お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

地球絶景紀行【TBSオンデマンド】果てしない平原 セレンゲティ国立公園(タンザニア)

G 47分

“オルドバイ渓谷”
 セレンゲティとは、スワヒリ語で「果てしない平原」という意味の大サバンナ。人間の居住は認められていない野生の楽園です。主役は60種、約300万頭の様々な動物たち。見渡す限りの地平線の中で、天と地と命が織りなす絶景の中を動物を追いながらテントを持っての冒険ツアーの始まりです。 出発点となるのは、タンザニア観光の拠点・アルーシャ。世界中から集まった動物目当てのツアー客が大勢います。 まず訪れるのは、人類発祥の地として知られているオルドバイ渓谷。1959年にイギリス人古生物学者ルイス・リーキー博士とマリー夫人によって、「猿人」と「ヒト」の化石が発掘された場所として世界最古で最重要の遺跡といわれています。オルドバイ渓谷にある博物館には、およそ360万年前のものと推定される足跡化石のレプリカが展示されています。この足跡は3人が並んで歩いている様子と考えられており、小さい足跡が子供、そして子供と手をつなぎながら一緒に歩く父親と、その父親の後をついていく母親(または子供)の姿と言われています。

“セレンゲティ国立公園”
 人類の発祥に想いを馳せた後、生命誕生の神秘を目にするため、渓谷の先に広がるセレンゲティ国立公園を目指します。アカシアやバオバブの奇妙なシルエットが点在する平原にポツリと浮かぶナービヒルという小高い山を過ぎれば、いよいよ国立公園内です。ジープを走らせれば早速、キリンやシマウマ、といった草食獣やライオンなどの肉食獣、そして沼地にはカバやワニと、様々な動物たちの姿を見ることができます。途中、コピーと呼ばれる小高い岩山に登れば、360度地平線に囲まれた草原を眺めることができるのです。

“バルーンサファリ”
 旅のもう一つの目玉は、サバンナに暮らす野生動物の姿を気球に乗って眺める、1時間半の空の旅!
 夜明け前にホテルからサバンナを突っ走って気球乗り場へ。膨らんだ気球は予想以上に大きい。 期待に胸を膨らませつつ、朝6時前、気球に乗り込んでいざ出発すると、気球はグングンと上昇していきます。遥か彼方まで、見渡す限りのサバンナ。
 旅の終わりに、もう一度コピーからサバンナを眺めます。すると、何やら大群を発見! 急いで近くまで車を走らせると、雨期を控えたこの季節、豊かな草を求めてサバンナを移動しているヌーの大群でした。

詳細情報

関連情報
ナレーター:安田成美
公開終了日
2022-01-31 23:59:59
制作年
2010
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220

自然・環境ドキュメンタリーランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

ランキングで探す