お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

IDOL-あゝ無情-

G

感情むき出しの痛烈ノンフィクション!!

九州の離島・壱岐の島で行われたWACK主催のオーディション合宿2019。アイドルを夢見る候補者たち。そこに現役アイドル・BiSもチームの存続を賭けて参加する。停滞気味の活動を変えたいという、事務所代表渡辺の発案だ。脱落=BiS脱退を宣言されたうえで、候補者と同様に歌唱、ダンス、マラソン…と過酷な試練を受けるBiSメンバー。ひとり、またひとりと脱落する候補者。そして、ついにBiSメンバーにも脱落者が・・・。オーディション合宿という、限定された空間で瀬戸際まで追い込まれるアイドルたち。その時、彼女たちの凝縮された感情がぶつかりあい、ついに事件が起きる!

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-09-09 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

IDOL-あゝ無情-の評価・レビュー

3.6
観た人
522
観たい人
430
  • 3.7

    taさん2021/05/15 22:36

    わたなべじゅんのすけが少し好きになった。最後にムロが言ってた悪者になってあげてたのは渡辺さんなんだな、本当に優しい人なんだなと、
    本当にBiSが好きなんだなと

    ムロとユイナは一生応援する、まじで幸せになってくれ、
    ムロはちょこちょこ甘いところもあった。けど、なんか、BiSへの気持ちが一番強かったんじゃないかな、しらんけど、

    なんか2期BiSすごいバラバラだったんだなぁと思った。
    なんかそりゃあ解散するわって感じだった。
    普通に2期BiSが嫌いになりそう
    ムロが泣いてる時のみんなの態度がまじで胸糞
    ムロと渡辺さんの間にもBiSの概念の違いがあったのね
    難しいよ、ムロ本当に主人公だよ

    チャンモンかわいい

  • 4.0

    よーこたさん2021/05/14 01:19

    この映画のレビューでジュンジュンめっちゃ叩かれてるけど、彼にとってBiSという看板がどういうものなのかっていうのが2時間通してずっと突きつけられる映画だと思うなぁ。
    なんでもない時にスタートして、自分とみんなの手で作り上げてきたBiSってものがあるからこそ、本当に許せないことってあるんだと思う。

    アイドルって何?って命題は、物凄くジレンマを孕んだもので、それにぶつかり続けるところで何が生まれるのかを見れるのがWACKだと思う。

    だからあたしは大好きです。

  • −−

    まつながちゃんさん2021/05/13 10:52

    『世界でいちばん悲しいオーディション』よりえぐみが減ってた WACKファンを横に置いて解説してもらいながら見たい

  • 2.6

    ヒラリーさん2021/05/12 18:38

    テレキャノからアイキャノを見て、その後WACK関連の映画をこんなに見るとは思わなんだ(他の奴は全部見た筈)
    毎年離島で行われるWACKのオーディション
    審査内容はいつも通りの歌、ダンス、食事、マラソンでもあんま映してなかったな。
    世界でいちばん悲しいオーディションやらいかろりんすとんは候補者をクローズアップしてたけどこれは…
    2期BiS終焉の歌って感じ。
    候補者同様に扱われるBiSメンバー
    脱落=脱退宣告
    7人揃ってのBiSの継続、ただし渡辺さんはつかない
    それってもはやBiSという名前がついただけの何かになっちゃうじゃん…
    奮い立たせるつもりで掛けた言葉はナイフのように彼女達を傷付けていく。
    BiS誕生の詩とかWHO KiLLD IDOL?の時に入った子達、会社の玩具みたいになってていくらなんでも不憫過ぎるんよなぁ。。

    なんかなんやかんやで一番大事にされてたのって1期のBiSな気がしてならんのよね…

  • 2.8

    ヤマウチさん2021/05/08 00:03

    アイドルという職業が背負う十字架を見た気がします。アイドルを応援する人たちは幸福を求めているのか不幸を求めているのかわかりませんわ。

  • 4.0

    ますみさん2021/05/07 01:14


    僕は第二期BiSが好きでしっかり活動を追っていたけど、特に興味が無い人が何も知らずに観たら胸糞悪くなるのも当然。
    大人たちに翻弄されて憔悴していく女の子たちしか映ってない。

