お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トータル・リコール

G
  • 吹替
  • 字幕

2084年。クエイドは毎晩火星に行く夢に悩まされていた。気になるクエイドはリコール社を訪問する。

2084年。クエイドは毎晩火星に行く夢に悩まされていた。気になるクエイドはリコール社を訪問する。そこで提供されるサービスによる疑似体験は予期せぬ危険へと導くことになるのだった。

詳細情報

原題
TOTAL RECALL
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
1990
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

トータル・リコールの評価・レビュー

3.6
観た人
20008
観たい人
5621
  • 4.3

    映画初心者さん2021/10/24 15:12

    名作SF。有名作品ですが初鑑賞です。結果として結構面白い作品でした。

    記憶を失った主人公。謎の人間らに追われながら、自分自身は一体何者なのか迷いながらも過去の自分が命令する通りに火星へと向かう。というあらすじ。

    ひたすら追われ続ける作品です。せわしない、行き当たりばったりな感じも受けますが、とんとん拍子で進んでいきストレスがない。主人公の正体は一体何者なのか、この疑問を観客も一緒に追っていく。特撮が良く映像としても楽しめます。

    映像として良い。特撮が際立って良いと思う。特に火星の全体像を描写する時に当時のCGでは厳しかったからか特撮が採用されています。その特撮が良い意味でアナログチックで古臭いSFだと際立たせている。地球の自動運転タクシーなど全体的に古臭さを感じるので、特撮があっていると思います。
    シーン変化でおっ面白いと思う1シーンがありました。それは、血が付いたディスプレイのカットの次に、真っ赤に染まった火星のカットへの移行。「赤い色」繋がりでシーンを切り替えしていて面白い。

    グロテスク描写がある。火星へ放り投げだされた時に血眼になり顔が膨張していくグロテスク描写があります。結構インパクトがあり、お子さんはトラウマものかと。この描写で連想したのが「カウボーイビバップ」1話の脱法目薬、あれも血眼になるものでしたが、インスパイア元はこの作品なのかもしれない。

    お話としてワクワクさせる設定たくさん。記憶を失った主人公、夢に登場する謎の女性、火星の空気問題、火星で見つかった宇宙人の遺跡。面白そうな設定を全て上手く繋ぎ合わせていて全体として無茶苦茶さを感じさせない。また、最初に登場した武器を活かして戦っていたのも良かった。終始テンポ良く進んでいくので、最初から最後まで楽しめました。

    【総評】
    古典SF感のある物語、テンポよく進む展開、アナログさを感じる特撮と自分好みの作品でした。グロテスク描写があるのでファミリームービーとしてギリギリをいっているのもある意味面白いです。記憶のない主人公と一緒に冒険しているようで楽しめました。

  • 3.6

    ダニーさん2021/10/23 16:12

    映画って知識があれば見かたも変わりますよね。子供の頃にテレビで結構な頻度で放送されていて妙なトラウマを植え付けられた本作・・・・・・

    バーホーベン、お前のせいだwww

    改めて見たら監督節が満載じゃないか。過剰な暴力描写、グロ描写。昔はこんなもんかと納得してたが違う。やりすぎているw浮いているw絶対に映画進行に不必要やんwwまあ、そこが強烈ゆえに忘れらんない映画になってますが。

    ただ、冷静にみると監督節以外にも魅力が沢山で、特に火星の表現。ミニチュアなんだろうけど引きの画面が素晴らしいです。寄りになると途端にホームセンター材料で作った感が出ますが、それもご愛嬌。予算範囲で隅々まで行き届いた職人魂に感動します。

    あと、シャロンストーンの美しいこと!ちょっとビックリしますね。まだブレイク前ですかね?おかしなタイミング、ビックリセリフと共に映画から退場しますがインパクトは強烈でした。

    「昔の大作」としてワイワイ言いながら見るのオススメです。子供に見せたら将来宇宙飛行士になりたい子、減るかもw

  • 3.6

    ほうづきさん2021/10/21 20:09

    シャロン・ストーンはいつ見ても綺麗
    CG感は強いけど時代だからしょうがない
    SF好きでたくさん見てるから、ストーリーはこれまで見た色んな映画を組み合わせた感じがした
    夢?という部分ではマトリックスみたいで、宇宙はスタトレとかスターウォーズみたい、記憶がなくてだんだん取り戻していくっていうのもよくある
    シュワちゃんの怪力炸裂してる
    結局夢なの?夢じゃないの?みたいな

