お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エマニエル夫人

G
  • 字幕

バンコクに住む外交官の妻であるエマニエルは、それなりに幸福ではあるが平穏すぎる日常に何処か退屈さを感じていた。そんなある日、エマニエルは知人の紹介で「性の儀式」を受け入れることになる。初めのうちは大人しかった彼女だが、次第に内に秘めた欲望を開花させ、性の解放とその真理を追求するため大胆な女性へと変貌していく…。

詳細情報

原題
EMMANUELLE
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1974
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2020-10-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

エロティック・官能洋画ランキング

エマニエル夫人の評価・レビュー

2.9
観た人
1976
観たい人
1093
  • 3.2

    ペンさん2021/07/29 03:12

    マリオさんそれっぽいこと言ってるんだけど、全部が意味不明すぎて面白かった。

    「第三者を加えなければならない」うん???

  • 3.4

    ドナゴンさん2021/07/24 02:22

    あはは〜懐かしいね〜。
    これ普通に地上波で昔やってたやつ(笑)

    エロいんだけど、美しい。
    ヤリまくってるんだけど、美しい。

    全てはシルビア・クリステルありき。

    その後も続編があって、深夜になるとケーブル放送されてるけれど、真剣に見てはいけない。

  • 4.0

    明太ちゃんさん2021/07/24 00:04

    ダメだ、テーマ曲聴くとガキの使いの腰振りおばちゃん思い出すわ(笑)
    それにしても登場人物全員助平とは平和な映画ですね(;゚∀゚)=3ムッハー

  • 3.0

    惰性さん2021/07/13 00:43

    冒頭と中間の曲クソ有名やん
    さすがフランス映画オサレ
    バンコクが舞台なんすね
    村上春樹のスプートニクの恋人でもヨーロッパの島のビーチで全裸で泳いでたなあ
    何回ぼかし入んねん
    性に市民権を映画
    機内、スカッシュ場
    何が第二者の介入やねん

  • 2.0

    ぱぷぽさん2021/07/06 20:56

    思っていた数倍ストーリーがなくてびっくりした。
    基本的にみんな下着つけてなくてびっくりした。
    オープニング終わって数分後にはモザイクでびっくりした。

    マリオとかいう初老のおじさんが終始なに言ってるか分からなくて面白い。笑
    アンニュイなエロチックな雰囲気にフランス語は凄くあっていた。

  • 3.2

    ゆうりさん2021/06/26 11:56

    2021年176作目
    高校大学と第二外国語でフランス語を習ってた関係でこの曲自体を知っていて、いつか観ようと思っていたけど噂に聞いていた通りなかなかだった😂
    この手の(?)作品でO嬢〜を鑑賞していたのでなんか映像のタッチというか似てるところがあると思ったけど監督一緒でしたわ納得。

  • 3.0

    あもさん2021/06/17 08:56

    映画の性描写はさておき。

    性描写に対しての規制が厳しく逮捕される可能性だってあった時代に、制作陣が覚悟を持ってこの映画を作って公開に踏み切ったこと自体にメッセージがすごくこめられているし、もっと評価されてもいいんじゃないかな、と思った作品。



  • 3.1

    むらのさんさん2021/06/13 12:01

    冒頭の音楽が日本の官能イメージ曲になっている。それだけ影響を与えた作品という解釈で良いものか。

    糸引く官能はとってもリアル。
    裕福な人は遊びを知っており。
    それを見て真似をする。

    自分には経験も知識も無さすぎて、
    どういう意味?どういう事?が連発。
    結果、色んな角度から見ようとしたが、分からない。

  • 2.0

    metalicheartさん2021/06/12 23:41

    配信で見られたので、初めて見てみた。
    子供の頃、この映画が地上波放送されると、みんなこっそり録画して見てたなんて
    思い出が聞かれる。
    で、一度は見てみようと。

    うん、、思ってたのと違う。
    ほとんど百合映画。でも違うか。
    話は、あったようでない。
    ず〜っとしてた感じだけど、後半はキツかったなあ。
    確かに女性向けですよね。
    ソフトエロだし。
    今の時代と違って過激な描写ないし。

    この作品の原作者、フランス国籍のタイ女性なんですね。
    意外でした。

  • 3.1

    62355cinema5さん2021/06/05 21:04


    62点
    U-NEXT新着🎬
     
    外交官の夫の赴任地であるバンコクへとやって来たエマニエル🇹🇭
    そこで彼女は新たな性の可能性に目覚めて、それまで秘めていた欲望を開花させていく...😍
     
    まだ、ティーンエイジャーだった時に
    TV映画の深夜枠で観たのが初視聴📺
    当時、放映された映像の刺激的なシーンは
    B.デパルマも驚くような分割画面にトリミングされていた記憶が...🤔
    それほど当時は刺激的でショッキングだったと思います🤭
     
    でも今、観たらごく普通のエロドラマですよね😄
    本作の前に観た「火口のふたり」の瀧内さんの方が圧倒的にエロかったです😍
     
    それでもあのテーマソングを耳にするとS.クリステルの艶やかな裸体が今でも思い出されます🎶😅アンタモ スキネ🤣

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す