お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

関ヶ原

G

「愛」と「野望」、激突!

関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康。三成と家康は、いかにして正規の合戦に向かうのか?そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽との、密やかな“恋”の行方は・・・・・。権謀渦巻く中、「愛」と「正義」を貫き通した“純粋すぎる武将”三成の戦いが今、幕を開ける!!

詳細情報

関連情報
原作:司馬遼太郎「関ケ原」(新潮文庫刊) 製作:「関ヶ原」製作委員会 音楽:富貴晴美 美術:原田哲男
音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-05-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

関ヶ原の評価・レビュー

3.2
観た人
8446
観たい人
4825
  • 3.3

    ヒロさん2020/06/04 21:43

    石田三成さんのことは歴史上でもすごく有名なので、どういう末路になっていくかは勿論知っていて、それをどう感動的に持っていくのだろうかと期待していた。
    義に誠実な男という印象は持てたけど、なんだろう、全体的に浅いというか、盛り上がりがない。

    平岳大さん、いい役者さんになりましたねねー。一番味が出てました。

  • 3.3

    おーじさん2020/06/04 17:54

    司馬遼太郎原作。石田三成を主人公に関ヶ原の戦いを描く。
    司馬遼太郎原作ということもあり、関ヶ原の合戦だけでなく、なぜその陣容になったかという前日譚にも重きが置かれている。合戦以前に謀略を絵描こうとしているのは好感が持てるが、どうしても天下分け目の大戦となれば、駆け足で紹介をしている感がいなめない。もう少し割り切っても良かったと思う。
    しかし三成の頭でっかちさはよく現れていた。
    言っていることは正しいし、相手にも本人なりの誠意をもって対応してるのに空回り感が凄い。
    個人的には島津がちゃんと描かれていないせいでよくわからん人たちになってるのが残念。退き口も描かれないからまじあの人たち何なんだ、となりそう。
    詳しくない人には駆け足で、話が入ってこず、詳しい人には物足りない出来になってしまった印象。
    それでも前振りに力をいれ、合戦前から戦が始まっていることをよく描けていたのは良かった。

    個人的には小早川の解釈は目新しく感じた。原作からあの解釈なのだろうか。

  • 3.0

    yuyaさん2020/06/04 14:05

    戦下手、人望薄のキャラには見えない武将だなと。

    そして劣勢の中、忠義を尽くした島左近や大谷吉継らの活躍ぶりも描かれていてところも良かった。

    私利私欲に飲まれてうまくいかない展開が続き、ムズムズするところが多い関ヶ原、敗者側の視点からは新たな発見もあり、飽きずに見ることができました。

  • 3.0

    エスパーいとぅさん2020/06/04 13:16

    司馬遼太郎「関ヶ原」の実写化。

    関ヶ原の戦いに至るまでの石田三成・徳川家康の動向を描いた作品。

    今回はAmazonPrimeVideoで鑑賞したんだが、とにかくセリフが聞き取れない(苦笑)
    各地方の方言はほぼ理解できないし、言い回し、早口、ボソボソ。
    字幕が無いとこれはムリ。

    という訳で雰囲気だけで鑑賞。
    この時代の知識を自分はあまり持ち合わせていないので、人間関係など説明がなく難しかった。

    歴史好きな人は楽しめるのかもしれないが、ちょっと自分にはハードルが高い作品でした。

  • 3.8

    mdyooさん2020/06/03 23:26

    リアル。善くも悪くも。
    学生時代の知識、黒田官兵衛の大河を見ていたからついていけたが、人物関係は難しい。
    真面目一貫だけでは人は惹き付けられないのがよく分かりました。

  • 3.0

    けいさん2020/06/02 14:52

    ⭐︎時代劇はやはり知っていないと演じられと感じた。
    ※原田は「ラストサムライ」に出演した際に目にした合戦に触発されて「日本の世界戦略時代劇」を作りたいと考えるようになった。
    24億


    第41回日本アカデミー賞
    最優秀撮影賞 : 柴主高秀
    最優秀照明賞 : 宮西孝明
    最優秀録音賞 : 矢野正人
    優秀作品賞
    優秀監督賞 : 原田眞人
    優秀主演男優賞 : 岡田准一
    優秀助演男優賞 : 役所広司
    優秀音楽賞 : 富貴晴美
    優秀美術賞 : 原田哲男
    優秀編集賞 : 原田遊人

    第6回ジャパンアクションアワード ベストアクション作品賞 最優秀賞

  • 3.3

    KATSUさん2020/06/02 00:05

    セリフが聞き取りにくい
    武将達の相関関係など詳しいと面白いが、そうでないと2時間半は長く感じるだろう。

  • −−

    ふなさん2020/05/31 21:48

    今まで見てきた大河ドラマと少しの予備知識でなんとかついていった感じ。難しい。

    でもこれくらいのスケールだと見ててワクワクする。
    東出昌大がいた。

  • 3.4

    vaさん2020/05/31 20:12

    話の大筋を知っていたが、テンポが速いので飽きずに見れた。
    島左近と大谷吉継やっぱり良いなぁ。

    俳優さんたちの演技力も良かったのも勿論だけど、配役がとても良い。
    特に秀吉、家康、北政所。
    普段は洋画ばかり見てるけど、たまには邦画も良いなと思えた。

  • 2.9

    ヒラツカリプソベイべーさん2020/05/31 19:57

    長い。




    大河ドラマを見てかじった知識じゃまともに太刀打ちできない情報量とリアルな合戦場。
    直江兼続、島左近の配役が素晴らしい。
    役者陣の豪華さと演技がまた良い。
    島津軍がきちんと薩摩弁使ってくれているのもニヤリとした。

    しかし。
    長い。家だと飽きが来る…ぐぅ…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る