お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

帰れない二人

G
  • 字幕

激変する21世紀中国。7,700kmの旅と共に紡がれる、17年におよぶ一組の男女の愛。

舞台は2001年の中国、山西省大同チャオはヤクザ者の恋人ビンと共に、彼女らなりの幸せを夢見ていた。ある日、ビンは路上でチンピラに襲われるが、チャオが発砲し一命をとりとめる。5年後、出所したチャオは三峡ダムによって失われる街・奉節へビンを訪ねるが、彼にはすでに新たな恋人がいた。チャオは世界で最も内地にある大都市・新疆ウイグル自治区のウルムチを目指す。そして2017年がやってくる――。

詳細情報

原題
Ash is Purest White
関連情報
プロデューサー:市山尚三 音楽:リン・チャン 撮影:エリック・ゴーティエ(A.F.C.) 美術:リュウ・ウェイシン 編集:マチュー・ラクロー,リン・シュウドン
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
中国/フランス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

中国映画洋画ランキング

帰れない二人の評価・レビュー

3.8
観た人
895
観たい人
1975
  • 3.5

    sobayuさん2020/07/11 13:19

    パッと輝いて消える花火みたいな若い時のパートが鮮やか過ぎて、その後の静かで地味な人生を見ながらもあの頃のきらめきが忘れられない…というのは映画自体の感想と重なる。

    チャオの服装、青の稲妻じゃない?と思ったらまさにそうで、ある種メタというか集大成なんですね。

    最後がなぜ監視カメラなのかというのは“中国の今”を表してるのかな。あんな男どこがいいんだと思うけど。最後までまさに帰れない二人で、人生が終わらない限り終われないという終わり方に痺れた。リアル路線なのかと思えば奇妙にファンタジーだったり、独特。

    この長さとある種の退屈さこそが必要なのは分かるけど、やっぱ長いもんは長い。

  • 3.3

    Kaz66さん2020/07/07 14:52

    WTO加盟に北京五輪開催決定と、中国の急成長を世界に知らしめた2001年からの20年近く。
    その裏側でもがいてきた市井の人たちの軌跡を、カンヌ常連の名匠:ジャ・ジャンクが描く中仏映画!という謳い文句で、劇場で観ようかなーと思っててスルーしたのですが、結果DVDでもよかった感じです。
    社会の急激な変化『若い人たちは都会に働きに行き、農村の人口構成が非常に偏って、村に残るのは老人と子供が中心になった。一方でインターネットや高速鉄道が発達し、中国がどんどん小さくなり、国内の距離と時間が縮んだ気がする。』
    を表す一つとして、監督は『裏社会の人々』を登場させ、美しい風景と共に哀愁たっぷりに描いている。
    そういう映画を本国共産党管理の下で撮る!というのはそれなりに大変なのだろうと思うし、ジャ監督が結構“反体制”の『言うべきことは言う』タイプの人だということを知ってるので、何となく表現したいことはわかるが、普通に観たらけっこう退屈な映画かなーと思う。

  • 3.4

    スカラムーシュさん2020/06/28 11:51

    あの頃 あの場所へは

    もう二度と帰れない


    21世紀の大きく変動する中国の社会情勢を背景に、一組の男女の17年におよぶ愛の軌跡を描いた恋愛叙事詩、、、


    一途に愛する男をかばって嘘をつき
    5年間刑務所に服役した女。

    1年で出所したのに面会にも迎えにも来ないどころか新しく女を作っていた男。

    中国版のザ・ノンフィクションみたいだった。

    なんかこういう"腐れ縁で結ばれた未婚の中年ワケありカップル"って日本にもよくいる気がする。

    結婚するわけでもないが離れることもないみたいな。


    中国映画はあまり観たことないので他の作品との比較はできないが、中国の文化や歴史をちゃんと知ってたらもっと理解度が深まりそうな作品だった。



    (P.S.)
    変なダンスシーンがある映画が好きでして、、、

    風の噂でそういうシーンがあると聞いたので鑑賞してみたのですが、どこの場面で踊るのかなーと思ってたらまさかの葬式でした。

    めっちゃシュールだった。

    「Cha Cha Cha」と「YMCA」は世界共通なんだな。

  • 3.5

    mchingmovieさん2020/06/27 10:48

    愛する男を守るために服役した女。服役後男に会いに行くと、男は別の女と交際していた。

    話はそれなりにある物語かもしれないけど、映像が美しい。中国?の景色が心地いい。

  • 4.4

    Yuyaさん2020/06/18 20:04

    婁燁 馮小剛 王小帥 そして賈樟柯
    いわゆる中国第六世代の監督は
    ホント素晴らしい映画を撮るよなぁ
    台湾でいうと 鈕承澤あたりも…
    もはや アジア版“Nouvelle Vague”
    と言ってもいいんじゃないかな