  • 3.5

    千年女優さん2021/10/20 22:06

    火星への植民地化が進むも不自由な環境に紛争が絶えない近未来。地球に暮らす建設労働者で、度々見る夢から旅行の記憶を売るリコール社へ訪れ火星コースを選択したダグラス・クエイドが、次第に自分が偽の記憶を植え付けられた全くの別人であることに気付き、真実求めて火星で彼を追う組織と繰り広げる戦いを描いたSFアクションです。

    『ブレードランナー』の原作となった『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』で知られるフィリップ・K・ディックのSF短編小説『追憶売ります』を原作に、『ロボコップ』のポール・バーホーベンが主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーに合わせてアクションを大幅に盛り込んだヒット作で、2012年にはリメイクもなされました。

    短編ながらいくつもの驚きを提供する巧みにデザインされた原作の魅力に、ポール・バーホーベンらしい悪戯心での過激なバイオレンスやブラックジョーク、それにシュワちゃんによるコミカルな顔芸と肉体派らしいアクションがマジカルに噛み合って中二心を刺激します。他の監督や俳優の組み合わせでは生まれないグルーブに浸れる一作です。

  • 4.0

    西郷どんさん2021/10/20 16:53

    clip消化中  4️⃣7️⃣

    うんうん、トータル的にかなり面白かった!

    やっぱりこの当時のSFっていうのかなー、

    すごく好き✨

    なんか手作り感がまだしてるんやけど、

    努力の結晶やから、そのように見えるもんねー

    逆に、この頃下手にCGしないほうがいい✨

    CGあったけどね(笑)


    この頃のシュワちゃんもねー、なんかコミカルというのか、演技上手くないんやけど、観ちゃうよねー(笑)

    もう私の中の核に刻み込まれてるんやろね、シュワちゃんオモロいって(笑)

    安心感すごい!



    あと、シャロン•ストーンさん出てたんやねー、めちゃくちゃ綺麗やったー✨出番少なめやけど、存在感あったね!



    こういうの、途中に挟みたくなるね、楽しいだけの感じ(笑)なんかスッとした✨





    次もそんなのかも(笑)今度は中国から🇨🇳ただ楽しいだけのやつ

  • 3.5

    コシロさん2021/10/20 09:53

    劇場かホームシアターで観たいと思った。

    こういうのって映画評論家トークするんじゃなくて「面白かったねー笑笑」くらいで友達や彼女と談笑したい!

  • 3.7

    nnnnnnnさん2021/10/16 16:39

    ずっとみたかったやつ!
    結構むずかしかった…
    テンポよくておもしろかった!
    やっぱりSFわくわくするな
    胸3つはびっくりした
    リメイク版どんだけ進化してるんか観てみたい


    「人の価値を決めるのは記憶ではなく行動だ」

  • 3.0

    sさん2021/10/16 16:29

    ブルネットの女性と火星にいる夢をよく見る主人公。記憶を売るリコール社に行き、火星でスパイをしていたという記憶を買うと、同僚や妻に命を狙われだしてしまう。

    終始、これ観たことある…いや、ない…と思いながら観て、結局どっちなのかわからないまま観終わった。この時期のSF映画って、なぜか記憶に残らないんだよなあ。
    雑然としたレトロフューチャー感もあまり好みに合わず。リメイク版観るか迷う。

    完璧な旅行の記憶を買えるから実際にはどこにも行かなくてもOKって、コロナ禍の今需要あるのでは?リコール社の株価上がってそう。
    タッチペンで触れるだけで色が変わるネイルは早く実装してほしい。

  • 3.4

    川ちゃん77さん2021/10/16 12:00

    「人の価値は記憶や知識ではなく、何をするかだ」というセリフがとても印象深かった。まだCG全盛期ではない頃の特撮作品なので、お金かかってるんだろうなと思う。シュワちゃん黄金期

  • −−

    ジーズさん2021/10/16 00:11

    ・今見てもインパクトのある映像が連発。特殊効果凄い。
    ・最後の最後まで読めない展開をしてて、退屈しない。
    ・シュワルツェネッガーの「人を殺して捨て台詞」も良い。吹替だとより良い。「これで離婚だ」とか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す