お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

カイジ ファイナルゲーム

G

これで最後だ。

2020年、国を挙げて盛大に開かれた東京オリンピックの終了を機に、この国の景気は恐ろしい速さで失速していった。金を持つ強者だけが生き残り、金のない弱者は簡単に踏みつぶされ、身を寄せ合うことで何とか今を生きていた。自堕落な生活を送っていたカイジは、派遣会社からクズと罵られ、薄っぺらい給料袋を手渡される。そんなカイジに声をかけてきたのは、帝愛グループ企業のひとつを任される社長に出世し、スーツに身を包んだ大槻だった。大槻は一枚のチラシを見せ、自分と組まないかとカイジを誘った。それは【第5回若者救済イベント開催!バベルの塔】。金を持て余した大金持ちの老人が主催するイベントで、一攫千金のチャンスだ。運命の歯車は動き出した。カイジを待ち受ける未来は天国か地獄か?日本中を奮い立たせる最後のギャンブルが始まる―

詳細情報

関連情報
原作:福本伸行「カイジ」(講談社ヤンマガKC刊) 音楽:菅野祐悟
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-07-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

カイジ ファイナルゲームの評価・レビュー

3.1
観た人
12032
観たい人
11981
  • 2.8

    Umemotoさん2020/08/05 16:30

    カイジシリーズの中では1番どんでん返しやストーリーが微妙だったけど、ラストの名台詞や相変わらずの頭のキレに「やっぱカイジだな」と思わされる。

  • 1.9

    ポジティブさん2020/08/04 11:58

    びっくりするくらい面白くなかった。

    まず、金持ちに加担するようなノーリスクギャンブルの構図なので、そこがダメだった。
    次に、原作の世界観を無視した無理やり設定
    最後に、どんでん返しの仕掛けがしょうもなかった。前作は最高だった。

    とは言え原作ファンなので最後まで鑑賞。これでファイナルなのはもったいないを

  • 1.0

    アキさん2020/08/03 23:36

    これはお粗末。懐かしのメンツが出る演出は良いが随所がチープすぎ。何よりカイジが繰り出す策が幼稚園生レベル。考えたヤツ出てこい、あとゴーサイン出したヤツもな。映画館で見なくて野口が救われた。

  • 2.5

    miiさん2020/08/03 19:40

    全然ざわざわ…しないカイジ映画🎦

    懐かしい顔ぶれもあったけど…
    やっぱり利根川さん見たかったな🥺


    帝愛グループに余り迫力が無く残念。
    命懸けのギャンブル性も少なく残念。

    この映画を観るよりもアニメの
    「中間管理録トネガワ」が圧倒的に好き。

    ようこそ
    バカにしていた底辺の生活へ🤑

  • 2.7

    ようかんさん2020/08/03 16:38

    カイジのIQめっちゃ上がってない??
    今までの作品と比べたら少しギャンブル感が少なかった気がする。

    金のコイン一枚でそんなに変わる??うーん。嫌いではなかったけど上手くいき過ぎてて刺激が足りなかったかな。

  • 2.9

    Miさん2020/08/03 13:18

    酷評ばかりで逆に気になってたシリーズ第二弾。AI崩壊と一緒に借りた。カイジの方が面白かったな。

    話は福本伸行が作ったらしいけどOVA並みの内容であんまり…。藤原竜也は安定の演技と存在感だったけどクズ薄め。日本の物価の値段が大きく変わってしまっていて共感できない。オリンピック要素要らないんだけど…
    漫画原作の兵藤の息子・和也編、「友情確認ゲーム 救出」を実写で見たいなぁ。

  • 3.5

    eyuさん2020/08/03 12:04

    カイジ、藤原竜也好きだから楽しい〜

    キンキンに冷えてやがる
    悪魔的


    けれども、
    半コインで勝ち負け決まってもーたーぁ笑笑

  • 4.0

    jiminyCさん2020/08/02 11:37

    【ほんと、観てて気持ちいい映画です】

    カイジがまた帝愛グループとの闘いに挑む。
    今回は国を巻き込んだギャンブルに。
    はたして、カイジたちの運命は…。

    最後の展開はもうわかってるところがあるけれど、
    それでも楽しめるから、好きなシリーズ。

    懐かしいメンバーも出ていて、
    あぁー!ってなります笑

    また爽快な気分になりたいときに観たい、
    そんな映画です。

  • 2.3

    KEITOさん2020/08/02 07:57

    悪魔的完成度…!(悪い意味で)

    藤原竜也ウォッチャーとしてはどんなに評判が悪くても彼の作品を観なければいけない。それが藤原竜也を愛する藤原ウォッチャーとしての使命なのだ。それじゃあ観ますよ〜、観る観る…。

    心が折れますよ…なんだこれは…。

    な゛ん゛な゛ん゛だ゛よ゛お゛ぉ゛!゛!゛!゛


    冒頭からあまりにも浅すぎるディストピア像でズッコケた。まあ最悪ストーリーは別につまらなくても良いんだけどさ、本作のゲームは福本先生が考案したらしいですが実はそれウソなんじゃね?(暴言)というくらいゲームが面白くないのが問題。

    最初のゲーム『バベルの塔』。ビルの屋上のデカい棒の先に貼りつけられたカードを奪い合う。これの攻略法は「事前にビルの位置の情報を知って足場を準備する」。まずハンチョウはどっから場所を知ったのか謎だし、せめてゲームの最中にこの攻略法を思いつかせないと展開上ダメな気が。

    次の『最後の審判~人間秤~』は本作のメインゲーム。これはカイジ自体がプレイヤーじゃないからイマイチ盛り上がらず。ただここは最初に出てきた派遣社員たちが黒崎に一矢報いる展開があるので、全編を通して唯一カタルシスがある場面でした。藤原さんの怪演も見れるしね。至福です。

    第三のゲームは『ドリームジャンプ』。自殺志願者の10人が一斉にバンジージャンプして9人が死ぬ仕組み。生き残った1人だけが大金を得られます。今回は特別ルールでカイジが10本のロープから1本を選び自らバンジーします。これの勝ち方の伏線「キュー!」…いや伏線と言っていいのかこれ。

    最後のゲームは『ゴールドジャンケン』。これは締めのゲームにしてはルールがシンプルすぎるし特に面白くないため言うことはないです。あと観る予定が無い人のために敢えてネタバレするけど、何でラストに加奈子が遠藤に寝返ったかマジで意味わかんない。実は裏で手を組んでたとかでもないしメリット無くないか?

    最後はとりあえずこれ言わせとけばええやろ的に「キンキンに冷えてやがるっ…!」と言いビールを飲むカイジで終了。ここカイジがトランクの中身知らないまま調子に乗って注文してた方が面白かったのに。まあどうでもいいか、こんな話だし笑。

    これからも藤原竜也ファンとしては彼の出演作はチェックしますが、次に控えているのが文字通り爆弾を抱えた『太陽は動かない』。こいついつも命賭けてんな。

  • 3.0

    キングマーさん2020/08/02 00:11

    【2020年124本目】
    ゲームの内容がイマイチ、カイジの仲間のキャラもイマイチ、全体的にダラダラ感が漂っていた。
    しかし、事前にハードルをめちゃ下げていたせいか、想像していたよりも酷くはなかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る