お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

世界残酷物語

G
  • 字幕

全世界に衝撃を与えたシリーズ第1作!

イタリアの雑誌記者出身で“夜もの”と呼ばれた性風俗映画を撮っていたグァルティエロ・ヤコペッティが、世界の野蛮で残酷な奇習や風習を記録した異色ドキュメンタリー映画。一部に演出やいわゆる“やらせ”も含んだショッキングでいかがわしい手法は、以降“モンド映画”という名の同系統作品を大量に生む世界的ブームを巻き起こした。日本においてもセンセーショナルな宣伝が功奏し、1962年洋画配収第2位となる大ヒットを記録。1976年には続編の「続・世界残酷物語」(63)とあわせた「総集版」がリバイバル公開された。抒情的で甘美なリズ・オルトラーニによる主題曲『モア』も大流行し、1963年度アカデミー賞にノミネートされるなど本作のヒットに貢献した。

詳細情報

原題
MONDO CANE
関連情報
製作:グァルティエロ・ヤコペッティ,パオロ・カヴァラ,フランコ・プロスペリ 撮影:アントニオ・クリマーティ,ベニート・フラッタリ 編集:グァルティエロ・ヤコペッティ 音楽:リズ・オルトラーニ,ニーノ・オリヴィエロ 主題曲:『モア』(1963年アカデミー歌曲賞ノミネート)
音声言語
イタリア語
字幕言語
日本語
制作年
1962
制作国
イタリア
対応端末
公開開始日
2020-08-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

世界残酷物語の評価・レビュー

3.4
観た人
661
観たい人
1004
  • 4.4

    消しゴム頭さん2021/07/25 18:15

    ものすごい奇想はないがその後に頭反応した、時間空けてもう一度

    ホーリーマウンテンよりも製作年が前のこの映画にホーリーマウンテンのモチーフと似たものが多数あった

  • −−

    ろーしゃーくさん2021/07/19 17:47

    <ショック!残酷!#ヤコペッティ とモンドの世界>オールナイト上映にて鑑賞。

    繰り返される音楽とビジュアルによって韻を踏むシーンの連なりによるグルーブ感(と睡魔の相乗効果)のせいで、かなりクラクラくる感覚でした。

    豚の頭をバッシバシぶん殴る様が、個人的には特筆してショッキングでした。

  • 3.5

    メガネさん2021/07/18 17:07

    タイトルから勝手に想像したような痛々しいシーンはあまりなく、悪趣味な世界ふしぎ発見といった感じだった。
    どこまでが本当なんだろう?

  • −−

    若大将オーウェンさん2021/07/18 10:11

    「モア」の壮大で美しい旋律に残酷な場面、未開の地と文明の対比(並列)、そこから生物の支配者としての人間という動物の残酷さ、野蛮さや滑稽さが浮かび上がる

    被写体の面白さは想像してたが、編集やカメラアングル、ショットがここまで面白いとは

    冒頭の犬の場面だけでもうまいし、面白い

    モンド映画は衝撃映像をやらせドキュメンタリーで見せてるというけど、ドキュメンタリーの父であるフラハティも再現映像だったことからも分かるように、ドキュメンタリーは元々再現してもらうという発想だったと聞く
    (羽仁進の「絵を描く子供たち」は今で言うリアルなドキュメンタリーで斬新だったらしい)

    見世物的な要素がやらせと言われる要因なのか?被写体との距離やアングル見れば、分かる気もするけど

  • −−

    無能の人さん2021/07/18 02:52

    7月17日新文芸坐にて鑑賞。「モア」の美しい旋律が流れると、人間許せねぇ!と考えさせる訳で、音楽の力ってすごいなあと改めて思った(小並感)

  • 4.0

    真鍋新一さん2021/07/18 01:03

    恥ずかしながら観ていなかった名作。
    これはたしかにすごい。後世への影響がそこかしこに伺える。やらせがどうとかいう問題はつきまとうけど、批評性の高いドキュメンタリーであるのは確か。

    ビキニ環礁の場面は悲しくて泣いてしまった。好きな動物映画ベスト3に入りますね。

    もしかしてタピオカという食べ物を日本に紹介した最初の映画かもしれない。そういう意味でも偉大。

  • 4.0

    mieさん2021/07/14 08:13

    人間はどの世界にいっても愚かで馬鹿なんだなーと実感。それは、普通に生活している分には、異文化の人から「それ、おかしいんじゃない」といわれるまで気づかない。そういう役割を担ってくれる映画だと思った。
    特に多いのは、食にまつわるシーン。未開社会では豚の脳天をこん棒で殴って気絶させるが、現在の日本の食肉加工場では電気ショックによって豚を気絶させている。この二つに違いはあるのかということである。豚の苦しみ・痛みに変わりはないのではないか。そういう常識を問いただす意味合いをもった映画だと思う。
    ダイエットに励む太った人たち。食生活見直せば?コーラ、ポテトチップスを食べないとか。ブルブルに乗ってるだけで瘦せるわけねーだろ!


    やらせだろとか思う場面も多々あるが、そこだけに固執してたらこの映画の魅力を理解できないと思う。

  • 3.3

    ジョンさん2021/07/05 23:24

    観ちゃった。『ショーシャンクの空に』と悩んでこっち観ちゃった。世界の野蛮で残酷な風習を描くドキュメンタリー映画。

    これは映画なのか?という感じ。やらせが多くて、感想の書きようがない。まあ、こういう映画が作られたこと自体が一番興味深い。
    あのハーレムみたいな島だけはほんまやと信じたい。

    誕生日に何観てんだか...。

  • 2.8

    歩さん2021/06/26 18:23

    ハワイのとこで寝た 面白そうな話が短くて、退屈な話がやたら長かったりする でも最後、カーゴ・カルトの民族が飛行機を待つ画とともに名曲「モア」が流れるだけで良い映画見たみたいな気分にさせられるから不思議

  • 2.0

    wayfarerさん2021/06/04 16:37

    ヤコペッティ監督の「世界残酷物語」を見ました。

    世界各地に残る奇妙な儀式や風習、グロテスクな食文化などが収められたドキュメンタリー作品です。とは言え、実際には噓くさいエピソードや明らかに演出と分かるシーンが多いわけですが😅

    まあ、ヤコペッティ監督ならではの脚色の世界を楽しむという見方もあるのかもしれませんね。

    音楽は良かったです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す