お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エマニエル夫人

G
  • 字幕

バンコクに住む外交官の妻であるエマニエルは、それなりに幸福ではあるが平穏すぎる日常に何処か退屈さを感じていた。そんなある日、エマニエルは知人の紹介で「性の儀式」を受け入れることになる。初めのうちは大人しかった彼女だが、次第に内に秘めた欲望を開花させ、性の解放とその真理を追求するため大胆な女性へと変貌していく…。

詳細情報

原題
EMMANUELLE
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1974
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2020-10-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

エロティック・官能洋画ランキング

エマニエル夫人の評価・レビュー

2.9
観た人
2047
観たい人
1166
  • 3.5

    さらしなさん2021/12/02 00:28

    某吸血鬼がすぐ死ぬアニメで、とあるマイクロビキニを着たキャラのあるシーンがエマニエル夫人のパロディであるとのツイートを拝見し、「エマニエル夫人ってそもそも何だ?」となり、調べた結果、「なぜあのキャラがエマニエル夫人パロしたんだ?」と謎が深まり、映画を見るに至りました。
    結局、謎は解けませんでしたが、映画自体はけっこう楽しんで見れました。
    主人公エマニエルほか、彼女に関わる女性は皆それぞれ美しくて眼福。
    エマニエルは凛とした美しさと色気、あどけなさを兼ね備え、マリーは可愛らしさと背伸びした美しさ、アリアンヌの退廃的で熟した美しさ、そして、ビーの自由で自立した憧れたくなる美しさ……。
    この映画の主題、性に真に奔放になれよ!ってことでしょうか、マリオおじさん。
    アジアンノスタルジックとエロをひたすら行き来しするので少し情緒は疲れるし、ここで終わるの?ってところでパタっと終わりますが、短めな映画なのでさくっと見られるかと。

  • 3.2

    HiroshiOkuさん2021/11/20 13:46

    噂には聞いていたが、行為が始まる際に必ずと言って良いほど流れる、キングクリムゾンの「太陽と戦慄Part2」、のような曲を聴く度に失笑。
    パクリというレベルではなく、そのまんまです。(笑)
    正直私にはこの作品の良さがよく分からないが、日本公開時には、女性中心にヒットしたとか。
    しかしタイの人々をかなり気味悪く描写しているな。

  • 2.7

    ngさん2021/10/31 08:52

    この映画のパンフがプリントされたTシャツ持ってるから見てみた

    スタイル抜群の美女が沢山出てる
    そしてその美女たちが惜しげもなくヌードになるので映像は美しい。
    ドレスや私服のコーディネイトも素敵だし。
    けど、後半のアレ何???
    タイのボクシングのシーンとか意味分かんないしなんかちょっと気持ち悪いんだが…

    後半辺りからすごく哲学的で自由度が狭まった感じがしてイヤ。
    別になんでも良くない?て思ってしまう。
    好きにエッチしたらいいじゃん
    愛する人にだけ抱かれてりゃいいじゃん

  • 3.0

    ぶらぴーにょさん2021/10/12 16:48

    エマニエル夫人がエロ夫人になるまで…
    無修正版だったが、あんまり嬉しくない…
    70年代のヨーロッパと東南アジアの差が如実に表れている。
    アジア人からしたら白人女性なんて高尚な物だろうな。
    暇を持て余した夫人たちはホントにあんななの??
    ファーストクラスでおっ始める人たちなんなん!?
    マリオ爺さんはタイ人を利用して夫人を教育。
    ヨーロッパ人の金持ちの道楽を垣間見た気がした。
    エロシーンの度にトランス状態みたいなドラム演奏が流れて眠くなる。

  • −−

    ブタブタさん2021/09/27 22:30

    🎵メロディ ダムル シャントルケルドゥ エマニュエル
    キバコラ コルペルドゥ🎵
    メロディ ダムル シャントルコルドゥ エマニュエル
    キヴィコラ ケア デシュ🎼.•*¨*•.•*¨*•.¸¸🎶
    『エマニエル夫人のテーマ』(カタカナそのまま詞はhatenaブログ『ハグルの洋楽カラオケ~カタカナで簡単に歌える~』より)
    メロディ ダムル シャントルケルドゥ エマニュエル
    キバコラ コルペルドゥ~の歌は全く意味不明ながら一定年齢以上の男性ならみんな歌えると思う。
    その位エマニエル夫人のテーマはテレビで流れてた。
    かくゆう自分は公開年を調べるとリアルタイムでエマニエル夫人を体験してる訳ではない筈なのに知ってるのは何故か。
    それくらいエマニエル夫人はメジャーだと言うことか?
    (これもテレビで見た記憶はある)
    メロディ ダムル シャントルケルドゥ エマニュエル
    キバコラ コルペルドゥ
    メロディ ダムル シャントルコルドゥ エマニュエル
    キヴィコラ ケア デシュ~🎼.•*¨*•.•*¨*•.¸¸🎶


  • 2.9

    kojiorzさん2021/09/27 01:35

    ゴールデン洋画で放映された翌週の全国の男子小学生の話題はエマニエル一色!!
    エマニエル仕込みのセクハラトークを終わりの会で女子に告発されるまでがセット。

  • 2.5

    Jimmyさん2021/09/16 21:56

    1978年7月16日、高田馬場パール座で鑑賞。(「O嬢の物語」との2本立て)

    当時「谷村新司のセイヤング」というラジオ番組が深夜放送されていて、谷村さんが「いや~、フランスで無修正版を見て来たんですが、凄いですよ~。なんていったって、素っ裸で平泳ぎする女性を後ろから撮っているんですからね~」と言っていたので、期待を膨らませながら観に行った。
    しかし、やはり日本公開版はボカシだらけで「残念」の感。

    現代では考えられないほど、アンダーヘアを見るのが困難な時代であった。(映画はおろか、雑誌でも見れなかった。)

  • −−

    ぎょさん2021/09/08 22:22

    下ネタの代名詞みたいな扱いだから作品はどんなんなんやろと思って観てみた
    文化の違いだなぁってまったり観てたら後半頭おかしくて怖かった
    俺は愛を信じる💘

  • 2.7

    うさどんさん2021/08/28 13:41

    伝説的、古典的作品を観てみた。
    時代とネーミングで一世を風靡したのだろうけれど、作品としては今ひとつ。
    シルビア・クリステルの綺麗さは秀逸。

  • −−

    マジコさん2021/08/15 11:13

    バイト時代の先輩が、俺の好きなAVエマニエル夫人って言ってて斜め上の回答最高!って思ったけど、遂にかの有名な官能映画を始めて鑑賞する機会がありまして、いやうん、AVだわ。でもエマニエル夫人が美しいし、音楽も素敵で、かつフランス語で。生々しいのに何故か美しくて、よくわかんない映画でした。はて、エロティズムとは?笑

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました