お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

黒い司法 0%からの奇跡

G
  • 吹替
  • 字幕

司法の闇と闘う逆転劇を描いた“奇跡の実話”!

黒人への差別が根強い1980年代アラバマ州、犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士ブライアンは無罪を勝ち取るべく立ち上がる。しかし、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正がブライアンの前に立ちはだかる。果たしてブライアンは、最後の希望となり、彼らを救うことができるのか―!? 可能性0%からの奇跡の逆転劇に挑む!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

黒い司法 0%からの奇跡の評価・レビュー

4.1
観た人
8984
観たい人
19963
  • 4.5

    enriiさん2021/04/20 12:45

    現代は黒人への差別に対して色々な運動が行われているけど、根本的にはこの作品の元になっている80年代からあまり変わっていないのだろうな、とつい先日20代の黒人男性が警察官に射殺されたニュースを見て思った。
    (実話に基づいたこの映画の舞台も、To kill a Mockingbirdと同じアラバマだし、教訓が活かされていないという印象)

    「人種差別」全般に関しては日本では取り上げられる機会が少ないけど、同和問題等日本にも差別は一定程度根付いていると思うので、自分が加担者にならないように改めて気をつけたい。

  • 4.2

    影千代さん2021/04/20 00:08

    21078
    ブライアンの非常に大人な戦略でマクミランの釈放を勝ち取ったのを見て、チャップマン検事を叩きのめしたい欲望に燃えていた自分のダメさを感じた。
    たぶん、権力や不条理や多数派の抑圧と闘うには、理想と不屈の精神と冷静な戦略が必要なんだろう。ときには妥協と感じられる選択も。
    若い看守の顔つきや態度が変化していくあたりにも、本作の持つ絶妙なバランスが表れている。
    マイケルBジョーダンと、ブリーラーソンのキャスティングは完璧。
    それにしても、、アラバマ物語博物館の件は、ほんとに冗談きついと思うわ。。

  • 4.5

    みほさん2021/04/19 23:46

    2020年9月、日本語が分からない人に農作物を盗まれた、というつるの剛士のツイートと、そこに群がるヘイトスピーチが話題になった。

    2021年2月、地震発生後に「朝鮮人が福島の井戸に毒を入れているのを見ました」をネタとしてツイートした人がいた。

    「日本は差別が少ない」などと言えるのは、差別されたことがない人の驕り。



    原作含む、映画のタイトルに違和感なので-0.5。

  • 3.8

    たまちゃんさん2021/04/19 19:29

    実話がベースの映画。この手の映画を観る時には心身共に安定してないと辛い。白人の警察官がウォルターに優しくしてあげている場面を見ると救われました。いい映画です。

  • 4.3

    いぶきさん2021/04/19 16:06

    あってはならない事だけど、実際に会った話。黒人差別、ユダヤ人差別などあらゆる差別は人間の醜い所のひとつだと思う。日本では余り意識されないけど、自分の周りにも差別は溢れているので、自分が差別をする側にならないように、差別を受けた時にどう対処すればいいのか、日々考えていきたい。

  • 3.7

    ジョーさん2021/04/18 08:30

    人種差別による冤罪で死刑宣告された死刑囚を救うため戦う弁護士の実話

    正義や何の為の司法なのかよく考えさせられました。

    死刑宣告された10人に1人は冤罪という事に衝撃を受けました。

    マイケル・B・ジョーダンのスピーチと演技がとても素晴らしかった。

  • 3.6

    SeikiOdaniさん2021/04/17 23:59

    本作のような事はまだまだ氷山の一角ではあろうが…世の中の理不尽な事実をこうして知り、良き未来を創っていく意思や活動は大事ですね(理不尽な事は全て無くなる事はないですが…(*_*))

  • 5.0

    Aikaさん2021/04/17 15:44

    全ての人に必要なのは正義
    すごく胸が痛かったけど、希望もたくさん見出すことができました。
    弁護士ブライアンすごくかっこよかったです。

  • 4.6

    あささん2021/04/17 14:27

    黒と白とサックスブルー
    舞台は1980年、アラバマ州
    ハーバード大学卒のエリート黒人青年が立証不可能な冤罪に強い信念と精神で挑む実話。

    傍聴席に座っている気分になりハラハラドキドキ、涙なしでは見れない。

    正義とは何か、決して綺麗事ではうまくいかない。だけど「最終的には強い信念と情熱が勝つ」そう信じたい。
    力強く、優しく、元気をもらえるそんな映画だ。

    死刑囚一人一人に家族のように寄り添い、一緒に感情を共有していた弁護士ブライアン。
    絶望の淵にいる死刑囚を救ったブライアンはアメリカのヒーローだ。

    この映画のタイトルやエンドロールのカラーがシンプルな黒と白。ブライアンがよく着ているサックスブルーのシャツが似合っていた。

    ブライアン(マイケルBジョーダン)の美しい瞳とスーツ姿に鍛えた身体にはため息が出る。
    重く悲しいけど小さな光と希望が見える物語に、時折流れるゴスペルに癒され泣ける。ストーリーだけでなく映像、音楽、ファッションにも注目してほしい。

  • 4.1

    けーしさん2021/04/17 13:13

    “Do the right thing”簡単そうでほんと難しい。それを躊躇なく実行できる主人公の信念はほんと偉大だし尊敬できる。
    こんな素晴らしい人の功績を知れて良かった!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す