お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-

G

心の闇を、打ち破る。

東京の片隅にある喫茶「エクストラ」、そこはマスター自慢の本格的なコーヒーが楽しめることでファンが多い隠れ家的な人気店。店先には「悩みごと相談承ります」という小さな札がぶら下がっている。この店でアルバイトをしているサユリのもとには、さまざまな悩みを抱えた人たちが訪れる。彼女は“不思議な力”を使って、次つぎと悩みを解決していくが、そんな活躍を続けているサユリに、邪悪な存在が立ちはだかる……。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:大田薫,濵田勇作,富川水亜,打樋洋一 音楽:水澤有一
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-08-07 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-の評価・レビュー

2.9
観た人
101
観たい人
171
  • 2.5

    mi2witさん2020/08/23 14:58

    特定宗教の信者ではありませんが(笑)、「心霊喫茶「エクストラ」の秘密」を鑑賞。

    生きるための教えを説くだけでなく、B級ホラー作品でもある。まぁ、いつものアノ調子。
    いろいろと脚本に穴があったりするけども、そこは「お約束」として楽しめるところでもあるw
    「お約束」といえば、『字余りフレーズかつ、メロディが耳に残る劇伴(挿入歌)』や、『あのファミリーのご登場』もありますので、ご安心ください。(カメオ出演どころかセリフもあるし、ちゃんとエンドロールに名前も出てくるw)

  • −−

    コージーさん2020/08/19 18:51

    みなまで言うな……
    見終えたことに意味があるんだ!

    日曜日の朝に放送される特撮みたいな雰囲気でした。

  • 4.5

    ミータさん2020/08/13 16:57

    恐怖をネタにした映画が多い。
    日本でも呪怨系や、スピルバーグのジョーズなど。
    ホラーものも基本的に恐怖をネタにしている作品が多いが、この映画は、ある意味、心の作用と霊的作用を上手く表している。
    心理学の限界を超えていると思う。
    憑依などで悩んでいる人には、是非、見てもらいたい映画です‼️

  • 3.9

    チャッキーさん2020/07/23 22:45

    B級映画マニア必見の演出、挿入歌、個性的な俳優達が織り成すツッコミ満載のエンターテイメントムービー(笑)
    あまりのヤバさに2回観に行く珍名作(笑)

  • 1.9

    SHOTAISMさん2020/07/02 22:04

    またまた信者の方の頼みを断れず折れて鑑賞

    個人的に幸福の科学はアニメ映画の方が神様と言う概念もファンタジーとして違和感なく受け入れ易い点もあり向いてるんじゃないかと思う一方、今作は割と観れる範囲まで仕上げた印象でした。

    比較的良いとは思いますがお勧めはしません。

    清水富美加がかわいい

  • −−

    かずさん2020/06/27 19:45

    大学で宗教関連を勉強しているので鑑賞したが、色々な意味で恐ろしい映画…。

    現実に信者が居て、教祖が総指揮しているのだから、これほどまでのシュール映画はないのではないか?

    除霊シーンで流される教祖のラジカセ音声やたびたび映される著書にお…となったが、なによりもカメオ出演の衝撃が凄すぎた

  • −−

    山岸さん2020/06/27 16:35

    三曲ある劇中歌が入るタイミング、歌詞、メロディーすべてがめちゃくちゃ笑えるので、それだけでも一見の価値あり。

  • 3.6

    拘泥さん2020/06/23 23:02

    幸福の科学映画は初めてだったし、幸福の科学の教義も全然知らずなんとなーく仏教?ぐらいに思っていたので、何やら神も天使も悪魔も仏陀もごった返すハイパードグマの端くれに触れることができて楽しかった。悪魔の名前はメレフィスとか言ってメフィストっぽいが、信仰を放棄させようとする存在として現れるから、役割としてはむしろサタンなのである。調べるとメフィストとサタンの姪のアステリアを意識して合成したとかいう。合成ってお前。
    いじめは神の視点からも悪いものだけど善悪を教える教育がなってねえっつって、酷かった。神悪いとか思ってんの!?それ教育のせいにするのはどういう了見だ!?
    やっぱり現代宗教は現代の問題を場当たり的に対応させてブラッシュアップさせていくんだな〜
    とりあえず俺が考えてきたこととドグマが全然相容れないので、入信はできないっぽいことが分かった。

