お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ブラッドショット

G
  • 吹替
  • 字幕

蠢き、滾る血 地獄から蘇ったスーパーヒーロー、記憶を奪われ、不死身の肉体を手に入れた ヤツの名は“BLOODSHOT

アメリカ海兵隊員のレイとその妻が何者かに殺害される。レイはとある組織の最新テクノロジーにより圧倒的パワーと回復能力を有した超人“ブラッドショット”として蘇生させられる。組織の訓練施設に隔離されたレイは、失われた過去の記憶を次第に取り戻し、自分と愛する妻を殺した男をみつけるため施設を脱走し復讐を果たす。しかしその直後、意識を失い再び記憶を失ってしまう。記憶の謎を執念深く追い続けたレイは、恐るべき陰謀の存在に辿り着くのだった、、、。

詳細情報

原題
BLOODSHOT
関連情報
原作:ヴァリアント・コミックス 製作:ニール・H・モリッツ,トビー・ジャッフェ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-17 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ブラッドショットの評価・レビュー

3.4
観た人
583
観たい人
1089
  • 3.4

    さほさん2020/08/05 02:06

    アクションだけどミステリーな部分もあってわりと楽しめる作品だった。ハイテク技術すげ〜ってなる。ヴィン・ディーゼルはやっぱ強キャラ過ぎ。

  • 3.5

    Walterさん2020/08/04 06:41

    再生する不死身のヒーローをヴィン・ディーゼルが彼をサポートする凛々しいヒロインをエイザ・ゴンザレスそしてガイ・ピアースと好キャストの揃う注目の作品。ストーリーは典型的ヒーロー物でバトルアクションは中々だったが主人公が無敵が故に緊張感はあまり無いがビジュアル的には見所多し。

  • 3.5

    jazzの部屋さん2020/08/04 02:42

    アメリカ海兵隊レイはある日妻の死とも自らも死ぬが目を覚ますと超人的力を手にしていた。
    アメコミの実写映画。
    ヴィンディーゼル無双を期待していたがわりとチーム戦が多めで締めるところを主役が締めた印象。
    ガイピアースも出演していてなんか嬉しかった。

  • −−

    しろくまさん2020/08/03 04:37

    ヴィン・ディーゼルの映画ってこんな感じだよなあと思ってたらアメコミ原作なのー?ヴィン・ディーゼルはヴィン・ディーゼルなんだな。

  • 3.5

    かむいさん2020/08/01 20:59

    ただでさえ無敵の「ヴィン・ディーゼル」が最新のナノテクノロジーで不死身のヒーローへ
    観ていて単純に面白かった!出てくる兵器やストーリーが厨二心をくすぐる作品でした
    なかなか面白かったです!ヒロインの「エイザ・ゴンザレス」が何かエロカッコよかったです

  • 4.2

    yujiさん2020/08/01 19:31

    SFアクションとしてはコテコテな作品だが、安定感があって面白い。映像もクオリティが高いし、ラストバトルも迫力がある。映画に意外性を求める人には合わないのかもしれないが、もうちょっと評価されてもいい作品。

  • 2.0

    リュウセイさん2020/07/31 17:53

    前知識なしに見たのでなかなかの掘出し物に出会った感があります。もう少し敵キャラが立ってたら、また評価も変わったかも知れません。

  • 3.4

    Rogerさん2020/07/30 17:19

    アメコミ原作なので下地の物語の背景はよくできてると思います。CGも良かったです。ただ、金払ってまで観たいものかと言われれば、「う〜ん...」という感じです。可もなく不可もなくという印象でした。「ターミネーター:新起動ジェニシス」に登場するナノマシンのターミネーターT-3000の劣化版の能力って感じです。半不死身なので攻撃を受け過ぎれば死んでしまう。能力は超パワーだけなのが何というか勿体無い気がします。いくらでも似たような作品があるのでパッとしませんでした。面白いですが記憶に残らなそうな作品です。

  • 3.6

    モヤシュシュさん2020/07/30 11:31

    元々不死身じゃないですか😁



    ヴィン・ディーゼル主演のアメコミ作品。
    ナノテクで最強と化した男の復讐劇‼️



    不死身(今作は厳密にいうと違うのですが)によるメリット、デメリットがあると思うのですが、今回は戦闘にかけてはマイナスだったかな?修復するヴィジュアル面は面白いですが戦いが雑、、、
    どうせ死なないし感が強い!けど不死身になるとそれもリアルなのか?
    けどやっぱり被弾制限ある方が緊張感と爽快感を得られるよね😆

    まぁ彼の場合どのみち死なないの分かってるけど笑!

    アクション自体は面白くいかにもヴィンらしい❗️アメコミ映画というよりいつものヴィン映画❗️

     
    ちょうど公開のタイミングが悪く散々な結果だったらしいけどコロナなんかに負けないで欲しい❗️

  • 3.0

    kiuさん2020/07/28 15:59

    とりあえず15cmについてハッキリさせようじゃないかの映画

    にやけ顔が全米イチ似合う男ヴィンディーゼル主演。ヴァリアントコミックス出身のアメコミヒーローものです。コミック版は日の丸なデザイン。この後のヴィランも日本人(原田東洋)なので、当初あったユニバース構想が実現していたら日本人俳優の出演もあったかも~。残念。

    そんな原作は知らないで観賞。初めは悪役のキャラ崩壊に、はぁ?っと思ったけど。。。製作陣にしてやられた。

    味方(?)は手や足を失った元兵士達。最近だと『機動戦士ガンダム サンダーボルト』的な感じですが、なんとなく皆川亮二の「ARMS」っぽい印象。(「ARMS」も「スプリガン」もハリウッド向き。昔の作品だけど、あっちの人に見つかって欲しいなぁ)

    製作陣の狙い通り、『ワイスピ』感が強めですけど、なかなか楽しめました。


    映画の世界ではナノマシンやEMP兵器も身近になってきたねぇ。SFちっくな洋画は未来を感じれるから好き。

    その昔、『ジュラシックパーク』で恐竜の血を吸った蚊から血液を取り出し、クローン技術で恐竜を産み出すところに、うわぁ未来だぁ!と感動したものです。一方で邦画は、アニメは結構ちゃんと未来してたりするんだけど実写は。。。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す