お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

王と鳥

G
  • 字幕

砂漠の真ん中に聳え立つ孤城に、ひとりの王が住んでいた。その名も、国王シャルル5+3+8=16世。わがままで疑心暗鬼の王は、手元のスイッチ一つで、気に障る臣下を次々に「処分」していった。望みさえすれば、なにものでも手に入れることが出来るはずの王シャルルは、ひとりの美しい羊飼い娘に片思いをしている。城の最上階に隠された秘密の部屋の壁に掛かった一枚の絵の中にその娘はいて、隣合わせた額縁の中の煙突掃除屋の少年と深く愛し合っていた。嫉妬に狂う王を後に、ふたりは絵の中から抜け出し、一羽のふしぎな鳥の助けを借りて城からの脱出を試みる。

詳細情報

原題
Le ROI ET L’OISEAU
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1980
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

王と鳥の評価・レビュー

3.8
観た人
917
観たい人
702
  • 4.0

    ぷんさん2021/01/18 09:10

    強制労働させる王様と絵の中にいる少年少女に嫉妬、追放するように仕向ける

    宮崎駿、高畑勲がジブリを始めた原点と言われる作品
    芸術性が高めで、かなり海外アニメチックな見た目な割に社会的なメッセージが至る所に込められてて、見てると妙な浮遊感がある
    現実を逃避してる王様と、それに抗う絵の中の少年少女。これはどう捉えるべきなのだろうか
    統制の取れた社会構造にも深く考えさせられる
    といっても、すごくアニメチックなので深く考えようと思えば考えられるし、あまり考えずにも楽しく見れる作品!

    ラピュタ?千と千尋?平成ぽんぽこ?どこかこの作品の魂が入ってるようにも感じるのでジブリ好きな人は是非!

  • 3.3

    酢さん2020/11/21 04:44

    ジブリの元ネタ宝庫(主に駿)。ただ筋は単純で、同じようなネタが続く箇所も少なくないので若干怠い。思想が強くなると途端に面白くなる。鳥の胡散臭い扇動に対してババアが疑問を呟くところなんかたまらなかった。高畑もああいうバランスの取り方を入れてくるよね。好きだな〜。

  • 3.6

    ばらもんさん2020/11/01 20:56

    レンタルDVDにて鑑賞
    2020年 403本目

    自分勝手な王様がいる城から逃げる絵画の中の2人を描く作品。
    後半に出てくるロボットの動きは現代のcgに近い動きをしておりこの時代にどうやって作ったのだろうと感心しました。
    盲目の人物をシロクマが支えるシーンが微笑ましかったです。

  • −−

    Lumieさん2020/09/06 17:32

    他の方々がレビューで言っている「怖さ」がよくわからなかった…上にある城と下の町の差のこと?何年か後で見直したい

  • 2.8

    鳥好きさん2020/08/18 23:10

    意地悪な王様と、それに立ち向かう少年少女、二人を助ける鳥。
    お城は古典的なようで機械仕掛けで近未来的。なめらかな動きと色味を抑えた色彩が冷たく感じて少し怖かった。

    ラストが印象的でなんとなく不気味。
    なにかの象徴なのかな、と考えてしまう。

    登場人物達は可愛らしく、少年少女の冒険譚だけれど明るい気持ちで見続けられる感じではなかった。本気でハラハラする。

  • 4.3

    masaさん2020/08/17 23:27

    原作はアンデルセンの「羊飼い娘と煙突掃除人」
    「やぶにらみの暴君(1952)」のディレクターズカット版
    肖像画から飛び出て王になりかわる王
    王から逃げる絵から出た娘と青年
    手助けする鳥
    国家や革命

  • −−

    tiptopさん2020/07/14 21:33


    鳥が、生き方を模索する民、
    ライオンが、抑圧された一般市民。

    王は残酷で、孤独で、一人では何もできない臆病者。
    自分で生み出した奴に王国を乗っ取られる。

    城にいる兵士たちは、王にいわれるがままに行動し、そして消されていく。





    最後の、ロボットが籠を壊すシーンが印象的。
    同じ過ちを繰り返し、何度も罠にはまってしまう小鳥は、その様子が愚かな人間に見えた。

  • −−

    焼きはらすさん2020/06/02 17:00

    鳥は抑圧から逃れようとする自由意思の象徴だと思う。それを踏まえるとラストは美しく、重い。この物語の続きを僕ら観客はまさに今生きているのだと感じる。
    大量生産される王様の像を落書きしてめちゃくちゃにしたり、盲目の男が奏でる音楽に恐ろしいライオン達が癒されて凶暴さを忘れるなど、どんな世界であっても表現や芸術の力は死なないことを教えてくれるようで少し嬉しかった。

  • 4.9

    5huheiさん2020/04/23 00:28

    隠れた大傑作。

    高畑勲に大きな影響を与えた作品。

    独裁者による格差社会を、ユーモアを交えつつ描いたストーリー。

    王様、側近たち、動物たち、ロボットの活き活きしたアニメーション。

    最後のシーンも余韻が残り、観客の属する社会の見方を変えてくれるのだろう。

    普遍的なテーマが内包された映画。今の日本に疑問を持っているなら、見るべき作品。

  • 4.3

    ももさん2020/04/22 16:44

    宮崎駿と高畑勲が影響受けた映画
    アニメは現実の世界が大きく影響してるてことと
    アニメだけど、理想主義と写実主義について明確に描かれてたり
    宗教的な部分が反映されてたり
    ジブリだけじゃなくてメリーポピンズとかいろんな作品に影響してるってのがわかって面白い
    誰が観てもおもしろいと思う

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す