お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

マチネの終わりに

G

たった三度会ったあなたが、誰よりも深く愛した人だった―

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子に出会う。ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせた二人。洋子には婚約者がいることを知りながらも、高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう。互いへの感情を心の底にしまったまま、別々の道を歩む二人が辿り着いた、愛の結末とは―

詳細情報

関連情報
原作:平野啓一郎「マチネの終わりに」(文春文庫) 音楽:菅野祐悟
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-05-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー邦画ランキング

マチネの終わりにの評価・レビュー

3.7
観た人
8059
観たい人
12480
  • 4.1

    malieeeさん2020/07/06 00:17

    パリの街並みとギターの音色が美しく、終始心地よい旋律が流れ続ける。

    燃え上がるような情熱的な愛に溺れる描写ではなく、離れていても深く静かにお互いを想い合うような。上質な大人の愛という感じ。

    経験してきた恋愛の形や価値観・年齢・またどの人物にフォーカスするかによって感想は分かれそう。

    私は好きだったなぁ。

  • 3.5

    やぴ幕僚長さん2020/07/05 16:07

    おしゃれな街に美男美女の恋愛
    うっとりする映画

    洋子さんが地球のどこかで死んだら僕も死ぬって言葉が冷静と情熱の間の冒頭を思い出した。
    「私結婚するのよ」「知ってる、だから止めにきた」って口説き方がとても強引なのに憧れてしまうロマンティスト。笑
    ジャーナリスト役の石田ゆり子の言葉遣いがどれも美しくて、美しい言葉が似合う素敵な女性で憧れる🥺✨
    二人を引き裂くマネージャーの気持ちもわかるけれど、やり方が幼稚で見ててイライラしてしまった。笑 引き裂いた彼女の決死の告白を聞いても「あなたの幸せを大事になさい、さようなら」ってお金を置いてにっこり出て行くゆりこは一人になってから泣くところまで含めてベストオブザいい女😭✨

  • 5.0

    toyamatさん2020/07/05 15:43

    何よりも言葉遣いが綺麗だった!
    40代の等身大な心理描写に共感しかない。

    色々経験してきた分、色々見えるからこそ怖いことが増えていって自分自身を縛ってしまう。若い頃にはどうやっても戻れない。

    それでも過去は今の自分次第で意義を変えられる。どんなにそれが悲しい結末でも。

  • 3.5

    スナィミーさん2020/07/05 13:41

    友人に勧められて、、、全く興味ない系の作品やったけど観てみたら「スマホを落としただけなのに」やった笑!
    そこからはアンジャッシュのコントに!!

    いやいやそれは冗談としてほんまなかなか良かったんじゃけど、石田ゆりこさん、そりゃもちろん美人だけど一目惚れしてそこまでグイグイ行くような感じかねぇ?と
    そこが気になってねぇ。

  • 3.3

    toshiyaさん2020/07/05 12:20

    大人な恋愛

    去年原作で読んだけど、タイミングが合わず今になって映画をみた。こんな恋愛はしたくないな、、

  • −−

    miya3215さん2020/07/05 00:51

    本当は、劇場で観たかったけどタイミングが合わず、やっと鑑賞‼︎情景も綺麗で、何といっても、石田ゆり子さん、福山雅治さんが素敵で魅入ってしまいました。幸福の硬貨の音楽が頭から離れず、映画を観た後もずっと聴いてます。サヨナライツカとはまた違ったセツナサがありますが、今後は個人の想像で捉え方も違うのかなと思いました。

  • 4.0

    Runaさん2020/07/04 21:26

    「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」

    辛かった過去が
    未来によっては明るいものになるかもしれない希望が持てる。

    石田ゆり子のファッションが素敵で
    フランスと、アメリカも舞台として出てくるのがいい。

    心地の良いギターのメロディ

  • 4.8

    YukikoUnnoさん2020/07/04 18:13

    大人のロマンス要素満載。福山雅治と石田ゆり子をたっぷり堪能できる映画。いい。
    どんなにすれ違っても必ずまた会えるなら、未来を待つのも悪くない。

  • 3.5

    NeneIwamiさん2020/07/04 16:16

    原作がとても好きで、プライムでレンタルができたのて鑑賞。

    牧野も洋子も原作通りだし、早苗も早苗だった。早苗はやっぱり嫌な女だった…

    今回映画のために書き下ろされたらしい幸福の硬貨がとってもよかった…
    何度でも聞きたくなるメロディの心地よさよ…

    舞台が東京、長崎、ニューヨーク、パリと展開されるわけですけどいちいちドラマティックが過ぎる。

    パリで2人でランチしているシーンとかなんだあれは。

    育んだ時間とか関係なく、一目で恋に落ちてこんな感じになることってあるんですね〜

    良い映画だった。

  • 3.5

    いはんさん2020/07/03 19:07

    決して正解は無いんだと思うが、わたしの中ではこれではなかったかな。原作を読んだ時の気持ちが全く思い出されなかったかな。

    やはり難しいですよね、原作ファン、映画ファンの双方が喜ぶ作品は。同じ小説を読んでも人によって感じがたは違う。それが映像化されると、その差異が目に見えて、身に染みる。そんなとこかな言いたいのは。だから、決して良くなかったということではなく、感じ方が違ったというだけです。

    大人の恋愛。すれ違いの恋愛。
    大人になったからこそのすれ違い。
    互いに遠慮してしまうことが、その溝をさらに大きくする。幼稚なことをいうと大人になりたくないです。でも、いやでも私たちは前に進むんだよね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る