お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

G
  • 字幕

世界で最も有名な図書館のひとつその舞台裏へ

≪世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館の知られざる舞台裏を描いた、劇場大ヒットの話題作!≫世界中の図書館員の憧れの的であり、NY有数の観光スポット。本作の主役は、荘厳な19世紀初頭のボザール様式の建築で知られる本館と92の分館からなる世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館だ。文学、芸術などの分野でも多くの人材を育て、またNY市民の生活に密着した敷居の低い図書館。その活動は、我々の固定観念を打ち壊す。映画には、リチャード・ドーキンス博士、エルヴィス・コステロやパティ・スミスなど著名人も多数登場するが、カメラは図書館の内側の、観光客は決して立ち入れないSTAFF ONLYの舞台裏を見せていく。司書やボランティアの姿、幹部たちの会議…ここでしか見られない図書館の姿は必見!!監督は2016年にアカデミー名誉賞を受賞したドキュメンタリーの巨匠、フレデリック・ワイズマン。まさに“生ける伝説”であるワイズマンがこの図書館が世界で最も有名である理由を示し、公共とは、民主市議とは何かを伝える。

詳細情報

関連情報
録音・編集・製作:フレデリック・ワイズマン 撮影:ジョン・デイヴィー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-08-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリスの評価・レビュー

3.8
観た人
1809
観たい人
6453
  • 3.5

    shucoさん2021/05/11 19:45

    自分自身が毎月、図書室へ通うほどの図書館好きなのでこの映画を楽しみにしてた。

    ドキュメンタリーだから90分くらいかと思ったら200分って!笑笑


    区民センターとかでしてそうなことをこの図書館ではしてた
    ハローワークみたいな就職フェアとか。

    ネットで検索するよりここの図書館のPCで検索したほうが情報量がハンパなく閲覧できそう。

    読んだ本の感想を言い合う会みたいな集まりとか、原作者の講演会は行ってみたいと思った。
    ちなみに私は江國香織さんの講演会は行ったことがあって残念ながら図書館ではなかったけど直接、江國さんに質問することも出来て嬉しかったなー✨
    いろんなテーマについての講演会も大学の授業みたいで行ってみたい。

    日本の図書館はここまで頑張ってるところってあるのかなぁ…
    子どもの勉強関連で実用書を借りに行く環境には無いような気もする

    人は参加することに興味を示す

    ほんとにこの言葉を実践する図書館でいろんな人たちが集ってインプットとアウトプットが出来てる素晴らしい空間ということが理解できた。

    会議の内容をみてても建設的な意見が飛び交って向上しかなさそうな職場環境にみえた。

  • 3.5

    nago19さん2021/05/09 20:59

    長かったけど途中からハマり出すと面白い。公共の立派な建物があっても維持していくには多数の人の力が必要。
    仕事をしていないからコロナで家族以外はお店や病院の人くらいしか接してない。ちゃんと参加したら面白そうな講演や講習会がたくさんあったなぁ。知識欲は死ぬまで。人との関わりが人間性を保つ。デジタル弱者になってはいけない。ホームレスとか日本も同じ問題も抱えてる。調べてみたら自分の自治体でも電子本の貸し出ししてる。利用してみよう。日本の図書館もいろいろ面白いことしてるよね。コミュニティ作りに役立っている。近くの図書館は若者向けのスタジオもある。

  • 4.0

    tonerikoさん2021/05/09 02:03

    名古屋の小さな映画館で鑑賞
    たしかこの時はここと岩波ホールでしか上映していなかった
    県内、近県の図書館員が多数来ていたようだ(聞こえてきた会話から推定)
    岩波新書の「未来をつくる図書館」も読み、目指すべき図書館像に想いを馳せた

  • 4.0

    かいわれさん2021/05/05 00:46

    ドキュメンタリーでは定番のインタビューシーンがまったくない
    ただただこの図書館で撮影した映像を繋いだだけなのにニューヨーク公立図書館のことが非常によく分かる
    編集が素晴らしい

    まだアメリカが民主主義の象徴でいることがこの映画を見てよく理解できた

    図書館は文化の中心であり、地域のコミュニティの中心でなければならない

  • 3.4

    ギャスさん2021/05/04 17:56

    図書館は誰のためにどうあるべきもの?
    その根本から決して外れない。
    その志がとても高い。

    欲しい本を買える人やネットワークを自由自在に行き交い情報を得ることができる人、
    そのような人を対象にした話はほとんどフォーカスされない。

    そもそも本についてのエピソードも短い。

    それよりも、
    情報に取り残された人をどう繋ぐのか、
    地域ともっと混ざり合うには、
    子どもの学習にもっと関わり合えないか、
    人生を豊かにするアクティビティをどれだけ提供できるか(おそらく無料で)、

    必要とされる知識に"誰でも"アクセスし役に立てるように。
    そのような取り組みや会議(もちろん予算などについての話も)の映像が延々と連なる。

    "公共"図書館とは、
    より良い人生とそのための知を提供する場が、"誰にでも"開かれている場所であり、
    図書館のスタッフはそれを実現するために働いているのだということを、
    この長い映像で頭に染みこむように理解した。


    ネタバレ?
    それにしてもスタッフの白人率の高さ、リーダー的な人の男性率の高さ、その辺は意外と古めかしいのだなと思った。

    ラストのあたりで、黒人のコミュニティで語られる賃金の格差や教科書に載っている情報の歴史的改竄のような誤りなどのシーンが流れたあとに、
    陶器に心酔しアートについて語る2人の白人男性の映像が流れるのだが、あまりに美しいポエムに見えてこれは辛辣なジョークなのかと思ったが実際はどうだったのだろう。彼らが言う"世界は可能性だ"という言葉さえシニカルに聞こえてしまう。"この本で感じたことがまるでこの音楽のようです。ではお聞きください!"とエンドロールに被せて流れてくるクラッシックな曲はとても美しいのだが、後味は複雑だった。

  • 4.2

    Mmmmmmmmさん2021/05/03 23:39

    想像してたのとちょっと違った

    けど、よかった。

    たしかに、ニューヨークいたとき図書館でネット繋いでたな、懐かしい

    図書館が色んな企画してるから、地元の図書館の方にもこのドキュメンタリー観てもらいたい

  • 3.6

    おみさん2021/04/29 19:10

    情報量!!多いっ!
    でも作品全体まとまりを感じる。
    図書館という組織の・空間の中で繰り広げられている事をしっかりとじっくりと。

    これはもうレビューとかする次元ではない。

  • 3.5

    uさん2021/04/29 14:13

    2021(80)
    図書館としての規模と役割の大きさの違いを感じるし、すごいな〜〜ってなる!
    たくさんの思想に溢れてるから長いけど

  • −−

    オイスターソースさん2021/04/24 22:11

    ニューヨーク中のあらゆる人たちの「知りたい」をどう提供しているか、「公共」とはなにか。それを体現するひとたちと、ひとびとの「知りたい」にしびれた。
    理念を重要視する「憧れのアメリカ」が見られるドキュメンタリー。3時間半とかなり長尺なので、少しずつ見進めた。

  • 4.0

    tomomoさん2021/04/24 07:52

    長いけど、ずーっと観てられる。
    テンポなのかなぁ?

    多様な図書館の仕事だけでなく、民主主義や人権、歴史など色々なことが学べます。
    老若男女、人種など関係なく平等に同等に意見を出して話し合っているシーンが多くあって、図書館を良くしていこうという熱意が感じられるんだけど、そういうの見ていると、日本のアレはやっぱりアレだろうな…という思い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す