お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

喝 風太郎!!

G

すべての迷える子羊たちへ

長年の修行を終え、ボロボロの袈裟に身を包み町へ降り立った僧・風太郎。大酒を食らい、大の女好き、破天荒で非常識、かつ自由勝手で横暴な風太郎に出会う人はみな振り回されていく。詐欺まがいのことをして日銭を稼ぐ健司、家庭でも会社でも居場所を失くした社畜サラリーマン末吉、ネット依存症の自称インフルエンサーの詩織など、最初はそれぞれの事情で風太郎を利用しようとしていたが、思いのまま生きる彼といることで心が解きほぐされていく━。そんな中、風太郎たちはホームレスのためのボランティア活動に情熱を注ぐ麻季と出会うが・・・。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:卓真ケン
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-24 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

喝 風太郎!!の評価・レビュー

3
観た人
50
観たい人
109
  • −−

    machakiさん2020/05/22 21:51

    原作がちゃんとヤンジャンであったんだね。
    これ見た後に漫画読みたいなってなりました。(完全に趣味だけ)

    オムニバスが絡んでくる系はよくあるから映画として目新しいものじゃないけど、ほんわか心があったかくなれる感じでいいね。

    市原隼人から始まりMy first story までの無駄遣い感がすごいけどこんなに賛同してくれるんだすげぇってなりますよ。

  • −−

    テイラーさん2020/04/12 18:30

    繋がりのある映画でした。坊さん・風太郎の純粋な言動が悩める人々に影響を与えていくところは爽快感があります。

  • −−

    ヒッチコッ九太郎さん2020/01/27 21:26

    麿赤兒さんの髭がない!!

    市原さん絡みでなんやかんやありまして、、、
    最終的にホームレス大変だなあと思いました。
    (雑なレビュー笑)

    ※チケットカウンターで、「かつ、ふうたろうを」と、なんか勝新太郎さんを呼び捨てにしてるみたいで変な罪悪感あった(笑)。
    ※今日は人生考えさせられる映画二本観て、帰りシュンとしてた。

  • 3.3

    猫さん2019/11/15 23:21

    フリーパス恩恵鑑賞
    (因みに『マレフィセント2』も『108 海馬~』もでーす!)

    題名で時代劇かと思っていたら現代話でした。
    ここでは評価が凄く低かったんだけど、
    普通でしたよ。
    漫画(本宮ひろ志)原作だから
    映画も漫画チック。
    同じ時間軸で3つの話があり、最後まで観ると最初の疑問が解消されます。
    少し突っ込みどこもあるけど(笑)
    普通なんだけど
    市川くんのあんな汚い面で見たくなかったなぁー(笑)
    鶴田真由が意外な役でビックリ。
    社蓄と言う言葉が出てくるけど、
    この言葉はあまり好きでなく、あれは上司の描き方が極端なだけ。
    自分の給料は何から出てるのか?を考えようよ。と
    映画の筋と違う事を思ったりしちゃいました(笑)

  • −−

    KeitaKuromiyaさん2019/11/15 00:14

    自分を取り巻く環境、それは居やすかったり依存してしまったり。抜け出すきっかけもなければ勇気もない。SNSでしか繋がれない人なんかまさしく周りに存在する。
    だが、どこか納得いってない。
    だったら、強引に変えるしかない

  • 2.5

    サミーさん2019/11/09 01:47

    痛快というよりは世の中に…寄り添っているのか?それとも一石を投じているのか?
    そんな人情モノです。

    本宮さんのマンガに比べると汗の匂いはしないです。
    マイルドという意味をどう受け取るのかはご鑑賞されるあなた次第です。

  • −−

    いがらっしーさん2019/11/08 10:18

    映画『あいが、そいで、こい』の 柴田啓佑監督 の商業映画デビュー作。
    長年の修行を終えた破天荒な僧(市原隼人 さん)が、現代社会における悩みを抱える人達の心を説法や彼特有の金言で解きほぐしていく。幾人かの話を別々に展開しながらも、巧みに伏線が張られている。
    本当にやりたいことは何か?生きることは?縁は?あるがままの自分は?など、つい自分に置き換えて問い掛けたくなる。

  • 1.0

    兵庫太郎さん2019/11/05 20:56

    まず言えるのはシンプルに面白くなさすぎて工夫してる構成も意味なしてない。
    内容もペラペラだし面白くない深夜ドラマ感すごい。
    市原隼人の無駄遣い

  • 2.9

    ブルースカイさん2019/11/05 16:27

    市原隼人さん目当て。
    声と目だけ・・・姿は、髭もじゃで熊さんの様だった。
    残念。
    “喝”とは、禅宗でのはげましの声だって。
    原作がヤングジャンプという事でお話も漫画読んでいるみたいだった。

  • 3.2

    KazuoKikuchiさん2019/11/05 08:13

    隼人くんの、大胸筋見れて良かった❗
    この原作は知らないので、イメージわからないけど、こういうゆっくりペースの話なんですね❗
    近藤さんは、こういう役、はまり役やね。居酒屋の『あの』シーンも、頑張ってましたね❗

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る