お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

1917 命をかけた伝令

G
  • 字幕

驚愕の全編ワンカット映像によるほんの一瞬先すらも予測できない緊張感、常に主人公のそばにいるかのような臨場感〈命がけの壮絶なミッション〉に同行せよ

第一次世界大戦真っ只中の1917年のある朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクにひとつの重要な任務が命じられる。それは一触即発の最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること。この伝令が間に合わなければ味方兵士全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになる――。刻々とタイムリミットが迫る中、2人の危険かつ困難なミッションが始まる・・・。

詳細情報

原題
1917
関連情報
プロデューサー:サム・メンデス,ピッパ・ハリス,カラム・マクドゥガル,ブライアン・オリバー,ジェイン=アン・テングレン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-07-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

1917 命をかけた伝令の評価・レビュー

4.1
観た人
32952
観たい人
45450
  • 4.2

    majiziさん2020/08/08 13:19

    第一次世界大戦、若きイギリス兵2人が重要な命令を一刻も早く伝えるために駆け抜けるストーリー。

    お話はこれだけなのに、全編ワンカット風の撮影方法は、臨場感と没入感で凄まじいかったです!これは素晴らしいアイデアと技術。ネズミやカラス、死体の山と塹壕戦の恐怖。撮影場所やセット?舞台美術はどうなってるのってくらいリアリティがありました。

    要所要所でイギリスの有名俳優がチラチラ出てきたり、一難去ってまた一難の展開は目まぐるしくて緊張しっぱなし。

    戦争なので辛いことの連続なのですが、自然の描写が残酷なまでに美しく、なんとも言えない気持ちになりました。こんなに綺麗な空と草原の中で何やってんだというやり切れなさ。

    終盤にドラマGoT好きな私には、あーそれはズルい…と思わせる配役がありました!

  • 4.7

    マコトさん2020/08/08 12:51

    芸術的現代版の走れメロスの

    ◆設定、ストーリー < ワンカット
    設定、ストーリーどちらもありふれた内容ですが、ワンカットの表現方法が芸術的。
    これをやろうと思った事、実際におこなった事が凄過ぎる。
    演者が少なく、室内であれば比較的簡単に出来そうですが、それの真逆を行っているので、気が遠くなりそうな作業だと思う。
    セリフを間違えたり、カメラマンが転んだりで、またあそこから撮影かみたいな事は多々あったと想像できる、間違えて笑いで済ませる事が出来なさそう。

    ◆ワンカット風味
    流石に全てワンカットでは無いですが、ワンカット風味にはなっていると思う、ここはカットされているなと、思い当たる箇所は5.6箇所ぐらいはわかりましたが、他はわからないかった。
    実際のカットしてる所やカット数などを知りたいと思ってしまう。

    ◆戦場を最もリアルに感じた
    ワンカットであれば、自分も映画の中に入っているように感じられる様になるんだ気付かされた。
    人は生きている状態であればカットなど無く、睡眠以外は全てワンカットなので、それと同じように感じられからなのではと感じた。
    自分の中では戦場をリアルに感じた1番の映画。

  • 4.0

    DZ015さん2020/08/08 10:45

    とにかく「全編ワンカット」(に見える映像)が話題の作品。確かに緊張感と没入感が半端ではなくあっという間の110分。巧みな編集を抜きにしてもどうやって撮ったのかと思う驚愕シーン目白押し。サム・メンデス監督の祖父の実体験が下敷きという物語そのものは至極シンプルでまるでゲーム感覚。「戦争」という背景がなければほぼアクション映画。とても分かりやすい分深みと余韻は少々薄いが各方面を納得させるバランスに長けた非常にプロフェッショナルな作品と思う。エンドロールのスタッフの数の多さからもいかに大変な撮影であったかが見て取れる。

    大ヒットもしたことですし次は再び「レボリューショナリー・ロード」のような鬱映画を是非お願いしますサム・メンデス監督。

  • 2.7

    horaAyaさん2020/08/08 09:51

    なんやこれ。姿勢は凄いが、ひとつの表現技法に特化することのみに考えが行ってしまったのか、映像的高揚感へと全く昇華されていないのが残念。逆に貶める結果となっているとしか思えない。ゲーム画面を見ているみたい。

  • 4.4

    まよこさん2020/08/08 06:22

    有名英国俳優がみんなチョイ役で出てきてすごく豪華。
    主役のジョージ・マッケイは「マローボーン家の掟」でみてから好き。
    最後、彼が家に帰りたいと思ってるといいなぁ

  • 3.6

    Hideさん2020/08/08 06:14

    映像で驚くハードルを上げられた。ショッキングな場面が多くて生々しくてPTSDになるかも知れん。リアリティー高すぎる。戦争舐めてたな私。

  • 4.5

    良い徳利さん2020/08/08 03:16

    最初「物語の設定」これだけ?って思って見てましたがどんどん引き込まれてしまった
    ワンカット(風)だからこそここまで気持ちが離れずに見れたのかなと感じた
    映画館で観たかったが家で見てもそれなりに息を止めて見てしまった

  • 4.0

    BIGMACさん2020/08/08 03:02

    戦争映画は漏れなく残酷です。残酷な戦場への没入感。ほぼ全編ワンカットというのは特別で効果的と思いました。

  • 3.6

    gantz2020さん2020/08/08 01:52

    第一次大戦中、英軍の伝令として独軍のウヨウヨいる陣地を走り抜ける若い兵士達の話。

    アカデミー視聴覚賞、撮影賞を取ったので当時TCXアトモスで観たのだった。
    全編ワンカット(風)なので、まるでアクションゲームをやっている様に主人公を中心に映像が流れていき、ずっと一緒に行動している感覚になる。迫力があり、没入感は凄い。
    不謹慎だが、戦争を体験できるアトラクションと言った感じで、悲惨な光景が目の前に広がる。

    ストーリーは単純なのだが、戦争の理不尽さや恐ろしさとともに、戦争は勝って生き残ってナンボという現実を安堵感をもって味わえる作品。

  • −−

    まこさん2020/08/08 01:08

    緊張感と臨場感半端なかった、、、
    言葉なんか必要ないです。この映画は体で感じるものだった

    映画館で観なかった私を誰か一発殴ってください

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す