お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

弥生、三月 君を愛した30年

G

運命で結ばれた二人の30年を、3月だけで紡ぐ激動のラブストーリー

1986年3月1日、運命的に出会った弥生と太郎。お互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラを病気で亡くした事で思いを伝えられずに、別々の人生を歩んだ二人。子供のころに描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ子供が生まれ…。しかし、人生は順風満帆ではなく、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者をなくし、あの時、いだいていた夢は断たれてしまう。希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時、30年の歳月を超えて、亡き友・桜からのメッセージが届く。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:福山亮一,臼井央,岸田一晃,三木和史 音楽:平井真美子
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-09-09 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

弥生、三月 君を愛した30年の評価・レビュー

3.2
観た人
5567
観たい人
6363
  • 3.5

    akariさん2021/11/29 00:38

    波瑠が可愛すぎる、、成田くんかっこいいし、杉咲花ちゃん可愛いし、岡田健史も良い、、
    絶対感想ミスってるけど、自分のこと見捨てない人は絶対おるんやなって思ってこれから社会人心配やけど頑張ろうって思えた(謎)
    運命とタイミング〜〜〜

  • 4.2

    だやまさん2021/11/28 20:39

    遊川さんのドラマを観てるからこそ、個人的には好きなストーリー展開
    最初は安っぽいなぁと思ってしまったけど

  • 2.7

    poetさん2021/11/27 23:59

    高校生から30代までの気持ちのすれ違いは恋愛映画そのものでなかなかに切なかった。

    40代になって急に老けて、シワやシミのメイクでプラスされたお手軽な加齢とバスを追いかけて全力疾走する姿(40代後半ぜったいあんなに走れない)がちぐはぐに見えて、よいシーンのはずなんだけど気持ち乗っけられなかった。

    デュエットがはじまってからはさらに気持ちを見失って、呆気に取られてる間にエンディングを迎えてしまった。

    今このレビューのためによく考えてみると、2人の恋は結果的に30年越しだけれど、単に初恋の続きではなくて春を待ち遠しく感じる3月という特別な月に2人の恋が運命に導かれるように更新されていってたのが素敵だなと思う。

  • 3.4

    amiさん2021/11/27 23:23

    まぁ面白いし、まぁ泣けるけど、まぁって感じかなあ〜〜2回目は無い
    成田凌はこういう役がとても似合う、ダメ男な感じ

  • 3.3

    Nancyさん2021/11/27 17:18


    出会い、別れ、再会
    3月とは年の終着を意味する世の理
    繰り返す二人で語る、30年での出来事

    1本の映画にまとめるには
    濃すぎる内容なだけに、
    薄っぺらさも感じてしまう

    ただ、振り返り冷静に考察すると
    意外にも今までの道のりは
    そんなものかなと解釈できる

    役者の演技力が試された作品。

  • 2.8

    hinakoさん2021/11/27 03:09

    ちょっと主人公2人の制服姿には無理があった
    けど親友ってめっちゃ大きな存在だーって思った
    訳わからないけど、なんか途中から杉咲花が自分の親友に見えちゃって涙止まらなかった草
    だから、物語に涙というより親友に対して感動しました^_^
    あとすごい印象的な出来事多すぎてまじ人生つらって思った

  • 3.6

    コイズミフキさん2021/11/26 17:07

    ドンピシャさくらからのメッセージの部分で号泣した。涙腺がめちゃくちゃ脆い。

    波瑠に成田凌なんて眼福でしかなかったけど、さすがに30年を演じ切るのは厳しいかな。笑笑

  • 3.7

    mememamaさん2021/11/25 14:03

    3月縛りで流れる月日が斬新!
    このふたりにとって遠回りする事は必要なのかもしれないなぁと観ながら思っていました。
    人は色んな経験を積んでより心の豊かさを得て行くのかも知れない。
    楽しい思い出より辛い思い出の方が多くなるけど
    それでも人を幸せにするのはやっぱり人なんですよね
    自分のことを大切に思ってくれる人がたった一人でも居てくれたらその人生はとても幸せだと思う。

  • 2.9

    べりすさん2021/11/24 19:21

    良い話にしたくてつめこみすぎ。 毒親、エイズの友達をなくし東日本大震災で津波に流されみたいな?
    泣き所ここっすよーわっしょい!!感。

    とりあえず杉咲花さんの演技は良い

    ただ、死者に囚われすぎてるのって良い話ですか?
    私も亡くなった友達はいるけど、毎年この季節が来ると思い出すけどそれでも思い出す回数は減らされ、でもそれが生きることだと思ってきたんだよね、前向きになることじゃん。

    自分たちが殺したわけでもないのにうだうだうだうだ人生棒に振ってるようにしか見えんのに教師としては立派みたいなチグハグさの設定が子供のまま教師してる先生のがよっぽどわかりやすい。


    けど毎回思うけど波瑠さんヘタなんかなんなんかなぞ。
    声のトーンが「だからねっんねっ!」みたいな語尾あがるまでいかんけど半音上がる発生するよなぁあれが現実味ない話し方よなと思う。
    ちなみにトーン的には下がるところでも繋ぎで半音上げ入れしてから下げるみたいな?

    最後には「みあーげてーごらんー」って🎶

    大事な人を失くしたことある人がこんな悲しみ方?寄り添い方して生きてますか?って話でね。

    本来は二人が思いを伝えられずに他の人と結婚したりして紆余曲折あっても運命みたいなのだろうけどそこもコントにしか見えないんだよね、高田馬場の本屋での本抜いたら「あっ!」とかさww

  • 3.7

    loさん2021/11/23 22:11

    何でもタイミング、ってその通りやと思うけど
    どうやったらタイミング掴めるんやろうか❔いつも準備万端でいたらいい❔

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る