お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Fukushima 50

G

日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11 その最前線で戦い続けた50人の物語

あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。彼らは言った。 「これが自分たちの仕事だ」-米CBS NEWS 「原発内で、顔も名前もわからない50人の作業員Fukushima50が戦っている。彼らが最後の砦だ」-米The New York Times福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた―

詳細情報

関連情報
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊) 音楽:岩代太郎
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-10-16 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

Fukushima 50の評価・レビュー

3.8
観た人
18346
観たい人
12662
  • 3.7

    ぞーろーさん2021/08/03 23:59

    最初の方専門用語だらけで全然分からなかったけど、分からなくても俳優陣の演技力に圧倒されて見てられた。
    ほんとにほんとに無知だった。こんなに命をかけた人々がいたなんて。すごい。
    この人たちがいなかったら日本は終わってた。
    日本を救った方々。英雄。
    知ることが出来て良かった。

  • 3.6

    Keitanさん2021/08/03 23:32

    20210713 062
    説明するまでもない、あの3.11の大災害の再現物。ただ当時は地震と津波の被害で東日本じゅうがヒッチャカメッチャカだったので、原発事故にだけ世の中の注目が集まっていた訳ではなかった。
    逆にこの映画は、原発現場にのみ絞って描かれた作品なので、東日本大震災の臨場感は全く無い。そのかわり原発がいかに危機が逼迫していたかが、よく分かる内容になっている。

    現場の命懸けの苦労と、会社上層部や政治家達の空気の読めなさなどを浮き彫りにした構成。何も理解せず、むしろ行動が邪魔にしかしていない様に描かれる佐野史郎演じる首相には失笑。(当時、菅さんだっけw)

  • 4.0

    SKuriさん2021/08/03 19:43

    「俺達は、何か間違ったのか?」


    "チェルノブイリの10倍だ、、、"
    東日本壊滅。この大惨事を乗り切ったのか。
    色々言われてるけど、東電ってすげー。

    劇的な死に方も、嘘の様な奇跡もない。
    だからこそ、言葉にならない恐怖を感じる。よく、こんなに早く映画にできたな。


    作戦名「トモダチ!!」
    アメリカ空軍も何だかめっちゃ優しい。

    皆川猿時は、なぜ社会派作品だと馴染むのか。
    普段あんなにクレイジーなのに。
    渡辺謙と佐藤浩一のコンビは文化遺産です。


    2021年観賞66本目

  • 4.0

    よーいちさん2021/08/03 14:45

    あくまでも『映画』なので
    どこまでが『事実』で
    どこまでが『脚色』か、わからないが
    日本が滅亡一歩手前だったこと
    命を掛けて戦った人が居た事は『事実』

    それも正義のヒーローでもなければ
    何かの主人公でも無い一般の人の戦いなので
    ただただ尊敬です。

    どこでも同じなんだと感じた
    本部と現場との温度差
    本部は本部で描かれてない何かはあるとは思うのですが…かなりイライラしました。
    今のコロナの状況考えると
    政府や上層部はもっとシッカリしてほしい

    東日本大震災の時の総理は『菅さん』
    今のコロナ危機の総理は『菅さん』
    なんか…なんかやな…

  • 3.3

    SHINTA22さん2021/08/03 12:53

    楽しく見る事は出来なかったが、忘れてはいけないと改めて思った。
    この映画を通して後世に伝えられたらと思う。

  • 3.5

    hachisabiさん2021/08/03 10:22

    過去に地上波で鑑賞済みだが、レビューしておきます

    これも日本で起きた忘れてはならない出来事

    2011年3月11日 東日本大震災
    福島第一原発事故発生
    10年前とはいえ日本中に衝撃を与えたのはまだ記憶に新しいが、原発の津波によるダメージは計り知れなかったのがよく分かる作品だ
    現場で命懸けの作業に当たった方々には敬意を表したい

    だが、海外ドラマの「チェルノブイリ」を先に観てしまったが為にどうしても比べてしまう…
    チェルノブイリの事故は人為的ミスによるものだが、その後の放射能による甚大な被害もリアルに再現されており衝撃を受けた

    福島の事故は自然災害に伴う事故ではあるが、もっと伝えるべき事があったのではないかと思ってしまう

    ラストのハッピーエンドみたいな終わり方もモヤモヤした
    まだ終わってないはず

  • 3.9

    yossyさん2021/08/02 21:29

    当時、津波の映像ばかりが印象に残っていて、原発がここまで危機的状況にあったなんて、、恥ずかしながら知らなかった。

    現場の人たちの命がけの努力で、今の日本があるんだなぁ。

    てか、政府にとことんうんざり。

  • −−

    Theclaさん2021/08/02 17:23

    渡辺謙のラフな(作りすぎない)芝居が良かった。あまり見たことがない渡辺謙かも知れない。火野正平さんの馴染み方というか、実際にそこにいたんじゃないかと思わせる佇まいに滋味があった。
    未だ謎の残る(それによって助かった何万の命や土地がある)事件ではあるけど、あのとき場所で尽力していた全ての方々に頭が下がる。フィクションではあるがその人らの闘いを知ることができてよかった。

  • 4.6

    yucca1127さん2021/08/02 16:05

    日本アカデミー賞を取った時から気になっていた作品。

    いや。すごかった。
    知らない事実も沢山あったし、現場対外野的なよくある対立もすごくリアルに描かれている。こうゆう危機的な状況でのリーダー像も考えさせられた。

    私たちの生活は色んな人に支えられている

  • −−

    viciさん2021/08/01 22:45

    核融合を含んだ原子力開発は技術ロードマップ上、日本にも世界にも必要な力であるが「大量の熱」というもの自体が厄介な存在だ。これだけ科学が進んでも人類は未だにタービンを回している。

    電気を作る設備を維持・管理するためには電気が必要というブートストラップ問題がよく分かる事故だ。

    遠くから監督する立場と必死の現場の対比を率直なセリフでよく表現している。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る