    隙あらば自著を見せドグマを千眼美子に喋らせ無双させるには飽き足らず、カメオで圧倒的に無駄なコーヒーの疑問を喋りまくるザマ、果てには締めの真のエクソシスト大川隆法ドーン!まで、大川隆法の自己顕示欲が強すぎるのが最高に面白い。
    話としては完全な千眼美子ツエー&サイコーの無双系ドラマツルギーの妖怪ウォッチで、登場人物全員はその定義的な千眼美子の「善」に屈する。戦闘は仏陀の力を発現する千眼美子の封印術で繰り広げられるんだけど、「ツエー奴にはちゃんとツエー技を繰り出す」のがめちゃ面白い。後光はスーパーサイヤ人と同じだろう。
    正義は勝つし全員が正義に洗脳されれば幸せ!!!!という、全員洗脳が世界平和の唯一の道なのではないかという真理は正直否定できないし、その全員洗脳世界を「ユートピア」と千眼美子がお祈りで形容していたのだけど、割とトマス・モアの提示した「ユートピア」を踏まえたような形式になっているのには素直に感心だ。ユートピアを単なる理想郷の言い換えとして使う輩が多いのでね。

    撮影の芹澤明子さんは調べるとどうやら黒沢清と随分いい仕事をしてきている現役最強クラスの方らしい。実際これが流石というか、なかなか侮れなくて、その他予算などとの兼ね合いの結果出来上がったであろう画は絶妙な『学校の怪談』的邦画ホラーの画力を持っている。
    またエクストラの由来は映画エクソシストだ、と劇中で明言されるのだが、しっかりエクソシストをオマージュするようなベッド上での格闘があって、それもだいぶウケた。
    以上、なんだかんだで油断できない一作であった。

  • 4.0

    伏見ヨシオさんさん2020/06/22 13:54

    霊能力者のさゆりさんは超常現象に悩む依頼を引き受け、字余りしすぎな挿入歌にのせて悪霊を説教していく

    一連のハピサイ系映画の中ではホラーテイスト強めやったけど、どんなホラー演出よりも突然のカメオ出演が一番ビックリしたゾ!
    昔天テレでやってたホラードラマ思い出して懐かしくなった

  • 5.0

    tomoyaさん2020/06/21 22:47

    信者です。
    モナコ映画祭の関係者コメントにもありましたが、この映画の一つのメッセージに、「日本の自殺問題に触れている」という点があります。
    自殺も「死んだら終わり」という思想が根っこにあるため、
    死後どうなるかを描きながら救いを与える展開は海外の方から見ても新鮮だったと思います。

    そうしたメッセージ性が高く評価されたという印象なので、
    単なる「設定」として観ず、「そういうこともあるのかなー」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。

    お医者さん霊のシーンが個人的に好きです。
    一つの事に執着していると大事なこと見失うってこと、ありますよね。
    娘役の子の、口が震えるほどの涙に引き込まれてうるっときました。

    不成仏の霊がなんで不成仏になるのか、
    「こういう心だからそうなる」というのがかなり分かりやすいです。

    あと、「憑依現象は自分に関係のない話じゃなく、意外と身近なところにある」ってことも分かります。
    日常の中で悩んだり怒ったり苦しいとき、
    「あ、今考えてることって自分の考えだけじゃなくて、悪霊の影響もあるかも」って、落ち着いて考えてみてほしいです。
    映画で語られていた内容が役に立つかも?

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る