お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

G
  • 字幕

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話に基づく、大逆転ミステリー・エンタテインメント!

フランスの人里離れた村にある洋館。全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の各国同時発売のため、9人の翻訳家が集められた。外部との接触は一切禁止され、日々原稿を翻訳する。しかしある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページを流出させた。500万ユーロ支払わなければ全ページが流出する」という脅迫メールが届く―

詳細情報

原題
LES TRADUCTEURS
関連情報
製作:アラン・アタル 撮影:ギヨーム・シフマン 編集:ロイック・ラレマン 音楽:三宅純 衣装:エマニュエル・ユーチノウスキー
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
フランス/ベルギー
対応端末
公開開始日
2020-07-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

9人の翻訳家 囚われたベストセラーの評価・レビュー

3.8
観た人
29338
観たい人
42635
  • 3.6

    Proconさん2021/12/06 12:26

    人物造形の弱さと序盤のストーリー展開がやや煩雑でフォローしにくいところは難点。ただ、丁寧に作り上げたプロットは伏線が回収されていく爽快感も予想外の展開が広がるスリラー的な楽しさもあり、技巧的に満足できる内容だった。構想ありきで物語としてこなれていない因子が残るのがもったいない。多言語が入り乱れる喧騒のシーンは題材の魅力が溢れていてとてもよかった。

  • −−

    RyOLANDさん2021/12/06 05:35

    金のための文学にしてしまった出版業界へのアンチテーゼ

    伊坂幸太郎並みの伏線回収が気持ち良すぎる
    芸術的な展開

    フランス映画のオシャレすぎないオシャレなところ好き

  • 4.5

    Umetairaさん2021/12/06 05:08

    紡がれた言の葉は人を魅了し、人を歓喜させ、時に人は感涙し、また人を改変してしまうものでもある。

    文学とは誰のものであるべきか。ミステリーの形を取りながら、その真髄を突きつける良作だった。
    ミステリーの中身はもちろん、何ヶ国語も飛び交う展開、文学的なやりとり、EU各国の関係性も下敷きになっていそう…。
    各キャラクターの奥行きも感じ、もっと見たい、と思わせる。素晴らしい。

  • 4.5

    みぃむさん2021/12/06 01:18

    最初全くわからなくて、どうしようかと思ったけど、その分からなさもどんどん紐解けていって面白さに変わった。theミステリーってかんじの作品。

  • 3.5

    ぴちさん2021/12/06 00:04

    ベストセラーの翻訳する人が9人集められて
    なんやかんやあるやつ

    ちゃんとミステリー

    どんでん返しみたいなのが2回ある

  • 3.7

    023llさん2021/12/05 23:59

    時系列が飛んだりするから若干解釈が難しかった部分もある。ただ反抗手口や動機がしっかり描かれてるからスッキリする!
    エリック最低だしエレーヌがすごく可哀想だった、、

  • 3.9

    しーさん2021/12/05 22:57

    少し無理があったけど楽しめる結末でした!

    スケボー青年ZEDDに似てるなーと思いながらずっと見てました。

  • 4.0

    とむはんくす大好き子さん2021/12/05 22:17

    久しぶりにがっつり趣味な映画見たけど、久しぶりに見たのがすごく当たりだったー🥰
    普通のミステリーかと思いきや、途中でドキドキハラハラもするし充実した内容でした!

  • 4.3

    nnさん2021/12/05 22:10

    こういう視聴者を手のひらで転がすタイプの映画好き、フランス映画に苦手意識あったけど、この映画は本という芸術が真ん中にあるからフランス語が合ってたと思う、結局は愛、金じゃないってメッセージを感じだ

  • 4.0

    mmd14rさん2021/12/05 21:41

    伏線の張り方があからさまなのに上手い。見事に回収していく。

    様々な言語が飛び交う中で、共通語が英語ではなくフランス語であることが美しく感じた。『芸術』という見方からすれば、やはりフランスというところの執念を盛り込ませられるし、個人的に英語よりも怒りの感情を後ろ盾させるのがフランス語だと思ってるから、盛り上がりを助長させた気がする。

    日本製のコピー機、一役買ってた。

    オリエント急行ね、そうか。

    The End of the Fucking Worldの主演俳優がこんなにも流暢なフランス語話せるとは、アレックスかっこよい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました