お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

満月の夜には思い出して

G

物づくりの世界が、私の居場所でした。

襟加、萌花、祐介の3人は大学で映画サークルに所属し、彼らの近くでは演劇サークルや音楽サークルも活動している。卒業を前に最後の映画製作をする3人だったが、モラトリアムの終わりが近づく中で夢か現実かの間で揺れ動き、少しずつ自分たちの居場所が離れていくのを感じ始めていた。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:田中佐知彦
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-07-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春邦画ランキング

満月の夜には思い出しての評価・レビュー

3.1
観た人
187
観たい人
238
  • 2.6

    13さん2020/07/26 04:59

    永遠にMVを見ている感じ、音楽は良いけどそれを1時間の映画でやるのがよく分からない。
    劇中で「それって意味あるの?」が連発するから、きっと多数のモーションもシーンの切り替えも画角の変化も全てに意味があるんだろうけれど、私は申し訳ないことに全然わかりませんでした。

  • −−

    わかなさん2020/07/01 12:38

    なんでこんなに入り込める確率が低いのだろう、、
    登場人物の感じが好きじゃないのもあるし、青春とかモラトリアムとかがあからさまに表現されるとあっそうゆう感じねと引いて見てしまう、ものすごく陳腐なものに思えてくる。冷めている。なんで自分はこんなに冷めてるんや〜〜

    星の映像綺麗やった!
    音楽も素敵やった!

  • 2.9

    singerさん2020/06/25 02:07

    MOOSIC LAB2018の長編部門にて、スペシャル・メンションを受賞した作品。

    MOOSIC LABに出てくる作品って、やっぱり若者たちの夢や希望が詰まっていて、
    どうしても、昔の自分を思い出してしまうので、なんか“懐かし好き”っていう感情が湧いてくるような作品が多いなぁと。
    ということで、この作品も同じく、見ていて色んな事を思い出したりしましたね。

    映画サークルの面々を主要な登場人物として描いているので、なんか無性に“撮りたい”衝動に駆られる部分も多かったし、自分は映画が好きで“観たい”という気持ちがある他に、心の何処かで自分が主人公になってみたり、今、その目で見ている情景を記録してみたかったり、そんな欲求も少しは残ってるんだなぁと、そんな気持ちにさせられる作品でした。

    音楽的には、ちょっと強引に絡め過ぎた部分も感じましたが、大槻美奈のパフォーマンスは、とてもエモーショナルだったし、作中に流れる音楽の中で、フラッシュバックされていく記憶の断片たちが、上手くミックスされていて、若者たちの瞬間に生きていく様子が上手く表現されていたんじゃないかなぁと思いました。

  • 4.2

    maiさん2020/05/25 22:13

    とにかく共感。信じることと孤独の不安、比較してしまう自信のなさ、夢と好きの違い、大人と子供の境目!ん〜葛藤〜〜。
    私は何かを信じるのは怖くて、なるべく明言しないようにしてきた。保険かけてるんだろうな、自分の好きに。そのために生まれてきたような人も、その人との違いに気づいて苦しんでいる人も、向き合っていて羨ましいような気がする。

    池袋のシネマロサで宣伝していたのだけど見逃してずっと気になっていました。もう一度映画館で観たいです。舞台挨拶でいろいろ聞きたいと思いました。届け

  • 3.0

    noteさん2020/05/10 18:55

    眩しい〜!!!途中の"電波ジャック!"みたいな曲が良かった。音楽と映像の組み合わせがきらきらしてた。
    大人になるってわたしは特別を捨てることだと思ってたけど、別に捨てなくてもいいじゃんね〜

  • 2.4

    yukiさん2020/05/02 01:02

    ムーラボ2018。大槻美奈の音楽がただひたすらに良い、というかもはや全篇が大槻美奈のためのMVのよう。まるでそれをするために生まれてきたと言えるもの(=才能/天職)と呼べるものを持つ者と持たざる者。持たざる者の強烈な嫉妬にも、持つ者は気付かない。大人になって夢を見ることは、様々な現実と向き合う辛さである。自分に何もないからと言って人に当たり散らすヤツって、本当にさみしいね…。流石にベタすぎるテーマを真っすぐに描きすぎていて、映画としてはちょっとなあ。