    随分と前にBiS誕生の詩を観たときのあの感じが、結末を知っていたとしてもこんな終わり方を迎えてしまうなんてフィクションであってほしいくらい悲しい。

    ファン目線として見れば5人組としてリスタートしたBiSが紆余曲折を経てリーグ制の導入で対抗心を煽るように作り替えられてからの、メンバーの戦力外通告には解散へ導かれていったように思える。
    なんだか映画の終わり方だと第二期のBiSは失敗だったみたいな印象も受けてしまいそうだけどちゃんとカッコいい曲もかわいい曲もあったし、みんなキャラ立ちしてたし、アヤ・エイトプリンス超好きだったなあ。とか思いながら観てて超切なくなりました。

    アイドルの裏側なんて本当は見なくてもいいのかもしれないし、見せないのが本来アイドルでスター性なんだと思うけれど、やっぱりこういう姿を見てしまうからこそ応援したくなるし歌ってる姿を見て涙が滲んでしまうんだよなあとか思いました。
    ムロパナコに感情移入し過ぎると地獄すぎて観てるだけでしんどい。ムロパナコはマジで幸せになってほしい。てかもうみんな幸せになってくれ。マジで。

    オーディションでの第二期BiSについてのドキュメントだから仕方ないんだけど、世界でいちばん悲しいオーディションの影の主役ですらあったヒラノノゾムことウ・ンコがオーディションの後どうなったのか教えてほしい。それが気になって仕方がない。

  • 3.0

    べりすさん2021/05/05 00:09

    世界で一番悲しいオーディションのほうが面白かった。

    BiSHはわかるけどBiSはよくわからんのと、そこから売れたのがファーストサマーウイカくらいしかわからなくて、解散してないの?と思ったら第三期?第二期?とかあるっぽくて、人が全く違うのかもともとのオーディションの仕組みがよくわからず…でした。
    というよりオーディションのドキュメンタリーと思いきやほぼBiSの話だったからそっち興味ないと見づらいかな🥺

  • −−

    みんたろさん2021/04/30 02:15

    私はムロパナコが好きなんだけど、これは地獄過ぎた。
    何回も泣いてしまった。

    ムロちゃんが合格した年のオーディションを観た後に観ました。
    これはオーディションというより、BiSのドキュメンタリーだった。

    あの過酷なオーディションを勝ち抜いて、念願のアイドルになって、頑張って頑張って活動してきた子になんであんな苦行させるんだろう。

    渡辺さんはムロちゃんにいっぱいハッパかけてたけど、たぶんどうやっても無理だったよ。
    今の居場所はBiSなんだから、それが危ぶまれてる時に他を見る余裕なんて無いよ。
    それに合宿参加メンバーがいくら頑張ったって、9人がひとつになることは無かっただろうなって思う。

    それぞれのファンの方が見てたら申し訳ないんだけど、ムロちゃんたちが頑張って泣きながらBiSを守ろうとしてたの、他のメンバーは見てたはずなのになんであんな態度が取れるの?
    何もかもムロちゃんに押し付けて、自分たちの意見は無かったのかな?
    泣いてる子に時間無いんだからさ〜とか言うなら自分が進行したら良いのに…。
    なんでみんな他人事みたいな顔してたんだろう。
    人の行動に口出すだけは簡単だから。
    怖かった。あの時間。

    ムロちゃんの心が完全に折れたのが分かった。
    解散ライブも、かわいそうで見てられなかった。
    今彼女が元気にしてることが何よりの救いです。アヤプリも。
    これからはやりたいことをやってほしい。

  • 3.8

    sakurakoさん2021/04/13 02:44

    第2期BiS解散のくだりがつらすぎる。自分の推しがこの状態だったら「もういいから一旦やめて休んで養うから…」って言ってしまう。どのグループもきっと、噛み合わなくなってバラバラになってしまう可能性をはらんでいるわけで、アイドルグループというものは、人と人との関係性の中、絶妙なバランスで成り立っているものだと再確認させられた。

  • 3.5

    ワレウッドさん2021/04/11 23:44

    前年の「世界でいちばん悲しいオーディション」を見てこのWACKドキュメンタリーが好きになった身としては少し物足りなかった。
    シンプルにオーディションのドキュメンタリーというよりはBiSのドキュメンタリー色が強かったからなのだろうか。
    でも、まぁ、いずれにせよ、ヒリヒリする所が多々あって面白くはあった。
    やはりプロデューサーよ渡辺淳之介氏の言う事は正しい。この人性格悪いなぁーとは思うけど、でも正しい事を言ってる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る