お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

mellow メロウ

G

主演・田中圭×監督・今泉力哉が贈る、不器用な片想いたちの物語

オシャレな花屋「mellow」を営む夏目誠一。独身、彼女無し。好きな花の仕事をしながら穏やかに暮らしている。ラーメン屋の若い女店主・木帆や夏目に憧れている中学生の宏美など彼の店には色んな客がいる。ある日、夏目は常連客の人妻、麻里子に恋心を打ち明けられる。しかも、その場には彼女の夫も同席していた…。花屋とラーメン屋を舞台に様々な恋愛模様に巻き込まれていく夏目だが、彼自身の想いは…。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:沖貴子,宇田川寧,田口雄介 音楽:ゲイリー芦屋
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-07-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー邦画ランキング

mellow メロウの評価・レビュー

3.7
観た人
5316
観たい人
8662
  • 3.3

    Gonさん2020/08/11 07:56

    ほっこりでよかったのだけど
    田中くんがひたすら愛される、優しい人という感じ
    おっさんずらぶのはるたんに雰囲気似てたよね笑

  • 4.0

    kojimaさん2020/08/11 00:18

    とっても素敵な映画。
    街一番のお洒落な花屋さん、店員さんかっこよくてモテモテ💐
    ラーメン屋のきほちゃんがかわいすぎ!!!!

    まりことまりこ夫、何なん!?🤢

  • 3.5

    memeさん2020/08/10 22:18

    出てくる役者さん全てが真っ直ぐでかわいかった。
    お花って貰うと自然に笑顔になってしまう!

    余ったお金は好きな人と映画でも観に行ってねっていうセリフが好きだったな!

  • 4.2

    メガネボウズさん2020/08/10 15:26

    映画はエンタメだから、何かショッキングなことや、ドラマティックなことが起きるのが普通だと思う。逆に、日常を描きながらそれを満たすのはなかなか難しいと思う。
    ただ、この映画は日常を、描きながらもドラマティックに、仕上げることができてると感じた。
    正直、これまでの今泉監督作とは良い意味で少し異質。日常に今泉テイストが盛り込まれた感じ。それが妙に心地よくて、冒頭から終わりまで、終始ニコニコ、ほっこりしながら見られた。自分史上今泉監督作ではトップに好きな作品になった。すごく良かったです。

  • 2.0

    すーじーさん2020/08/10 14:07

    メローっていうぐらいだから甘々だるだるのラブロマンスかと思って観始めたら、一組目の夫婦がぶっ飛び系で笑えました。その後もなんとなく観れました。

  • 3.7

    ハチさん2020/08/10 12:59

    最初は淡々と穏やかにながれていく時間の心地よさにただ浸っていたけど、「想いを伝える事」それが未来へつながると言うことを伝えたれた気がした。
    ラストの結末の受け取り方が一緒に見ていた旦那と全く真逆だったことが新鮮だった。。見る側の感受性を問われる気がするり

  • 3.9

    LUNAさん2020/08/10 08:31

    性別関係なく、年齢関係なく、(立場は関係なくないけど?)、「好き」の感情も「ありがとう、でも、ごめんなさい」も、もっとヘルシーに伝えていいのかもしれない。

    好きな人には別の好きな人がいることを、中学生のうちからこんなまっすぐに受け止められてすごいなぁって思った。

    好きって言ってくれた人を突き放さず、でもNoはしっかり伝えたうえで、いい関係でいるのって現実だと難しい気がしちゃうから、好きを伝えるのが怖くなっちゃうけど。

    本来好きとかって隠すものでしょ?って台詞がまさに私だった。

  • 3.7

    Moさん2020/08/10 01:40

    真剣な気持ちに真っ直ぐ
    お返事するシーンがとても好き

    「ファイト」ってヒロミちゃんが
    応援してるシーンも好き

    夏目さんの尊敬できるところ、
    たしかにたくさんある

    2020.051

  • 3.5

    TMDiaryさん2020/08/10 00:51

    ①役者
    岡崎紗絵。普通こっちが花屋で、田中圭がラーメン屋だろうに。
    ②演出
    そのへんにありそうな日常の景色をただ切り取っている映し方、音楽が心地よい。
    ③総合
    そのへんにありそうな日常の景色をただ切り取っているのだが、そこには少し変わった関係性の人を登場させる、というこの監督得意の形式か。
    いろんな片想いが出てくるけれどどれもあまり一般的ではない形(好きの形の自由化が叫ばれるこの現代、一般的でない形などもはやないのだが)で、だけどみなその想いは最も一般的な形である口で直接伝える。そして最も一般的である主役の2人は逆に直接口では伝えないというところも真っ直ぐは来ない。手段が手紙だったのは、自分が迷った末に手紙を書いたその日に父親からの手紙を受け取るという重なりがキレイだったからいいのだけど。
    手段はともかく、伝えるかどうかはどんな関係性であっても伝えたほうがいいわけで、そこに一般的でないからとかそんなものは関係ないのだろう。
    「愛がなんだ」では想いを伝えず相手を想うのがおもしろいが、これは逆にある意味すっきりしていて、なんだか逆に物足りなさを感じてしまう。

  • 3.3

    みきてーさん2020/08/10 00:39

    おっさんずラブ二期を経て、春田の事が嫌いになり過ぎ、田中圭そのものへのヘイトマインドまで拭えないレベルに到達してしまったのに気付いた。この世界線でもモテやがって!

    オシャレ花屋冒頭からきちんと代金貰わないし、とても生計建てられるほど繁盛してるように見えないし、ごっこ遊びみたいでリアルさに欠けてた。レンタネコとか食堂かたつむり的なファンタジービジネスって感じ。オシャレが憎い…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す