お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

関ヶ原

G

「愛」と「野望」、激突!

関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康。三成と家康は、いかにして正規の合戦に向かうのか?そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽との、密やかな“恋”の行方は・・・・・。権謀渦巻く中、「愛」と「正義」を貫き通した“純粋すぎる武将”三成の戦いが今、幕を開ける!!

詳細情報

関連情報
原作:司馬遼太郎「関ケ原」(新潮文庫刊) 製作:「関ヶ原」製作委員会 音楽:富貴晴美 美術:原田哲男
音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-05-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

関ヶ原の評価・レビュー

3.2
観た人
8306
観たい人
4806
  • 2.9

    ともぞうさん2020/05/25 01:27

    リアリティを重視したためなのか、セリフが聞き取れない上に早口で、よく分からず。
    あれだけのキャストとエキストラを使いながら、もったいない。字幕をつけてほしかった。

  • 3.2

    キッチーさん2020/05/24 19:01

    石田三成に焦点を当てた関ヶ原。その割りに有名な干し柿エピソードはなかったですね。司馬遼太郎の司馬史観が反映された作品なので...三成がなんかいい人になっていてイメージが違いました。関ヶ原以前の三成の行動が描かれていれば、いい人だけの人ではない筈なんですけどね。

    関ヶ原では島津義弘の「島津の退き口」が好きなんですが、今回は一瞬でした。義弘を演じた麿赤兒さんは、はまり役ですね。でも、大河ドラマ『葵 徳川三代』に続いて2度目ですが、大河の方が迫力ありましたね。
    徳川勢の赤と黒の母衣(ほろ)は初めて見たけど、なかなか派手で良かったです。役所広司さんの家康が母衣ではしゃぐシーンも印象的でした。

    149分と長尺ですが、関ヶ原だけに絞っても、ちょっと物足りない感じがしてしまいました。三成が愛した初芽(有村架純さん)は架空の人物らしいので、彼女が出てくる意味も三成の人柄を説明するだけのためだったのかな~😅
    でも、ストーリーはともかく、岡田准一さん、有村さんの演技は良かったです。

  • 2.9

    Keitaさん2020/05/24 18:50

    誰が誰にどうして何をしているのかが全然わからなかった、、。武将の名前を聞いてパッと背景が分かる人じゃないと楽しめないかも、、。人間関係の妙みたいなのは結構あってそれは良かったかなぁと思いました。

  • −−

    Lingさん2020/05/24 17:41

    2020年117作目。

    日本史上最も有名な戦の一つであるこの関ヶ原をこれだけのスケールとキャストで観れるのは映画ファンとしてとても嬉しい。あそこで毛利が動いていれば。あそこで小早川が徳川を攻撃してれば。こんな風に考えながら観るのもいいかもしれない。ただ島津の会話を字幕無しでやるのはちぃと酷じゃわい。

  • 3.3

    Konnyさん2020/05/24 13:29

    え、なんて?👂字幕欲しい。
    台詞がほとんど聞き取れないけど面白かった。台詞が分かればなぁ…悔しい。三成・家康の駆け引き。取り巻く人間模様。
    原作読んでからもう一度。

  • 4.0

    Kensukeさん2020/05/24 11:21

    めちゃめちゃ面白かった!

    どこまでが時代考証と合っているかは置いておいて、今まで見た事ある時代ものより格段にリアルだったし、セリフが6割くらいしか聞き取れない事も含めて映画で時代物を表現して、観客に仮想体験させてくれるという意味があると感じた。

    車も電話もない時代に何万人もの組織の作り方や、情報のやり取り、規律など素晴らしいと感じたし、その中で正義や保身や思いやりもあり惹きつけられた。

    ただ有村架純が出てるシーンは
    爽やかなお茶のCMに見えてしまって残念。。

    「燃えよ剣」は原作を読んだ事があるし楽しみだ。

  • 3.0

    ひろCさん2020/05/24 11:04

    中学校の社会科で習った通りの関ヶ原の戦いだった。
    史実に基づいた映画は最初からネタバレ状態だから飽きてしまうかと思ったけど、キャストがぽいな〜とかストーリーとは別の視点で楽しめた。小早川出てきた時は思わず「東出!ぽいわぁ〜!」
    私にとっては全ての登場人物がイメージ通りのキャラクターだったので安心して見られた。ひょっとして社会科の教科担任は司馬遼太郎の関ヶ原を読んだことがあったのかな?

    裏切りへの心の動き方等、授業で習った通りだったけども、戦国時代の節目の出来事ではあるが果たして1つの戦いに関してこんなに詳細に学んでいるのって珍しいのではないか?とふと思った。戦国時代にあまり興味が湧かない私でもこれほど知っているのはなんでだろう?と考えてみたら、小学校か中学校かで関ヶ原の戦いについて史料をもとに調べ学習をして模造紙にまとめる授業があったなという記憶が蘇ってきた。地元だからなのか教科担任自体の好みの問題なのか、今となっては分からないけれども、時間割の5〜6時間を使って調べてもまだまだ知りたいと思えた。誰もが生きるため勝つため武功をあげるために必死だった戦国ロマンだから、多くの人間を魅了しているんだろうなぁ。

    余談だけど軍師官兵衛のイメージが強くて岡田准一が登場してからしばらく「???」となってた。笑

  • 2.7

    リモさん2020/05/24 01:30

    原作は素晴らしいのですが

    私には心揺さぶられるところがなかった。

    まずは合戦シーンでどちらがどちらかがわからない。

    秀吉が亡くなる前迄はワクワクしたんだけど。

    ごめんなさい🙏。

    レビューが書けない。、

  • 3.8

    Takuyaさん2020/05/23 20:40

    武士のしゃべりがその地方の言葉を反映してたりと結構リアル。
    岡田くんが軍師官兵衛のイメージが強すぎて三成合ってない気がした笑
    途中の兼続と三成の会話シーンはもはや清盛と官兵衛の共演みたい笑
    あと開戦前の家康の本陣が書写山やったの興奮した

  • 1.0

    JangDuxPanchamaさん2020/05/23 20:15

    司馬遼太郎の名作をここまで、
    比較してはいけないと思ってはいても、、
    役所広司がいなければ成立しない作品にしてしまうとは、、、

    この作品は日本語字幕が必要です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る