  • −−

    37さん2020/04/18 04:11

    映画のテーマとかもうなんか出てくる登場人物といい挿入歌といいなんか痛い痛い!!とか思ってたのに割と言ってることに共感しちゃって早朝から泣きそう。夢見ててスタートラインは同じだったのにいつのまにか現実見て妬んで羨んでるそんな大学生活。いつか夢見続けれる人たちを見て素直にいいなって思える日が来ればいいな、的な事言っててそれなって思った。取り敢えずあと二年は夢見てたいわ。

  • 3.5

    かくわさん2020/04/17 23:37

    意識高い系のタイトルで中身も意識高い系と思ったけど、意外とそうでもなかった。

    大学生活という最後のモラトリアムが終わるという不安が割と身近というか、普遍的で地についているからかも。

    2020-078

  • 2.1

    片腕マシンボーイさん2020/04/15 16:55

    ムーラボ2018のん
    光の捉え方がうまくて画がめちゃ綺麗やったんと、若い役者さんたちの瑞々しさと、曲の美しさは、良かったものの、内容的にはシンプルなテーマの割に回りくどくて、観ていてちょい長く感じたかなぁ…

    映画研究サークルとしても最後の作品やぞ!でも私的にはもう就職も決まって、映画撮るんにそんな情熱無いんよ、ぐぅ…あんたなんでそんなにマヂなって映画撮ってるん?鬱陶しいわぁ…、って話

    そうな、だからマシンボーイ的には、私ってば映画撮る為に産まれてきたんよ!ってキラキラヒロインにキュンキュンなって観ていたんやけどな
    ただ、マシンボーイも大学ん時は映画の勉強していたけど、普通に社会人なった人なんで、気持ち的にはもうひとりの、なんでそんな熱なってるん?なっている子のが理解できたかもしらんわぁ、まぁこの子はけっこう性格ひねくれてっから共感までは至らんかったけどな
    あと、本作でヒロイン達が撮っている映画がどう見積もっても面白くならなさそうなんやから、かなり冷めた目で観ていた…ゲラゲラ

    だから本作は映画撮るやつやけど、マシンボーイ的にはマシンボーイがぺろな飛鳥ちゃんや梅澤さんがアニメ撮る映画のが楽しめる思う〜、楽しみ〜
    あれってたしか美波ちゃんや桜田ひよりちゃんもでるんよなぁ!美波ちゃんはチョイ役かな?
    ただあれも「咲 saki」とか「賭ケグルイ」みたくドラマから映画に繋げるんやろ?そのシステムめんどいからまぢ映画単体にして欲しいよなぁ!ぷんすか!
    英勉が監督とかちょい不安やが、「賭ケグルイ」の実績で見直しているし、飛鳥ちゃん梅澤さん美波ちゃんひよりちゃんね4連コンボでマシンボーイノックアウト確実やから楽しみやわぁ、アニメ全くわからんけど大丈夫よな?

    しかしあかんね!絶賛ぐうたらな日々に、こんなモラトリアムの終わり映画観ると、ワシのぐうたらタイムはいつ終わりを迎えるんや?仕事には戻りたくないが、ずっとぐうたらもツラい…、って複雑な気持ちに襲われるな
    コロナがもう数ヶ月できれいさっぱり収束するとは思われんし、どの辺で折り合いつけんのか?とりあえずはよ映画館行きたいわ…スンスン

    あ、言い忘れてた木村知貴が演じるカフェの店長…ウザすぎひん?グダグダ言ってないで働けバカ!

  • −−

    miuさん2020/03/07 19:22

    綺麗なものを綺麗と言えたあの頃、私の世界は今よりずっと小さくて星の数ほどある可能性に心をときめかせていた。
    自分が失った何か、持っていない何かに真っ直ぐな人が眩しくて敵いっこないと知る度に私の世界はどんどん薄れて靄がかかって、自分が今どこに立っているのかすら分からなくなるような感覚になること。いつになっても変わらないのかな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る