お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

弥生、三月 君を愛した30年

G

運命で結ばれた二人の30年を、3月だけで紡ぐ激動のラブストーリー

1986年3月1日、運命的に出会った弥生と太郎。お互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラを病気で亡くした事で思いを伝えられずに、別々の人生を歩んだ二人。子供のころに描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ子供が生まれ…。しかし、人生は順風満帆ではなく、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者をなくし、あの時、いだいていた夢は断たれてしまう。希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時、30年の歳月を超えて、亡き友・桜からのメッセージが届く。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:福山亮一,臼井央,岸田一晃,三木和史 音楽:平井真美子
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-09-09 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

弥生、三月 君を愛した30年の評価・レビュー

3.2
観た人
3513
観たい人
5988
  • 3.0

    bluemercenaryさん2021/06/14 09:14

    二人の30年間を3月の31日だけで描いた作品は、何だか31回放送ドラマのダイジェスト版を見せられた感じ。
    波瑠も成田凌も高校生に見えたし、立派なアラフィフだった。
    かなり強引な部分も有ったけれど、普通に面白かったし、それなりに感動しました。

  • 2.8

    はっちさん2021/06/12 23:25

    遊川さんの主人公はもれなく不幸になるから…。
    30年を2時間でやるのはなかなか難しい。サクサク進むしたまに前後するからちょっと今は何歳だ?とプチパニックに。
    クズじゃない成田凌は貴重。途中クズになってたけど笑
    お母さん達はどこに行ったのかなぁ。
    ただ30年後の波瑠の一喝が声を低くしてて歳を重ねたことが伝わってきてとてもよかった。
    「クソジジイ!私教師になったけどあんたの事昔から大嫌いよ!」で笑っちゃった。゚(゚ノ∀`゚)゚。
    ただ最後が急にミュージカルみたいになってしまったのはマイナス🙅‍♀️

  • 3.7

    kalindaさん2021/06/10 21:57


    「人生はつくづくタイミングだから」(サンタ)


    ・恋妻家宮本
    ・純と愛 
    ・過保護のカホコ
    ・同期のサクラ
    遊川さんの作品やセリフ。
    自分の何か深いところの琴線に触れるようで、
    私は好きな監督・脚本家さん。
    今回も涙が出てしまった。

    あの時こうしていれば…
    もし、ちゃんと伝えていれば…

    誰しもが一度は思ったことがあるんちゃうかな。

    卒業式後の桜の木の下での
    サンタ(成田凌さん)のセリフ。
    同じことを言われたことがあるので、
    まずそこでグッときてしまった。笑


    カレンダーをめくるように、
    サクサクと進んでいくストーリー。
    サクサクしてるなー、
    そう観ていたら、
    さくらちゃん(杉咲花さん)のカセットテープ。
    あれはあかんよ…。
    涙がポロポロ。
    素敵なメッセージ。

    波瑠さんは安定の美しさ、
    真っ直ぐな瞳が、正義感溢れる弥生そのもの。
    成田凌さんのどんな役もこなす演技力は
    素晴らしいですね。
    …好みというわけではないけれど、笑

    30年間を109分。
    若干途切れ気味の気もしますが、
    お2人の演技で
    ちゃんとストーリーが紡がれています。

    109分、良いお話でしたね。

  • 3.7

    みんとさん2021/06/07 15:18

    初恋の人と結ばれることはあまりないけど、こういう恋愛もあるんだなと思わせてくれました。
    「40過ぎても1人だったら俺が結婚してやるよ」好きな気持ちを素直に伝えられないこのセリフにキュンとした。

    波瑠さんと成田凌さんの2人が自然体で雰囲気がとても良かった。
    杉咲花さんからの最後のメッセージも心に沁みました。

    やよいとさんた、色々な事が人生で起こってもそれにもめげずに前に進んでいく2人が素敵です。

    ひとつ気になるのがエンドロールはなぜ2人の歌だったのだろうか。

  • 2.9

    Filmarksさん2021/06/01 19:19

    冒頭エイズとか言われていじめられてる杉咲花に波留がみんなの前でキスして助けるシーン無茶苦茶だけどすき
    話は毎年3月しかやらないのなんでって思ってたけど震災が絡むのか

  • 2.0

    ホワイトクランチさん2021/06/01 16:56

    なかなか波瀾万丈の40年でのらりくらり生きてきた自分には何も刺さらず😗残念。

    あと学生時代を演じるのは多少無理があって入り込めなかったのでそこも残念でした。

  • 3.1

    ゆきさん2021/05/25 16:32

    成田凌、カッコ良いのにクソな役似合うよねー。
    あの時、息子を助けられなかったら観るのやめようと思ったから良かった。
    弥生も大事な人を失ったり、嫌いな父の看病をしたり、波瀾万丈な人生の中でよく立ち直ったね。
    太郎がずっと弥生を見守っていたから・・・。

  • 2.6

    タノさん2021/05/22 22:16

    時間が進んでいるのに老けてないから違和感ありすぎ。
    弥生は正義感が強すぎて辛かっただろう。
    越える壁が厚く高すぎて可哀想だった。

  • 2.6

    moonpapaさん2021/05/22 12:38

    小さい事なんだけど、ベタなカットや不自然な演出、時間移りのフェードアクションってどうなの?僕的、かなり添削したい!サクラ作成ウォークマンの自然なセリフは刺さったよ〜

  • 2.8

    ぽめさん2021/05/21 14:16

    学生時代の描写や、杉咲花さんの演技が良かったです。
    全体的に色々詰め込みすぎて浅くなってしまった印象。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る