    急速な経済発展の中においても
    人の心は 同じスピードでは変われない
    いや むしろ“変わらない美徳”もあり
    その一方で 時の流れ 時代の流れは
    様々な物事や人々 そして心さえも
    残酷なまでに 過去へと置き去りにする

    情を捨て 義を裏切り 仁義を嘲笑わないと
    人は立ち止まらずに 前へは進めないのか…
    そして そうまでして 時代を超えた人は
    いったい何処へ往くのだろうか…

    過去の栄華を捨てきれず 体面を保てぬ故郷を捨てた男
    墜ちぶれた男への愛を捨てきれず 女の幸せさえ捨てた女
    『長江哀歌』でも描かれた 大河の一角のダム
    年々 川面が上昇してゆく中で 常に上へ上へと
    転居を繰り返す人々は やがては
    天に登るのか それとも川底に沈むのか

    悠久の時間の流れの中で 人の一生はあまりに儚い
    行きたい場所がある時 人は
    帰る場所の事など考えもしないのに
    帰れる場所を失った時 人は
    行く宛さえも見失ってしまうものなのか…

  • 4.3

    simpsonsさん2020/06/17 12:19

    理屈なく誰かをひたすら愛し続けるってかっこいい。
    自分の抱く気持ちに迷いも疑いもなく、後悔もない。
    愛とは、裏切られても、誰から何と言われようとも黙って貫くものと教えてもらった。

  • 3.5

    akubiさん2020/06/17 01:38

    どうしてこんなにも、ひとを愛してしまったのだろう。なんて。そんな後悔など微塵もなかった。
    なにも、なかった。
    ただ、つがいのように本能で生きていた。
    残ったのは執着だった。
    上等じゃん。

    未来へ向かって後退してゆくわたしたち。
    逆らうことのできない、時代と河の流れ。

    不器用な孤独が踊る、さびしい情景が、果てしもなく続いている。

    『僕らはみな、宇宙の囚人なんだ。』

  • 3.5

    たな会No02さん2020/06/13 23:28

    謎のUFOシーンとラストの謎の監視カメラ映像はさておき、現代中国の歴史と個人の歴史が重なって戻ってこないものを、美しい映像と市井の人々とともに描き出します。不思議なバランスなんです。決して裕福ではない人たちの生活は色合いとしては美しいとは言えないものなのですが、この人にかかれば見事にマッチして美しい。日本にはない風景と壮大さなのでそれだけでも観る価値はあると思います。自分を庇ってくれた彼女を捨ててしまい、また拾われますが、また別れます。随所に笑いを入れようとするのですが、ちょっと間が悪いです。北野映画の間を模しているところがいくつかありますが、北野独特のリズムはなかなか真似できないんでしょうか、ちょっと笑うに至りませんでした。

  • 3.5

    いくまさん2020/06/11 14:21

    公共场所(public place)のシーンから始まる。冒頭シーンはこの短編映画にセリフが付けられたような雰囲気。

    愛とは、人付き合いとは何か考えさせられるような映画だと思うが、雑音が多すぎてあまり考え込めなかった…。
    UFOの件なんか絶対いらないでしょ!笑

  • 3.5

    ラストシアターさん2020/06/09 16:49

    ジャ・ジャンクー監督作品

    激動の21世紀の中国に翻弄されながら

    2001年から17年の月日の流れの中

    一組の男と女の激愛

    堕ちていくヤクザの男

    愛を貫き逞しく生きる女

    二人の愛のすれ違いが

    情緒豊かに、激しく

    静かに、過ぎていく

    「愛とは?」

    考えさせられる作品

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す