お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・キッチン

G
  • 字幕

DCエンターテイメントのヴァーティゴ・コミックブックシリーズから映画化。

DCエンターテイメントのヴァーティゴ・コミックブックシリーズから映画化された本作では、オスカー(R)候補のメリッサ・マッカーシー、ティファニー・ハディッシュ、エリザベス・モスが競演。舞台は1978年の悪名高いヘルズ・キッチン。主人公である専業主婦たちのゴロツキ亭主どもは皆、FBIの手で塀の中の住人になっていた。生活に困り、憤懣やるかたないレディたちは何と、アイルランド系マフィアのシノギに自ら手を染め――意外にも、次から次へと手際良くこなしていく。それも違法ビジネスの運営から、文字通り、ライバルの始末に至るまで……。

詳細情報

原題
THE KITCHEN
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-07-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪洋画ランキング

ザ・キッチンの評価・レビュー

3.1
観た人
658
観たい人
570
  • 3.1

    まほにさん2021/12/05 01:51

    何故か勝手に爽快な成り上がり系な作品かと勘違いしてたけど意外とハードボイルドな内容
    サクサクと簡単に人を殺し、やってることは冷酷なのにいまいち緊迫感がないのが少し物足りない。
    ただ解体シーンはゾクゾクさせられて良かった

  • 2.6

    Rodriguezさん2021/11/29 23:20

    アイリッシュコミュニティの闇。
    主婦が服役中の旦那の代わりにコミュニティを牛耳るという???なサクセスストーリー。
    流し観でも十分でした。

  • 3.3

    ざぴぽてとさん2021/11/07 21:43

    なんとなく流してて最後まで見てしまったいかにもアメリカな映画。
    なんだろ、派手さはないけど主婦成り上がり的なストーリーで普通に面白かったかな。

  • 2.1

    ぴこさん2021/10/25 09:59

    上手くいき方が簡単すぎて、あんましささらんかった🥺ぽっと出の主婦感が拭えやん…のし上がっていく系ってなんかもっと地味な主婦でも派手にかっこいい感じになっていくイメージあったからちょっと物足りやんかったかな…静かにちょっとシリアスやった。終盤に、あっそうなん?ってちょっと盛り上がったけど応援しづらかったぜ…

  • 4.0

    腎臓売買女さん2021/10/19 23:06

    「長年感謝ばかりしてきた。父さんやドアを開けたくれた男とかジミーとか神の恵みとか、なのに安心して街を歩けたことはなかった。いつも恐怖だった、女は皆そう。でも今後は違う、私を先に考える。もう変えないわ、これが私のやり方」

    マフィア映画といえば男映画、女はいつも蚊帳の外。だが、この映画は違う。
    生きるために腹を括った女3人が立派なマフィアになる映画だった。

  • −−

    床下散水さん2021/10/09 21:07

    期待しすぎたな、と。なんか山場あるような無いような。人物同士の葛藤があるような無いような。リミテッドシリーズだったら違ったのかな。

  • 3.1

    shuwaさん2021/09/30 08:47

    男尊女卑の世界で、下剋上をする女3人

    ギャングの妻たちは、夫が逮捕されたことにより収入源がなくなってしまった。ギャングから支援してもらえず、生活困難に陥ってしまう。そこで、力を合わせ金を稼ぎ始めた妻たちは、次第にシマを制覇し始めるが…。

    まあ、うーん。メリッサマッカーシー=コメディと勝手に思い込んだせいもあるんだろうけど、面白要素なしの結構シリアルな話。人がバタバタ殺されるし、冷酷な世界だなと思った。

  • 3.1

    derutaさん2021/09/17 21:16

    メリッサマッカーシーが好きなので

    ずっと眉間にシワが寄ってしまいそうな緊迫した映画
    なかなかハードモードな生き方
    一般家庭に生まれてきて良かった

  • 3.5

    Kさん2021/09/08 00:42

    亭主関白が未だ罷り通っていた時代。アイリッシュマフィアの夫が強盗で収監されてしまい、金に困った三人の主婦が闇社会へと進出。暴力と殺人など日常茶飯事のヘルズ・キッチンで伸し上がっていく三人。
    オリー・マスターズとミン・ドイルが発表したDCコミック『The Kitchen』を原作としている本作。メリッサ・マッカーシー主演なので、勝手にコメディ調のギャング映画かと思っていたが、全編かなり重厚なものだった。男尊女卑?亭主関白?そんなものクソ喰らえ!な勢いで、暴力で支配しようとする男共を頭脳で先を往く痛快さ。マフィア映画ならではの群像劇的な一面もあって、低評価気味だけど結構面白かった。
    エリザベス・モスとドーナル・グリーソンの殺人の隠蔽工作を通して繋がる愛が異端で物凄い好き。てか気だるげな殺し屋のドーナル・グリーソンとか私得過ぎるな。

  • −−

    RAMRIDERさん2021/09/06 22:09

    女性のチーム犯罪ものがすきなのでチョイスしたけど女性が男性の暴力を抑えながらのしあがっていく部分にあんまりリアリティが感じられず乗れなかったかもしれない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました