お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

1917 命をかけた伝令

G
  • 吹替
  • 字幕

驚愕の全編ワンカット映像によるほんの一瞬先すらも予測できない緊張感、常に主人公のそばにいるかのような臨場感〈命がけの壮絶なミッション〉に同行せよ

第一次世界大戦真っ只中の1917年のある朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクにひとつの重要な任務が命じられる。それは一触即発の最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること。この伝令が間に合わなければ味方兵士全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになる――。刻々とタイムリミットが迫る中、2人の危険かつ困難なミッションが始まる・・・。

詳細情報

原題
1917
関連情報
プロデューサー:サム・メンデス,ピッパ・ハリス,カラム・マクドゥガル,ブライアン・オリバー,ジェイン=アン・テングレン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-07-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

1917 命をかけた伝令の評価・レビュー

4
観た人
38801
観たい人
47014
  • 3.9

    いつの日も風見鶏さん2020/10/26 23:18

    圧倒的没入感。
    全編がワンカット撮影されているだけあって、まるで主人公ともに“命をかけた伝令”を託された気分になる。アカデミー撮影賞は文句無し。

    物語自体は非常にシンプルで、ある重要な伝令を伝えるだけ。それなのに戦争の悲惨さを十分に伝えてくれる脚本は素晴らしい。

    ワンカット撮影がシームレスにつながって、全体がワンカットに感じる作品ですが、俳優の撮影時のプレッシャーは半端じゃなかっただろうなとお察しします。笑

  • 4.5

    けーごさん2020/10/26 22:51

    泥とか灰とか血の匂い、もはやしてたんじゃないだろうか、というくらいの体験。

    あの空間にいたら猫も杓子も2人を応援して、固唾を飲んで結末待っちゃうでしょ。

    映画館で観れてよかった、これに尽きる。

  • 3.8

    ぺーさん2020/10/26 21:42

    別にこの映画の良し悪しとは関係ないのだけど、観ながら(こんな風に思想とか関係なく立派に任務をやり遂げたって言う英雄譚は、日本の戦争映画にはないというか、作れないよな〜)って考えてた。野火とか、日本の一番長い日とか、どうしてもその当時の思想や人物にフォーカスしてるよなって、だから新鮮というか、カルチャーギャップを感じた。

  • −−

    ペロ汰さん2020/10/26 20:00

    普段戦争映画はみないから比較は出来ないけど、臨場感はかなり凄かった。
    かなり面白いのと、かなりいろんな場面が痛々しい。
    あとあんな牛乳を赤ん坊に飲ませていいんか?って現代人は思います。

  • 3.9

    miiさん2020/10/26 17:57

    緊張感 ドキドキが止まらなかった。
    どこで狙撃手に狙われてるかも分からない
    銃声が響けば 敵に気付かれてしまう
    死に行くようなものなのに
    それでも 伝えねばならないという使命感に 圧倒されました。

    彼等の後を追いかけているような描写で
    残酷なシーンは少ないものの
    戦地での緊迫感がじりじりと伝わります。

    ゴールが見えた時の スコフィールドの脱力感と
    あの染み渡る歌声には 思わずわたしも力が抜けました。
    彼と同じく 観ながらわたしも力が入っていたのです。

    そこからの 攻撃を始めた兵士達を横切って戦場を駆け抜ける場面は
    「早く!間に合って!」と
    この作品に完全に没入してしまっているわたしがいました。

    綺麗な緑と大木に横たわる画で始まり
    ラストも同じく それで終わる。
    辛く過酷な戦地での 一時の安らぎから
    あえて伝令のみの描写で 緊迫感を凝縮し
    そして 使命を果たし 生きて写真の家族を眺める安堵感。
    その緩急に 見事にのまれてしまう構成で
    見終わって とても疲れてしまいました。
    それほど この戦場でのストーリーに入り込んでしまったという事ですね。

    1600名の命を救うための伝令と
    ブレイクの兄への伝令を終えたスコフィールドが
    「無事に戻って」という願いを込めたメッセージを見つめて終わる。
    このラストも わたしは好きでした。

  • 2.0

    ごっちさん2020/10/26 12:56

    作戦変更命令を急ぎで伝達するミッションと 友人の弟の死を兄に伝えに行くという映画で内容はシンプル。

    戦争の悲惨さは伝わったけど、ワンカット撮影映像が間延びして展開が遅くだるかった💦

  • 3.8

    メガネ坊主さん2020/10/26 09:24

    ワンカット風撮影が凄い。思った以上にカメラが主人公の周りをヌルヌルと動いていたので相当計算しながら撮影していたんだろうなー。最初から最後まで緊張感が凄いので終わった後はドっと疲れが来たw

  • −−

    ちゃりおさん2020/10/26 00:18

    「全編1カット」というコピーを念頭において鑑賞しすぎたせいで最初の30分がいかにカットされずに展開するのか、ということに夢中になって話への集中がおざなりになってしまった。

    なんていうんだろう。

    ちょっと何も思いつかないので後日追記しよう。いい映画でした

    追記:

    未だ明確に言語化できないのだが実際そういう映画なのだろう。全編1カットのおかげでフィクション感というものが薄く、本当にあったこと(あっていること)を観たという感覚が強かった。厳然とした事実を論理でこねくり回すのは難しい。なぜならそこにはいじるべき論理が元々存在しないからだ。

    圧倒リアル感、僕がこの作品につけられる最大限の表現だ。

  • 3.6

    けんけんさん2020/10/25 22:37

    全編ワンカット風の撮影はすごくて臨場感があった。でも歩いてるシーンとかワンカットが逆に長く感じるところがあった。

  • 3.2

    あきさん2020/10/25 22:12

    2020*90
    なんだろ、おもてたんとちがう笑
    サウルの息子見に行ったらレヴェナントだったみたいな

    ところどころハラハラドキドキしたんだけど、
    ファンタジーだと思ってしまえば楽しめるんだけど、
    現実と地続きの戦争映画だと思うと、
    今時こんなカッコ良く描いちゃうの?という疑問がすごい
    主人公スーパーマンだし

    あ、レヴェナントはスーパーマンでいいのよ?ファンタジーだから


    あと音楽とシームレスにこだわる感じ、ときどき明らかなセットぽさがなんとなく良くできたゲームっぽい

    臨場感たっぷりに戦場を駆け回るんだけど、戦争に関してリアルじゃない感じがする




レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す