お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

地球絶景紀行【TBSオンデマンド】 北極圏に輝くオーロラ(フィンランド)

G 47分

“旅は首都ヘルシンキからスタート”
 東京からヘルシンキまで直行便の飛行機でおよそ10時間半。実は日本から最も近いヨーロッパとも呼ばれる「フィンランド共和国」。国土の8割が森林と湖沼。湖沼は18万を越えます。“デザイン王国”とも言われるだけあって、大きな建築やブティックはもちろん、エレベーターの内装や、街のちょっとした看板、少しダサくなりがちなお土産物屋さんに置いてある置物だって、色使い・形にセンスを感じます。フィンランド語で「ありがとう!」を意味する「キートス!」。この言葉を街のいたるところで聞きます。名物のザリガニ料理をご馳走になった後、フィンランド人には欠かせない屋外サウナに入り、サウナの目の前にある湖に飛び込みました。

“北上して北カレリア地方へ”
 ペエリネン湖西岸に位置するコリ国立公園はフィンランド随一と言われる景勝地。小さな島々を浮かべる青い湖、季節ごとに色彩を変える森。その中にそびえ立つ岩盤は氷河時代に形作られ、以後2億年もの歳月を経てきました。この雄大なパノラマに感銘したシベリウスが交響詩「フィンランディア」を作ったと言われています。クフモには「カレワラ村」があります。カレワラとはフィンランドで歌い継がれてきた民族叙事詩、口承歌謡物語。フィンランド語系の言語を話す諸民族の間で口承によって伝えられてきました。カレワラ村では、スモークサウナ、鍛冶をしながら大声を出すカレワラ式の呪文を体験することなどができます。クーサモでは紅葉まっ盛りの中、「ルカサファリ」と呼ばれるラフティングを体験。ひとつ間違えば転覆というスリル満点の川下りを堪能しました。

“旅のクライマックス オーロラハンティング”
 北極圏の入口、サンタクロースの街としても知られるロヴァニエミがオーロラハンティングの玄関口です。オーロラには晴れが絶対条件と言われていますが、ここは無情にも雨。さらに北上してたどりついた地は、サーリセルカという名の小さな町。ロッジ風のホテルで雨が上がるのをじっと待ちます。いよいよ明日は出発という最終日の夕方、急に雲が去ってついに綺麗な夕日が出ました。それからじっと待つこと5時間、ついに光のカーテンが現れました。地元の人は「これはすごい! メガオーロラだ」。星が輝く大空に、緑色の大きなカーテン。そのまま吸い込まれそうな不思議な体験でした。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

関連情報
ナレーター:安田成美
公開終了日
2018-01-26 15:00:00
制作年
2010
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

自然・環境ドキュメンタリーランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア