいさん2021/06/15 16:55

    正直、韓国映画のパンドラに負けとる。

    まずストーリーは事実だから文句の付けようはない。
    ただカメラワーク古いし、演出は臭くてダサいし、なんでノンフィクションなのにそういう古臭い演技で無理矢理盛り上げようとするかね?
    ノンフィクションなのに逆にリアリティを潰しとる。

    でも原発で頑張り東日本を救った人たちに敬意を持って評価は5.0
    もし、これがフィクションだったら3.0以下
    1番残念なのは2016年に韓国に福島の原発を題材にした映画を先に作られて、内容も完全に韓国のが良かったこと。
    日本の年配の頭ガチガチの映画監督はセンスがないな。

  • −−

    ky31さん2021/06/15 15:38

    脚色があるかもしれないけれど、あの時このような出来事があったということが知れる

    こんな非常事態でも組織の上が足を引っ張るんだから笑えない

  • 3.0

    リッジスカイウォーカーさん2021/06/15 08:09

    以前NHKでやってたドキュメンタリードラマと内容はほぼ一緒でした。まぁ当たり前っちゃあ当たり前か。

    ただこちらの方が佐藤浩市さん、渡辺謙さんが務めてる分、感情移入度は高いです。(大杉漣さん版ももちろん良かったです)

    さて、この作品を通して思うのは、未曾有の危機に陥った時の総理大臣、そしてその取り巻きたちの無能さと存在の無意味さです。
    邪魔ばかりしている。
    当時リアルタイムで状況を追っていただけに、総理の視察の裏であんな事が起きていたなんて。。

    もう最近は本当に何のためにいるのかわからない。国のリーダーが実質国をさらに危機に陥れている根源であるとも感じてしまう。原発の事だけでなくね。


    まだ中国のように情報統制されず、映画という形で情報発信できてるのはせめてもの救いかなと思います。

    ニエフが水素爆発しなかったのが本当に奇跡(なんで爆発しなかったのかが不思議なくらい)で、最悪の状況が起きたら、もしかしたらもう俺は死んでいたかもしれない。

    水道の蛇口から出てくる水が汚染されていたら、もう人間は死ぬしかない。
    水が使えなければ生きていけないな、というのを顔を洗い、風呂などのいつもの水を見て現実的にそれを思いました。


    原発はコントロールできているだの言ってはいましたが、そのような上辺だけの言葉を並べても何の意味もなく、廃炉への道は光が見えない道程であり、この後決行されるであろう、汚染水の海洋廃棄で生態系にどう影響が出てくるかもわかりません。


    原発は未来のクリーンエネルギーと言われていましたが、自然に回帰できない物質を扱う以上、そんなものは詭弁でしかなく、原発を使わないエネルギーを使って生活するにはどうすれば良いかという方向に舵を切り、模索していくしかないんじゃないかと思います。

    人類大量虐殺の時限爆弾を自ら設置しているようにしかもう考えられないのです。


    あんな大事故が起こっても、もんじゅに無駄な維持費が垂れ流され続けても、英断をすることが出来ず、未来に先送りしかしない日本という国は、近い将来、本当に消滅しそうです。


    このままじゃ。



    永遠に語り継がなければならない大事故。
    日本に住んでる私たちは、この出来事を忘れてはいけない。という意味で本作は必見です。


    そういえば、本作の最後に「東京五輪が復興五輪になる」って書いてあったのを観て、ここまで五輪開催拘ってるのは、こういう側面もあるのかな?と思った。

    もうオリンピックってそういうものじゃ既にないよね…


    よく考えたら、オリンピックへの好意的な関心を寄せるための、壮大なコマーシャルも含まれてるのかもしれない。

    トモダチ作戦も事実だけど、本作では取ってつけた感は否めなくて、作品のテーマとしてはなくてもいい描写だったと思う。

    アメリカだけじゃないしね。
    台湾だって他の国だっていろいろ助けてくれたじゃん。
    アメリカへのパフォーマンスも含まれていそうだ…

  • 3.2

    sarinaさん2021/06/13 19:14

    東日本大震災のことよく知らなかったからこの映画を通して知ることができてよかった
    ただチェルノブイリを見た後だとどうしてもリアリティとか緊張感が物足りなく感じてしまうな

  • 4.5

    ぴょんなおさん2021/06/13 14:54

    映画を観た人が、実際にあった出来事・事実に対して関心を持ち続けること、忘れないこと、語り続けること、そのきっかけになることがこういう映画の意義なのかなぁと思ってる。
    映画化する以上多少の脚色や焦点の絞った演出になるのは当然、そこから自分で学びにいく姿勢って大事だよねって話🙂
    やっと観れた、観て良かったなぁ。

  • 3.7

    pawawaさん2021/06/12 22:58

    知らなかった。辛いのは同じなのに、こんなに奮闘してくれている人達がいたことを知らなかった。怖いなと思った。

  • 3.9

    えっかーさん2021/06/12 21:09

    映画の全てを鵜呑みにできない事は理解しつつもやはり現場の決死の奮闘には引き込まれた。類型的な科学への過信と暴走の構図が現実にも起こり得るという教訓。極限のリーダーシップなど色々考えさせられる日本人必見の作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る